就活の自己PRを短く簡潔に書くための方法

自己PRを簡潔に書く方法

自己PRをすることは就活においてかなり必要です。「自分自身がどう言った人なのか」を伝えることができないと、どうしても面接でうまくいくことは難しいです。

特に自己PRはなるべく短めに簡潔に伝えることが大切です。今回は就活の自己PRを短く簡潔にまとめることのメリット・方法について解説をしていきます。

自己PRを短く伝える事のメリット

自己PRを短く伝えることには大きく2つのめりっとがあります。

  • 短時間で相手に”自分”を伝える事ができる
  • 自己PRの練習になる

これらを一つずつ見ていきましょう。

①短時間で相手に”自分”を伝える事ができる

短時間で相手に自分を伝えることはとても大切です。だらだらと長く話していて、「結局どれが結論であなたの伝えたいことなの?」と思われてしまっては元も子もありません。

シンプルに「私はこういう人です。」といったことを伝えることで、面接官やESを読んだ人も、「この人はこういう人なんだな」と理解することができます。

②自己PRの練習になる

短く簡潔に自己PRをすることができれば、それは知らず知らずのうちに面接などの練習になります。

就活を行っている学生でしたら、そう短い期間で終わらせる人はいないと思います。おそらく数ヶ月単位の期間があるのではないのでしょうか。

そのため、中長期的に就活を行うこともあるため、「なるべく短く自分自身を述べる→その根拠を述べる」といったサイクルを回していくと就活も慣れてくるでしょう。

自己PRを短く伝えるための流れは?

とは言っても就活の経験がない人からすれば、「どうやって自己PRを簡潔に話せばいいんだろう?」と感じるものです。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、以下の3つのステップを踏んでいただければ、自然と自己PRを短くすることができます。

  • 「自分は◯◯な人」と結論を書き出す
  • 結論へ結びつけるための経験を書き出す
  • その経験を今後どう生かせるか書き出す

これについても詳しく解説していきます。

①「自分は◯◯な人」と結論を書き出す

まずは頭の中だけで考えるのではなく、紙でもスマホのメモにでも「自分はこういう人だ」といったものを書いてください。

そもそも自分自身のアピールポイントを理解できていないと、いきなり面接やESで自己PRを求められても、表現をすることが難しいです。

だからこそ、まずは簡潔に自分自身のアピールを行ってください。

②結論へ結びつけるための経験を書き出す

二つ目は、「自分がそういった人だとアピールするために培ってきた今までの経験はなんだろうか?」といった根拠を述べる必要性があります。

誰でも何かしらの経験をしてきたからこそ、自己PRができます。

例えば、「私は何事も諦めない人間です」といった自己PRをした時に、その根拠として「理由は部活動で◯◯を失敗し続けてきましたが、それを克服しようと△△といった工夫をしながら努力を重ねてきたからです。」といったものを述べる必要があります。

いきなりこれを面接で話すとなっても簡単ではないため、やはり紙やスマホに書き出す必要があるでしょう。

③その経験を今後どう生かせるか書き出す

そしてこれが意外と大切なのですが、「その経験を今後どう活かしていくのか」を述べることも重要です。やはり、ただ単にアピールをしただけでは、面接官からしてみると「じゃああなたはその経験を今後どう活かしていくの?」と思うでしょう。

そこでもしっかりと自分なりに社会人になっても、そして今面接を受けている会社でもどう活かしていくのかを述べることは、とても必要でしょう。

結論→根拠のサイクルが重要

最後になりますが、前半でも少し触れたように、「結論→根拠のサイクル」がとても大切です。一貫性のない考え方やアイディアは、すぐに却下される可能性が高いです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、「結論→根拠」というシンプルなステップだけは忘れないようにしておきましょう。

自己PRを短くそして簡潔に述べて、しっかりと根拠を述べれば、きっと就活もうまくいきます。ぜひ意識して取り組んでみてください。

自己PRを簡潔に書く方法