就活に疲れを感じてしまった学生に送る5つの考え方

就活に疲れを感じてしまった学生に送る5つの考え方

もしあなたが就職活動がなかなか上手くいかない状況であれば、とても辛い気持ちになっていると思います。

また、とても疲れきっていて「就活なんてもう嫌だ…」と感じているかもしれません。

「周りが決まっているのに自分だけ内定がもらえない」、「何社も落とされて自信が無くなっている」

とても辛いことだと思います。

ですがこの記事を読んでいただくことで、あなたの就活での辛い気持ちが癒され、「もう一回頑張ろう」と再び勇気を得られることと思います。

1.就活は企業との相性

何社か立て続けに企業を落ちてしまったり、自分が「行きたい」と思っていた企業に受からなかったりすると「自分なんて必要ないのではないか」と考えてしまうかもしれません。

ですがこの考えは大きな間違いです。

ただ単に「その企業に受からない」=「その会社と相性が合わないだけ」のことなのです。

むしろ自分と合わない会社に入ったところで、入社した後にうまくいかずに後悔したりすることもあるため、感謝するべきと考えても良いでしょう。

面接やESは会社とあなたの相性です。

あなたが悪いわけでも、会社が悪いわけでもないので、気にする必要はありません。

1-1.なぜ落ちたのかを考える

とは言っても面接が終わった後すぐに、「ああ、この会社は自分には合わなかったんだ」とすぐに考えることをやめてしまってはNGです。

やはり「どうしてこの会社が自分を落としたのだろう」と分析する必要があります。

自分の発言に対して面接官が首を傾げている場面はなかったか、面接官の質問に対して自分が的外れな返答をしていなかっただろうか、と言ったようにその日のうちに分析をするだけでも、次の面接やESにしっかりと活用できるように反省をしておくと良いでしょう。

また、反省をする際にはただ頭の中で考えるだけでなく、「紙に書き出す」という復習作業を行ってください。

頭の中で考えるだけでは考え方が偏ってしまい、同じような答えしか浮かばないのです。紙に書き出すことでいろいろな考えが浮かぶため、しっかりと面接の際の復習、反省ができるのです。

1-2.この業種は合わないと決めつけない

内定がなかなかもらうことができない人の特徴に、「業種を絞りすぎていること」が挙げられます。

自分は「◯◯なんて向いていない」と勝手に決め付けて、会社説明会にも足を運ばないことは、非常にもったいないです。

ここじゃないとどうしても嫌だと思っている人ほど、今まで目を向けていなかった業種の企業に足を運ぶことで、「あれ?意外とここ良いかも」と思うことがあるものです。

ここだけはどうしても嫌だという考えが特になければ、一度会社説明会に足を運ぶだけでも価値のある行動になってきます。

1-3.友人の活動状況を気にしすぎない

友人の中には「内定5つもらえた」、「もう就活は終わった」と言ったように、すでに結果を出し始めている人がいるかもしれません。

そんな人たちが周りにいると、内心「やばい。俺だけ決まってない…」と焦りを感じ始めるかもしれません。

ですが、最初にも言ったように、就活は企業と就活生の相性を見る場です。

友人たちは相性の合う企業をあなたよりも早く見つけただけで、特にその友人たちに対して劣等感を持つ必要もありませんし、羨ましく思う必要もありません。

ただ、そこで気をつけてほしいことがあるのですが、「友人の内定を喜んであげること」を意識してください。

もちろん、自分だけ内定をもらえずにいる状況ですと、とても悔しいし、やるせない気持ちになることは分かります。

ですが「私(俺)なんてどうせ…」とふてくされてしまうのではなく、「おめでとう」「すごいね」と言った言葉をかけてあげることが大切なのです。

他人とはいえ、友人です。その人たちが内定をもらえたという状況に対して素直に喜んであげることが、人間として当たり前のことなのではないでしょうか。

もしかしたらその人たちを祝福することで、あなたが内定を手にしたときに、心からの「おめでとう」を言ってもらえるかもしれませんよ。

2.「入社すること」をゴールにしない

これもなかなか内定をもらえない学生に多い特徴なのですが、「入社する」=「ゴール」になってしまっていると言うことがあります。

もちろん、一つの目標としてまずは「入社しなければ」と考えることはよくわかります。ですが、企業からしてみたら「会社で素晴らしい活躍をしてくれる人材」が欲しいのです。

そのため見直すべきポイントとして「会社に入ってどのようなことをしたいのか」、「その会社でどのような貢献をできるのか」と言った部分をある程度鮮明に述べることができなければ、企業からしたら魅力的な人物には映らないのです。

2-1.せっかく就職するのだから目的意識を持つ

そもそもせっかくなのですから、入社した後も「やりがいのある仕事」をしたくはないのでしょうか。

毎日嫌々言いながら朝起きて、職場に向かい、やりたくもない仕事を続ける。そして休日だけが唯一の癒しの時間なんてことは非常にもったいないです。

それでしたら、入社した後もやりがいのある仕事をして、毎日を充実させた方が良いのではないでしょうか?

もちろん、毎日が楽しいわけではありません。辛いこともありますし、もしかしたら仕事が嫌だと思うときもあるかもしれません。

それでも「毎日がつまらない」なんて愚痴をこぼす日々よりも、「やりがいのある仕事」をした方が確実に良いと言って間違いないと思います。

入社した後の姿をイメージして、面接官に伝えるだけでもプラスになります。

繰り返しになってしまいますが、「その会社に入って何をしたいのか」、「どのように成長していきたいのか」をしっかりと考えておくことが大切なのです。

3.常に不安は付きまとう

「辛い」「嫌だ」「もう疲れた」

就職活動がうまくいかないと、こんな感情が出たり、言葉にも表れてしまうかもしれませんね。

「今の私(俺)はかなり辛い状況だ」なんて思っていることでしょう。けど、辛いのは今だけだったでしょうか?

今までの人生の中で辛いことはたくさんあったし、常に何かしらの不安な感情は持っていたことだと思います。

人間は常に何かしらの不安や悩みの感情を抱いています。それが今は「就活」において表れているだけです。どんなに大きな企業の社長さんでも、プロスポーツ選手でも、多かれ少なかれ悩みは持ち合わせています。

むしろその感情がなければ、人間は成長することはできませんし、今までのあなたも形成されることはなかったと思います。

ここを乗り越えればまた一歩成長することができるはずです。不安、悩み、心配を抱えているときこそ、成長するチャンスと捉えて、頑張ってみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

最後にまりますが、ここまでの流れをもう一度話してみましょう。

  • 就活は企業とあなたとの相性を図る場であって、受からなかった=あなたが否定されたというわけではない
  • この業種は合わなかったと決めつけて、偏った企業選びをしすぎない
  • 友人の就活情報を気にしすぎない、また内定をもらった友人は心から祝福する
  • 入社することゴールにするのではなく、入社後の自分をイメージする
  • 常に不安は付きまとうもの。その中でその感情を1個ずつ解消していくことが成長するために必要

就活に疲れてしまったあなたも、以上のことを意識していただければ、少しずつ結果を残すことができるでしょう。

あなたの就職活動がうまくいくことを心から願っています。

就活に疲れを感じてしまった学生に送る5つの考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。