就活で短所を聞かれた時に自己PRに繋げてしまうための方法

就活で「あなたの短所はなんですか?」と聞かれた時にどう答えればいいのかわからない人も多いと思います。

きっと今回は、企業がそもそもあなたの短所を聞いてくる理由と、その対処法について触れていきたいと思います。

企業はどうして「短所」を聞いてくるのか?

多くの企業から「あなたの短所はなんですか?」という質問がされますが、なぜこんな質問をするのか疑問に思ったことのある人は少なくないはずです。

長所を聴くならまだしも、短所を聴くことに何の意味があるのでしょうか。

企業によってその目的は様々あると思いますが、多くの場合次の3つが理由のようです。

  • 自己分析が詳しくできているかを知るため
  • 応募者がどういう人間かを知るため
  • 自分の短所に対してどのように向き合っているかを知るため

「短所は何ですか?」と聞かれたとき、「考えていませんでした」、「短所はありません」といった回答をしてしまうと、「自分のことについて詳しく調べてきていないな?」と思われてしまいます。

企業は限られた採用活動の時間で、多くの応募者の中から自社にマッチする人材を見極めなければなりません。そのため、長所だけでなく短所も聞くことで人間性を詳しく把握したいと考えるのは当然のことでしょう。

また、「自分の短所を改善するためにどのように向き合っているか」といった前向きな姿勢の有無も、企業が知りたい情報の1つです。

「短所はありません」はNG!

先ほども少し触れましたが、「短所はありません」と答えるのはNGです。基本的にどんな人でも短所はあるものです。

あっさりと「ない」と言ってしまうと、「自己分析ができていない」、「やる気がない」、「謙虚さがない」など様々なマイナスイメージを与えてしまうリスクがあります。

「本当にいくら考えても短所が思いつかない!」という人は少ないと思いますが、その場合は、自分を良く知る友人や家族に聞いてみたり、長所の裏返しが短所に当てはまらないか見直してみたりするといいでしょう。

短所を自己PR・長所に変えてしまうための3つの方法

①短所に関わる「過去の経験」を紹介する

「短所は○○です。」と述べた後に、実際に短所で苦労したりトラブルになった経験を紹介することで、その短所が「本当に自分の短所である」ということに説得力を持たせることができます。

また、短所を自分から詳しく説明することは、「誠実さ」や「謙虚さ」を持っていることを相手に伝えることにもつながります。

②自分の短所はプラスにもなり得ることを伝える

だ短所を述べるだけでなく、その端緒は時にはプラスになり得ることを伝えましょう。

「私の短所は『何事にも慎重すぎる』というもですが、アルバイトでお金の計算をしたり友人との旅行の計画を立てたりする上では非常に役立ちました。」といった具合です。

③短所に対して前向きに向き合っている姿勢を伝える

短所を短所で終わらせないための、努力や取り組みをしていることも伝えましょう

「慎重すぎる性格なので、時には失敗しても積極的に挑戦する姿勢を大事にしている」、「人と議論をしているとつい自分の意見を押し付けてしまいがちなので、言葉や態度を内省する習慣をつけている」といった具合です。

致命的な短所を無理に答える必要はない!

自己PRや面接では、素直すぎる発言はときに命取りとなります。

自分の短所があまりにも他人にマイナスイメージを与える可能性があるものの場合は、それを無理に答える必要はありません。たとえば、「人と話すことがまったく好きではありません」、「新しいことに挑戦するのは苦手です」という様な短所は、裏返しても長所にはなりにくいものです。

「初対面の人とコミュニケーションを取るときは慎重になりがちです」、「新しいことに挑戦する前は入念に計画するタイプの人間です」などと表現をやわらげて、工夫して伝えることが大切です。