自己PRで向上心をアピールしたいと考えている就活生へのアドバイス

自己PRで向上心をアピールしたいと考えている就活生も多くいるのではないでしょうか。

今回は就活で行かせるための向上心の意味と、それを生かすための方法について触れていきたいと思います。

「向上心」の意味とは?

就職活動の自己PRで「向上心」を使う人は多くいます。

しかし中には、そもそも「向上心の意味」を正確に理解していない人もいるのではないでしょうか。

向上心とは、「現在の状態に満足せず、よりすぐれたもの、より高いものを目指して努力する心」のことです。

意味をぼんやりとしか知らない状態としっかりと落とし込んだ状態とでは、面接に臨んだ際に、相手に伝わる真実味に大きな差が出るので、確実に押さえておきましょう。

また、向上心の意味を採用担当者に聞かれることもあるでしょう。的外れな回答をしてしまうと、自己PRそのものの説得力も無くなってしまうので注意が必要です。

就活において「向上心」はありきたりなワードである

「向上心」は就活の自己PRでは、非常にありきたりなワードです。

使用する応募者が多い分、「私の強みは向上心です。」というシンプルな書き出しでは、採用担当者(読み手)を飽きさせてしまう可能性があります。

結果、自分の自己PRが印象に残らないまま、不採用につながるリスクもあり得ます。

リスクを避けるためには、表現を少し工夫する必要があります。「向上心」とストレートに書かずに、向上心があることを伝える表現としては、次の例を参考にしてください。

  • 現状に満足しない姿勢があります。
  • 常に次の目標に向けて努力ができます。
  • 自分自身の言動に厳しい人間です。

他にも、自分が思いついたオリジナルの表現や、中盤から後半にかけて書く「エピソード」に沿った表現があれば、積極的に使っていきましょう。あまり奇をてらいすぎると、反対にマイナスの印象を与える可能性もあるので気を付けてください。

向上心をアピールするためのエピソードを用意しておく

あなたが企業の採用担当者だとして、応募者に「私は向上心があります。」とだけ言われても、それだけで採用したいとは思わないはずです。

誰しも「本当に向上心がある人物なの?」と確認したくなるはずです。

それを証明するために、実際に向上心を発揮したエピソードを記載しましょう。部活やアルバイト、資格取得など人によって千差万別だと思います。

中には、「人に誇れるようなインパクトのあるエピソードがない…」と不安に感じている人もいるでしょう。

しかし、エピソードは必ずしも特別なイベントである必要はありません。「受験勉強で自分の実力以上のランクの学校を目指した」、「サークルでトップになるために努力を続けた」など、誰しも経験したようなイベントの中からでも見つけ出すことができます。

大切なのは、向上心を持って取り組んだ「内容」よりも、どのように取り組んだのかの「プロセス」とそれにより起こった「結果」です。

向上心を持った事で成長できた場面を考えておく

エピソードの結論は「結果」で締めます。部活の練習に対して向上心を持って取り組んだ人であれば、「努力の結果インターハイ出場の切符をつかむことができました。」といった具合です。

しかし、自己PRをこのまま終えてしまうと、ただの自慢話か日記です。そうならないためには、その経験(エピソード)が、自身のどのような成長につながったかを付け加えましょう。

先ほどの「努力の結果インターハイ出場の切符をつかむことができました。」に続ける場合は、次のような形です。

  • 私はこの経験から、自分の限界を自分で決めないことの大切さを学びました。
  • 今では自分にとって高いと思えるレベルの物事にも果敢にチャレンジしています。
  • それ以来、周りから無謀だと言われることもまず挑戦してみることが重要だと考えるようになりました。

企業で向上心を生かすための自己PRも用意しておく

企業が欲しいのは、自社に利益を出してくれる人材です。自分が持っている向上心を、実際の仕事でどのように役立てたいのか(役立てる自信があるのか)を、しっかりとアピールすることは非常に重要です。

たとえば営業職を志望している人であれば、「目標の数字を達成しても満足せず、次の目標を立て、さらに良い成績を残せるように努力し続けます。」といったように、志望する業種や職種にそったPRができればなお良いでしょう。