自己PRのためのキャッチフレーズ(キャッチコピー)3選とその作り方

自己PRのキャッチフレーズ

就活で自己PRをするときに「一言で自分の強みを伝えたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。一言で自分をアピールすることができれば、効率的に自分を知ってもらうことができます。

つまり、キャッチフレーズ(キャッチコピー)が必要になってくるのです。今回は、就活の自己PRでキャッチフレーズの作り方について触れていきたいと思います。

なぜ就活の自己PRでキャッチフレーズが必要なのか

就活の自己PRではダラダラと話すと面接官の印象に残りにくいため、キャッチフレーズを作ることはおすすめです。

キャッチフレーズが必要な理由は、事前に自己分析をした上で面接という短時間で自分をわかりやすく表現して伝えることが大切だからです。

その2つのポイントを詳しく見ていきましょう。

①一言で自分を表現する必要があるため

企業は何人もの応募者を短期間で見ていき、誰に内定を出すかを決めます。

そのため、そこで印象に残らなければ採用してもらえる可能性はゼロに近くなってしまいます。

就活で長く話すことができる=しっかりと発言できるコミュニケーション能力が身についていると勘違いする人も多いですが、それよりもビシッと一言で要点をまとめて自分はこんな人間だと伝えることの方が重要です。

実際に、一言で自分を表現した方が面接官の印象にも残りやすいと言えます。

②自分を見直す機会を作れるから

キャッチフレーズを作ることは、自己分析の役割も果たしてくれます。

つまり、キャッチフレーズを作ることによって自分は一言で言うとこんな人間なんだという理解が深まり、面接で自分自身について聞かれてもしっかりと答えることができるようになるのです。

自分を見直すためにも、是非就活の前にキャッチフレーズを作ってみてはいかがでしょうか。

就活の自己PRでキャッチフレーズを見つける方法

キャッチフレーズを作るといっても、具体的にどうやって作ったら良いかがわからなくて戸惑う方も多いでしょう。

自分のキャッチフレーズを作るための3つのポイントをご説明します。

①自分の長所を理解する

当たり前のことですが、自己PRでは自分の良いところを短い表現で相手にわかりやすく伝えなければいけません。

そのためには、まず自分の長所を理解する必要があります。

いくつかの自分の長所を整理して、キャッチフレーズに使えそうなものを探してみてください。

②自分の短所を長所に言い換えてみる

面接では長所だけでなく、短所を聞かれることも多いです。そのような時には短所を長所に置き換えれば、悪い印象が良い印象に変わります。

短所として言うことは、裏を返せば長所にもなることに限定することが大切です。

③自分の人生で一番成長した時を思い出す

これまでの人生で一番成長した時を思い出すことは、長所を整理するのにとても役に立ちます。

具体的なエピソードを添えることができてキャッチフレーズに説得力が増すので、実際に自分を成長させてくれたことからキャッチフレーズを考えるのもおすすめです。

就活の自己PRで話してはいけないキャッチフレーズ

キャッチフレーズを作る時に注意したいのが、自己PRで話すべきではないことをキャッチフレーズとして使ってしまうことです。

これはやめておくべきだという2つのポイントをご紹介します。

①自分の短所をそのまま伝えること

長所に言い換えられる短所をキャッチフレーズとして使うのは良いですが、短所のみのキャッチフレーズは自己PRでは使うべきではありません。

短所を言う時にはいくつかの短所を挙げた中で、長所に言い換えられるもののみを使うようにしましょう。

順番としては、まず短所を言って最後に長所で締めるようにしてください。

②取り繕った嘘のキャッチフレーズ

自分自身に自己PRで使えるような長所が思い浮かばないからと言って、取り繕うような嘘のキャッチフレーズを使うと必ず面接官に見抜かれます。

時間をかけて自分の長所を考えて絞り、必ず矛盾がなく大げさでない本当のことのみを話すようにしてください。

面接官の立場になってキャッチフレーズを考えてみると良い

キャッチフレーズを考えたら、それを客観視してみることが大切です。

その時には面接官の立場になったつもりで印象に残るかや採用したくなるかを基準に検討してみましょう。

面接官の立場になって考えることで、修正すべき点も自然と見えてきます。

キャッチフレーズ(キャッチコピー)の例

私は「みんなのお母さん」です。

このキャッチフレーズは、気配りができることやリーダーシップがあることを意味しています。

「周りを見て行動するとともに、みんなを引っ張ってまとめていった」という成功体験も併せて話すと良いでしょう。

率先して行動して数字を作る営業だけでなく、気配り上手であることが求められる事務職にも使えます。

私の強みは「失敗を恐れず何でもやってみる行動力」です。

やる前に考えてしまうと失敗してしまうのではないかと思ってしまい、新しいことは何もできないですよね。

やりっぱなしになるのではなく、やってからそれで良いのかをしっかりと考えてその都度修正していくということもしっかりと伝えてください。

企業では現状維持だけでは業績を上げることができないからこそ、行動力のある若い人材が欲しいと思うのです。

私は「心配性な慎重派」です。

このキャッチフレーズは一見短所かと思ってしまいますが、実は長所に繋げることができます。

この後に「何事も慎重に行い、結果的にアルバイトで確実な仕事でミスを減らすことができました」などの成功体験に繋げることができます。

大切なのは、心配して実行しないのではなく慎重になりながらも行動力はあるということを主張することです。

最後に

自分のキャッチフレーズは直感で作れば問題ありません。大切なことはそのキャッチフレーズをしっかりと解説できるような状況になっておくことです。

今回の内容を参考にしていただいて、自分らしいキャッチフレーズを作り就活の自己PRに活かしてください。

自己PRのキャッチフレーズ