インターンシップに参加する意味を3つの視点から探る

インターンシップに参加する意味

大学2.3年生になると、インターンシップに参加するかどうか気になってくると思いますが、「インターンシップは意味がない」という人もいれば、「インターンシップはためになった」という人もいるので、誰の意見を参考にすればいいかわからなくなってしまいます。

結論から言うと、インターンシップに参加する目的を明確にしなければ、決して時間の無駄とは言いませんが、意味がなくなってしまいます。

ここでは、

  • インターンシップで何が得られるのか?
  • インターンシップに参加する意味はあるのか?
  • インターンシップの経験を就活の自己PRに使うにはどうすればいいか?

3つの視点から徹底検証していくので、読み終わったときにはインターンシップに参加する意味が明確になり、友達の意見に流されず本当に必要か判断できるようになります。

インターンシップに参加しようか検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1. インターンシップで何が得られるのか?

まずはじめに、インターンシップの本来の目的を確認すると、

というようになっています。

そして、インターンシップには大きく分けて以下の2つのタイプに分類できます。

  1. 採用直結型
  2. イメージ向上型

それぞれ確認していきましょう。

1-1. 本気でやるなら採用直結型

本気で取り組んで社会人としての能力を高めたいなら採用直結型が良いでしょう。

企業がインターンシップ制度を導入する目的の1つに「優秀な人材を発掘したい」というものがあります。企業は基本的に、本当に優秀な学生はなかなかいないと考えているので、インターンシップに参加してもらい、実際に働いてもらうことで能力やポテンシャルを判断します。

そして、一般的な選考のみでは、優秀な学生かどうかの判断に限界があるため、一定期間以上働いてもらい能力を判断するので、インターンシップの期間が比較的長くなっている特徴があります。

どのようなことを得ることができるか

企業側も本気でインターン生を見ているため、実際の仕事も本気でやることになるので、社会人としての基礎知識や基礎能力を養うことができます。

なので、たとえインターンシップ先の企業に採用されなかったとしても、一般的な学生にはない能力が身についているはずですので、他の企業が欲しがる人材であることは間違いありません。

1-2. いろいろな企業を知りたいならイメージ向上型

いろいろな企業に実際に触れて、自分に適しているか判断するならイメージ向上型が良いでしょう。

ほとんどの学生は知っている企業といえば大手ばかりで、世の中にどんな業界があってどんな企業があるのかを知りません。それとは反対に、世の中には非常に多くの企業があり、その規模も業態も様々です。

つまり、企業は学生に自社の存在を知ってもらい、良いイメージを持ってもらう必要があります。その結果、採用活動を始めた際に多くの学生にエントリーをして貰えば良いと思っているのです。

そのため、イメージ向上型のインターンシップの特徴は採用直結型と比べて期間が短く、仕事内容も体験程度のゆるい内容になっています。

1日2日の期間で、かつ体験程度の仕事内容では、社会人としての能力を高めるということはできません。そして企業もそのようなつもりはありません。

どのようなことを得ることができるか

イメージ向上型のインターンシップに参加する場合は、自分の興味がある業界や企業を確認することを目的に参加しましょう。

比較的気軽に参加できるため、あえて興味の無い業界や企業のインターンシップに参加してみるなど、複数の企業に参加しても良いと思います。「意外と自分にあっているかも」という発見があるかもしれません。

企業がインターンシップを取り入れる目的については「企業がインターンシップをやる5つの目的を徹底検証!」で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

2. インターンシップは意味があるのか?

インターンシップで何を得られるのかを確認したので、それを踏まえてインターンシップに参加する意味について確認していきましょう。

2-1. 「なんとなく」なら参加しない方がいい

結論から言うと「やったほうがいいから」「友達がやっているから」というような、なんとなくの理由で参加すると時間の無駄になってしまいます。

また、自分が求めているものと違った型のインターンシップに参加してしまうのも、ただの苦痛になってしまうので意味がなくなってしまいます。

自分は社会人としての能力を高めたいのか?いろいろな業界や企業を確認したいのか?求めているものを明確にしてから参加するかどうか検討してみてください。

2-2. 目的を持つことで意味が生まれる

これはインターンシップに限りませんが、なにか行動をするときには必ず目的意識を持つようにしましょう。目的が無い行動は惰性で取り組んでしまうことが多く、学びにもなりません。

「なぜインターンシップに参加しようと思ったのか?」

「なぜ採用直結型(イメージ向上型)にしたのか?」

目的を明確にすることで意欲的に取り組むことができるようになりますし、学びも、得るものも多くなります。

3. インターンシップの経験は就活で使えるのか?

もし、就活で自己PRのネタにするためにインターンシップに参加しようと思っているのであれば、少し気をつける点があります。

インターンシップの経験自体では、就活でアピールすることはできません。それはたとえ社会人としての能力が身についていたとしてもです。

就活で使うためには、「その経験から何を学び、今後どのように生かしていくか」というところまで言うことができれば自己PRのネタとして使うことができます。

その点、採用直結型に参加すれば期間も長いし、学ぶことも多いと思うので、「その経験から何を学び、今後どのように生かしていくか」というところまで話の準備をすることができると思います。

しかし、イメージ向上型は全くないとは言えませんが、基本的に企業を知ることが目的ですので、アピールのネタにすることは難しいです。

インターンシップの経験を就活に使いたいなら期間が長いインターンシップに参加し、かつ、その経験から何を学びどう生かすかというところまで話をすることを見込んで参加するようにしましょう。

インターンシップに限らず、学生時代の経験を就活で活かす方法を「5分で分かる!学生時代で得たことを就活で活かす方法」という記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

4. まとめ

インターンシップを意味あるものにするためには、まずは自分は何を求めているのか明確にしましょう。その上で「採用直結型」と「イメージ向上型」のどちらがあっているのかを判断し参加すれば、意味あるものになります。

そして、「何を学んで、どう活かすのか?」ということを伝えることができたとき、初めて就活で活かすことができます。

正しく使えば能力も高まり視野も広がる素晴らしい体験になるので、有効的に使えるようにしましょう。

line
インターンシップに参加する意味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。