就活でたばこを吸う事はNG?喫煙者が面接と面接前に覚えておくべき事

就活中のたばこ

今の時代、喫煙者がどんどん減ってきています。一昔前であれば、自分のデスクでたばこを吸っている人もいましたし、禁煙スペースなんてほとんどなかった事が当たり前でした。

ですが、今はたばこを吸っている人の方が、肩身の狭い思いをするような時代です。となると、たばこを吸う人からしたら、就活中のたばこのマナーだって気になるはずです。

今回は、就活中にたばこを吸っていいのか、面接でのたばこについての対応について解説をしていきます。

喫煙者は自己管理ができないと思われがち

「喫煙者は自己管理ができない」正直なところ、この考え方はとても偏った考え方だと思います。仕事がとてもできる人にだって、たばこを吸っている人はいますし、普段の自己管理ができているけど、たばこを吸っている人だっています。

ですが、就活において、たばこを吸っている人に対して、少なからずそういった考えを抱いている人がいる事も事実です。

たばこを吸うなとは言いませんが、そういった考えを抱かれる可能性が高いという事はここでお伝えしておきます。

たばこを吸う人=仕事の生産性が悪いと思われている事も

たばこを吸う人は、「ちょっと一服してくる」と言って、非喫煙者に比べると、席を離れる時間が長いと考えられます。それを経営者の観点からしてみれば、「なるべく仕事の生産性が悪い人は雇いたくないな」と思われてしまうことは当然です。

こういった視点から見ても、企業によっては「なるべく喫煙者は雇いたくない」と考える場合も、少なからずあり得ることでしょう。

たばこの臭いを面接前に残さない方が良い

たばこは就活においてあまり良い印象を抱かれない事は理解してもらえたかもしれません。そうなると、面接中にたばこの臭いがしてしまうと、面接官から良い印象を抱かれない可能性があります。

たばこの臭いがするだけでマイナス評価に繋がるとは必ずしも言えませんが、念には念を入れておいた方が良いでしょう。

たばこの臭いを残さないためにも、面接前に準備するべき事を解説します。

スーツに着替えてからはなるべくたばこは吸わない

喫煙者にとってはなかなか難しいかもしれませんが、スーツに着替えてからはなるべくたばこを吸わない方が良いでしょう。

たばこの臭いは喫煙者からはよく分からないかもしれませんが、たばこを吸わない人からしたら、たばこの臭いはとても気になるものです。

臭いを完全に消す事は難しいため、なるべく吸わない事をお勧めします。

もしたばこを吸ってしまったら消臭する

そうは言っても、たばこを絶対に吸わないなんて事は難しいかもしれません。その際は、スーツの臭いと口臭を消すために携帯用の消臭剤を持ち歩いたり、ガムを噛んだりする対策はしておいた方が良いです。

ふした時に、あなたのたばこの臭いがするかもしれないため、念入りに対策をしておいた方が良いはずです。

面接でたばこは吸いますか?と聞かれたら

もしかしたら面接中に「たばこを吸いますか?」と聞かれる時もあるかもしれません。

こういった時にどう答えればいいのかは難しいところですが、やはりそこは正直に「吸います。」と答えた方が良いはずです。

もしかしたら縁があり、そこの会社に入社する事が出来るかもしれませんが、面接では「たばこは吸いません」と言っているのに、吸っている姿を見たらどう思われるでしょうか?

当然、良い印象は抱かれないでしょう。それだけで入社や内定が取り消しなんて事はあり得ませんが、その後の事も考えて、正直に答えておいた方が無難なはずです。

どうしても就活中にたばこを吸いたいなら

どうしても就活中・面接前にたばこを吸いたくなる事はあるでしょう。その際は、消臭用品を持ち歩く事でも対策できますが、加熱式たばこのiQOSに切り替えてしまう事も一つの手段です。

やはりiQOSは臭いがあまり残らない事で有名です。喫煙ルームに長居すると臭いが服についてしまいますが、それ以外であれば特に臭いを残す事は無くなるでしょう。

入社してからたばこを吸っていて得する事も

皮肉な話ですが、会社に入社してからはたばこを吸っている事で、コミュニケーションを取る事ができる人が増えるといった事もあります。

「タバコミュニケーション」と言われる事もあるぐらい、たばこを吸う人同士で仲良くなる事があります。今は喫煙者も少ないため、そのようになる事は当然なのかもしれませんね。

喫煙者は意外とたばこを吸っている時に、上司の方と話したりする事ができるかもしれないので、一概に「喫煙=悪い事しかない」とは言えないでしょう。

喫煙はあくまでもマイナスの印象を与える”かも”しれないだけ

先ほども伝えましたが、「喫煙=悪い事しかない」わけではありません。あくまでもマイナスの印象を与える”かも”しれないだけです。

しかし、面接前などに臭いを残しておくと、悪い印象を与えてしまう可能性もある事に変わりはありませんので、そこは理解をしておくと良いでしょう。

社会人になってからもお客様先に伺う時に、たばこの臭いを残さない事は最低限のマナーになるので、今のうちに実践しておく事をお勧めします。

就活中のたばこ