就活の自己PRでコミュニケーション能力をアピールするためのコツ

自己PRをコミュニケーション能力にする

「私にはコミュニケーションがあります」きっと就活をしている学生であれば、このような自己PRを行っている学生を見た事があるのではないでしょうか。

ですが実際のところ、就活で上手に「コミュニケーション能力」をアピールできている学生は多くない印象を受けます。

そこで今回は就活の自己PRにおいて、どのようにしてコミュニケーション能力をアピールすればいいのか。そのコツについて解説していきます。

コミュニケーション能力はどんな業界でも不可欠

まず、大前提としてコミュニケーション能力はどのような業界でも必須事項となります。

例えば、営業やお客様の前に立つコンサルタントなどは、言うまでもなくコミュニケーション能力が必要だと理解していただけるでしょう。

ですがそれと同じで、例えば社内のみで仕事をするような人でも、社内でのコミュニケーションが必要であったりするケースもあります。

例えばHPの制作をする人であっても、営業の人が仕事を取ってきて、そこでのコミュニケーションが発生しますし、社内での連携も必要です。はたまたお客様の意図を汲み取った成果物にする事なども、コミュニケーション能力が必要になります。

「コミュニケーション能力がある」をの定義を理解する

一概にコミュニケーションと言っても、いったいコミュニケーションの定義はどのようなものがあるのか?と言った疑問が浮かぶ人もいるでしょう。

筆者が考える「コミュニケーションとは?」に対する疑問を大きく4つに分けて解説します。

①相手の話を理解する能力

1つ目は「相手の話を理解する能力」になります。まずは目の前の人が、何を話しているのかなどを理解する必要があります。

相手が言おうとしている事や、考えている事を汲み取ってあげられる人がコミュニケーション能力があると言えるでしょう。

②相手の話をまとめてあげる能力

中には会話などを行っていく中で、自分の考えなどを上手に表現できない人もいます。

そういった人に対して、「つまりこういう事ですか?」と都度確認をしてあげられる人はコミュニケーション能力が高いと言えるでしょう。

もちろん、その際にも「相手の気持ちを考えながら」問いかけてあげる事が重要です。

③自分の話をまとめる能力

こちらの方が難易度は低いかもしれませんが、自分の話を簡潔にまとめる事ができる人もコミュニケーション能力が高いと言えます。

どうしても遠回しに話をしていて、「つまり結論は?」と聞かれる人も少なくないと思います。

そうならないためにも、まずは結論から述べて、その後に理由や補足などを付けてあげるとシンプルに伝える事ができるでしょう。

④人と人との意見をまとめる能力

4つ目は一対一のやり取りではなく、複数人で話をする時などに必要な物です。

複数人の意見をまとめ、「つまりこういう事ですかね?」とまとめる事ができる人はコミュニケーション能力が高いと言えます。

特に就活においてはディスカッション形式などもあるため、重要な能力となるでしょう

コミュニケーション能力をアピールするために必要なこと

「実際に自分にはコミュニケーション能力がある事がわかった。でもそれをどうやってアピールすればいいのだろう…。」

そのように考える人もいると思うため、ここからコミュニケーション能力をアピールする際に必要なポイントについて触れていきます。

①具体的な実体験をアピールポイントして伝える

また、「コミュニケーション能力が高いです」とアピールしていても、実際にそれを活かして上手くいった実体験を話す事が大切です。

根拠となるような出来事を話す事が就活では必要であるため、忘れずにネタを用意しておきましょう

②コミュニケーション能力を活用するシーンを伝える

実体験を話す事ができて面接官に納得してもらったとします。その次に必要なことは「そのコミュニケーション能力を企業ではどのように活かすか」を述べてください。

面接官も頭の良い人が多いはずですから、わざわざ伝える必要がないと思うかもしれませんが、「私はここまで考えていますよ」と言ったアピールも含めて、伝えられる様になることをオススメします。

「コミュニケーション能力があります」は就活でかなり多い自己PR

ここまでコミュニケーション能力の定義や、上手に伝えるためのコツについて解説してきましたが、実は就活生の中でもコミュニケーション能力を自己PRとして使う人が多い事が現実です。

そのため、ここまで解説してきたステップなどを、面接官にしっかりと伝える必要があります。特別なアピールポイントを用意しておく必要はありませんが、以下の2つだけは忘れない様にしておくと良いでしょう。

  • コミュニケーション能力の定義を忘れない
  • 具体的な実体験と企業で活かすシーンを考える

この2つさえ押さえておけば、就活では十分に勝ち抜ける能力が備えられます。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールするための例文

最後に、コミュニケーション能力をアピールするための例文を記載しておきます。

私はコミュニケーション能力が強みです。

大学時代にサッカーサークルに所属していました。そのサークルは同学年同士の仲はとても良いチームだっだのですが、異なる学年同士のつながりがほとんど無いような状況でした。

その様な中で、別学年同士での飲み会を開催したり、サッカーの練習時にも色々な学年同士がプレーに関わる機会を作りました。

また、チーム全体だけでなく、後輩や先輩と積極的に食事に行き、その際にチームへの不満や期待感などを言ってもらい、そういった部分をチームに反映させる事に努めました。

そうした中で、結果的に学年関係なくお互いの良いところは褒めて、改善するべきところはアドバイスをし合えるようなサークルを構築する事ができる様になりました。

また、一人一人の立場に関係なく、組織改善をするためのメソッドなどは、社会人になっても活用できると感じています。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールする方法のまとめ

いかがだったでしょうか。実際に文章などで起こしてみると、より鮮明にイメージができるかと思います。

今回ご紹介した自己PRのステップや例文を参考にしてもらい、ぜひ就活に活用してみてください。

自己PRをコミュニケーション能力にする