タイミングが意外と難しい…。別れ話はいつ切り出すのがベスト?

タイミングが意外と難しい…。別れ話はいつ切り出すのがベスト?

別れ話をする時にはどのタイミングでするべきなのかの見極めが非常に難しいですよね。

別れ話をするのに悪いタイミングと良いタイミングはそれぞれどんな時なのかについてご説明します。

別れ話をするべきか2つのポイントをチェック

別れ話をするタイミングを探す前に、まずは別れ話をするという重大な決断をしてしまって良いかを考えてみましょう。

次の2つのチェックポイントの両方にチェックが付く場合は、今が別れ話をするタイミングなのかもしれません。

①別れたい理由が本当に修復不可能なことであるか

別れ話をする時には、必ず別れたいと思った理由があるはずです。

その理由を自分なりに整理してみて本当に修復不可能なのかを考えてみてください。

考えてみた上で別れたいと思ったり、これ以上付き合っていても時間の無駄だと思ったら別れ話をするタイミングであると思って良いでしょう。

逆に、修復可能かもしれないと思う場合は、別れ話をするタイミングをずらしてもう少し付き合いを続けてみてはいかがでしょうか。

②別れ話をすることで自分や相手が楽になれるか

今の恋人と交際をしていてストレスを感じている場合、このまま無理して付き合い続けても良いことはなさそうですよね。

お互いに気持ちが冷めているのに付き合い続けるよりも、今別れたらお互いが楽になって次に進めるなら今までの情を捨てて別れるべきです。

別れ話をするのは気が重いことですが、一度気まずい思いをすれば楽になれると思えば別れ話に気持ちが向きますよね。

別れ話をするタイミングとして悪いのはいつ?

実際に別れ話をする時に注意したいのはそのタイミングです。

そのタイミングとして悪い3つの例をご紹介します。

①相手が楽しいと思うようなデートをした後

別れたいという雰囲気を出さずに、いきなり別れ話をされたら相手はびっくりしてしまいます。

それが相手が楽しいと思うようなデートをした後だと、更に相手を傷つけることになります。

自分としては最後のデートだから楽しもうという気持ちで臨んだかもしれませんが、相手は最後だとは思っていなかったためにいつも通りのデートとして楽しんだはずです。

相手にとってその場所が嫌な想い出のある場所へと変わる可能性もあるので、最後のデートだと知らせずにいつも通りのデートをして、その直後に別れ話をするのはやめましょう。

②喧嘩をした直後

喧嘩をした直後は感情が高ぶっていて勢いで別れ話をしてしまうことがあります。

しかし、このタイミングでは本気度も伝わりにくいですし、後から後悔する可能性もあります。

別れ話をするなら自分自身がもう少し落ち着いてからにした方が良いでしょう。

③いつものデートとして待ち合わせをした直後

今日は別れ話をするだけにすると決めて相手と待ち合わせをすることもありますよね。

相手に別れ話をすることを伝えずに待ち合わせをして、その直後に別れ話をすると相手がびっくりしてしまうかもしれません。

今日は別れ話をするだけという時には、手を抜かずにデートの準備をしてくる相手のためにも話し合いをするという趣旨を先に伝えるようにしてください。

別れ話をするタイミングとして良いのはいつ?

逆に別れ話をするタイミングとして選ぶべきなのはいつなのでしょうか。

3つの別れ話にベストなタイミングをご紹介します。

①お互いが修復不可能だと感じていて話し合いの場を設けた時

お互いに何となく修復不可能だと感じている場合、話し合いの場を設けて別れ話をするのは良いでしょう。

そのような時にはお互いが別れ話を意識したタイミングでもあるので、真剣な別れ話ができるはずです。

②自分や相手が冷静に話せる場所に行った時

ザワザワし過ぎている場所や静かすぎる場所では別れ話をするのに適さないですよね。

別れ話をする時には、適度に人の話し声がする場所を選ぶのが正解です。

そういった場所でタイミングを掴めば、きっと冷静に別れ話を進めることができるでしょう。

③別れたいと思った時

別れ話をするのは別れたいと思った時が一番良いと言えます。

なぜなら、その時は自分の素直な気持ちも伝えられますし、決意も固いからです。

もちろん、場所選びは重要ですが別れたいと思った時にハッキリと相手にそれを伝えてください。

まとめ

別れ話をするのにはタイミングも重要で、できるだけ良いタイミングを選んで相手と話し合いをしていかなければいけません。

気まずいからと言って後回しにしないで、ベストなタイミングで別れ話の場を作ってください。

タイミングが意外と難しい…。別れ話はいつ切り出すのがベスト?