就活の自己PRで特技や趣味の書き方とその例について

趣味や特技

就活をしているとよく聞かれる質問事項として「あなたの趣味・特技を教えてください。」といったものがあると思います。

趣味や特技が無い人もいれば、中にはたくさんあるといった人もいます。特に趣味・特技が無い人にとっては、この質問は苦痛で仕方がないかもしれません。そもそも「なんでそんな質問するの?」と疑問に感じる人も一定数いることでしょう。

そこで今回は、趣味や特技をしっかりと答えるための方法や、そもそもの質問の意図まで答えていきたいと思います。

特技や趣味を聞いてくる面接官の意図は?

冒頭でも触れたように、面接官が「趣味・特技を教えてください」と聞いてくることにはしっかりとした意図があります。

大きく分けて以下の3つです。

  • その人の”素の状態”を見たいため
  • 物事に対する熱意を見るため
  • どういった視点を持っているのか見るため

一つずつ見ていきましょう。

①その人の”素の状態”を見たいため

就活中や面接中であれば、やはり学生だって普段の自分とはまた違った姿勢で臨むことでしょう。よく言えば”気持ちの入った状態”、少し悪く言えば”猫を被った状態”とも言えます。

ですが、面接官だって学生の”素の状態”を知りたいはずです。自然体になったときの方が、その人の魅力だってよく分かりますし、その場の雰囲気が和んだりして面接をしやすくなります。

②物事に対する熱意を見るため

二つ目は趣味や特技がある人は、「一つの物事に向かって熱中的に取り組んだ経験」はあるとも捉えられます。

企業の視点に立ったときに、物事に取り組める=努力ができる学生ですから、仕事を頑張ることができそうな学生を採用したくなる気持ちは当然なのです。

③どういった視点を持っているのか見るため

少し人と違った趣味や特技を持っている人は、その人特有の雰囲気を醸し出します。時代の流れもあり、それなりに独自性があったり、個性のある学生は、魅力を持った人材だと判断されやすいです。

必ずしもそういった学生が100%良いとは限りませんが、人と少し違った人材を獲得したい企業からしてみれば、とても意味のある質問事項なのです。

「特になし」は避けるようにする

趣味・特技を聞いてみると「特にありません」と答える学生もちらほらと存在します。これはもちろんダメなわけではありません。ですが、”就活”といった視点から見ると、あまり良いものとは言えないでしょう。

なるべく、趣味や特技を答えることは大切です。

ギャンブル系の特技や趣味は避ける

とは言っても、やはり「これはやめといた方が良い」といったNGな趣味等もあります。代表的なものだと、パチンコや競馬などの”ギャンブル系”です。

たまたま面接官もギャンブルが好きだとすれば、それはそれでラッキーかもしれませんが、ギャンブルが好き=自制心が無いと捉えられかねません。

なるべく、世間一般から見て、そこまでよくなイメージを持たれる趣味や特技を答えることは避けましょう。

特技や趣味の自己PRネタ

「じゃあ趣味や特技が無い人は、何を答えればいいのか?」きっとこのように考える人も多いと思うため、一般的に就活においてウケの良い趣味や特技を答えていきます。

①スポーツ

ありがちではありますが、スポーツを趣味としている人はウケが良いです。体を定期的に動かす=体力があり仕事にも精が出るといった考えも少なからずあります。

また、活発的な人も多いため、そういった意味でも重宝される可能性が有ります。

②料理

料理ができる人は意外と少ないため、料理ができる人は魅力的に映る可能性があります。

もちろん凝った料理ができる人であれば、それはそれで面接時のネタにもなりますが、簡単なものでも「一人暮らしで自炊をしています」といったアピールができたとしたら、「自立心がある人だな」と評価してもらえるかもしれません。

③読書

本を読むこと自体も素晴らしいのですが、それよりも「本を読んで実生活にどう活かしているのか」などを答えることができれば、かなり評価が上がる可能性があるでしょう。

ただ読むだけでなく、それなりに自分の中で”学び”として還元できることができていれば、学生としては、なかなかいないようなタイプだと思ってくれるでしょう。

④アウトドア

スポーツとも似ていますが、外で活発的に活動している人も印象は良くなりやすいです。

アウトドアは頻繁に活動している人が多いといえば、そうとは思えないため、少し特殊な印象を与えることができる可能性が十分にあります。

⑤写真・カメラ

写真・カメラを趣味としている人は、少し独特な世界観を持っている人である可能性があるため、珍しい印象を与えるかもしれません。

普通の人とは少し違う観点を持っていることが、高評価につながる可能性は十分にあり得ます。

⑥旅行

旅行が好きな人はいるようで実はそこまでいません。学生からしてみるとお金もかかりますし、そこまで思い切って行動できない人も多いはずです。

数多く旅行を経験している人は、知見も広い場合が多いですし魅力的な人がいることが多いです。ぜひ旅行を趣味としているようであれば、アピールしていってください。

⑦人の顔と名前を覚える

ここからは特技になりますが、人の名前や顔を覚えることは特技の一つとなるでしょう。社会人(特に人前に立つ営業など)は相手の名前と顔をすぐに一致させることが必要な能力になります。

一見、平凡的な特技に思うかもしれませんが、決してそのようなことはなく、素晴らしい特技となるでしょう。

⑧周囲を明るくさせる

人の気持ちを明るくさせられるような人材はどこの業界に入っても貴重です。周りの空気を良い意味で変えることができる人は、ある意味の才能です。

面接でも明るさなどをアピールすことができれば高評価につながる可能性は十分にあるでしょう。

趣味や特技が浮かばなくても…

自己PRで特技や趣味が全くない人は、どうしてもアイディアを搾り出すことが難しいかもしれません。

ですが、まずは少しでも興味のあることに対して取り組んでみたり、過去自分が行ってきたことを思い出せば、もしかしたら趣味や特技としてアピールできるかもしれません。

ぜひ視野を広く持って、就活や面接に取り組んでみてください。

趣味や特技