聞き上手になるには?4つの必須ポイントを徹底解説

良好な人間関係を構築したいと考えている人にとって、「聞き上手になること」は最もてっとり早い方法です。

人の話を上手に聞ける人は、様々なメリットがありますし、人から好かれやすくなります。

ですが、あなたは人の話を聞く時このような態度を示していませんか?

  • ボーっとしている
  • 人の話をすぐに否定する
  • しっかりと相槌を打たない
  • スマホをいじっている

このような態度を取ってしまっては聞き上手と呼ばれませんし、良好な人間関係を築くことは難しくなります。

そこで今回は、「聞き上手になった際のメリット」、「聞き下手のデメリット」、「どうすれば聞き上手になれるのか」この3つに関して、分かりやすくお話をしていき、聞き上手になるための必須ポイントを紹介していきます。

聞き上手になるメリットについて

聞き上手になることで得られるメリットは様々あります。

まずはここから解説していきたいと思います。

聞き上手になるメリット①:相手が喜んでくれる

何と言っても、話し相手が喜んでくれる頻度が高くなります。

「人は自分の話を聞いてくれる人を好きになる」というくらい、自分の話を聞いてくれる人を好みます。

もしかしたらあなたは、悩み相談をしてくれる人がいると、その人に対して「的確なアドバイスをしなくては!」と意気込んでいるかもしれません。

もちろん、その心意気は良いとは思うのですが、実際のところ悩み相談をした人にとっては、話を聞いてくれただけでも嬉しい物なのです。

「話をしっかりと聞ける」だけで、人に喜んでくれる回数がきっと増えますよ。

聞き上手になるメリット②:人と仲良くなれる

人に喜んでもらうことで、当然ですが色々な人と仲良くなれる可能性が高まります。

「人の話をしっかりと聞いてあげる」という行為をすることによって、相手はあなたに対して「この人は良い人だ」と感じるようになります。

良好な人間関係を構築する上で欠かせない行為になりますね。

聞き上手になるメリット③:敵が少なくなる

「敵」という表現はあまり適切ではないかもしれませんが、要は嫌われることが少なくなります。

嫌われることが少なくなるということは、人間関係で悩む機会がぐっと減ります。さらにもっと言うと、日々のストレスがなくなるため、快適な毎日を過ごせるようになります。

「人に媚を売りなさい」と言うことではありません。しっかりと誠実に人の話を聞くことができれば、自然と色々な人から好かれることが多くなります。

聞き上手になるメリット④:モテる!

異性に好かれる回数がとても多くなります。

特に女性は男性と比べて、人に話を聞いてもらいたいと考えている人が多いです。

女性を相手にしっかりと話を聞いてあげれば、「◯◯くんって本当に人の話を聞いてくれるよね」と、一気に好感度が上がります。

もちろん、自分の話をしたがる男性もいますから、その時は女性も話を聞いてあげてください。

2.聞きベタだと何が悪いのか?

では反対に、聞き上手の反対の「聞き下手」ですが、この聞き下手の人たちにはどういったデメリットや悪い理由があるのでしょうか。

ここでは詳しくは書いていきませんが、次のようなことが考えられます。

  • 人が離れていく
  • 相談されなくなる
  • 頼りにしてくれる人が少なくなる
  • 陰で悪口などを言われる

少し言い過ぎかもしれませんが、あまりにも人の話を聞かなかったりすると、このような事態に陥ってしまいます。

このようにならないためにも、やはり人の話をしっかりと聞かなければいけませんね。

3.どうやって聞き上手になればいいのか?

それではどのようにして聞き上手にならなければいけないのでしょうか。当然このように考えると思います。

ここからは聞き上手になるための4つのポイントについてお話ししていきます。

聞き上手になるコツ①:しっかりとうなずく

まずは人の話を聞いている時に、しっかりと頷きながら話を聞くことが大切です。

筆者自身、全く頷きや相槌を打たない人と話していると、違和感を覚えたことがあります。

「あなたの話をしっかりと聞いていますよ」と言った気持ちで、頷きを入れながら話を聞いてあげましょう。

・頷いているだけはNG

もちろん人の話を聞いていて分からないことがあったら、首をかしげるなどのジェスチャー入れておきましょう。

相手の話が分からないのにも関わらず、ずっと首を縦に振っているだけでは、話の後半で後々後悔することになるかもしれません。

聞き上手になるコツ②:声を出して反応する

頷きなどのリアクションを取ることに加えて、声を出したリアクションも大切になります。

「へえ~」、「そうなんだ!」、「それでそれで?」と言った風に、声を加えたリアクションを取ることで、話相手も気分が上がっていきます。

簡単にイメージをしてもらいたいのですが、「話を聞いてはいるけど頷いてるだけのAくん」と「頷きながら声を出して反応を示すBくん」の二人。

おそらくBくんの方が話をしていて気持ち良いはずです。

相手の気持ちを考えた時に、声を出しながら反応をする方がきっと気持ち良く会話ができるはずです。

聞き上手になるコツ③:質問をする

一方的に相手が話をしている時はいいのですが、その都度気になった部分に対して質問をしてあげると良いでしょう。

質問をしてあげた方が、「この人は自分の話を聞いてくれているんだな」と良い印象を抱いてくれます。

聞き上手になるコツ④:共感してあげる

「言っていることすごく分かるよ」、「それめっちゃ楽しいよね」、「それは辛いな…」と言ったように、相手の言葉に共感してあげてください。

変に否定をするよりも共感をすることで、「この人はわかってくれてるな」と良い印象を与えることができます。

聞き上手になるには相手の気持ちを常に考えてあげる

聞き上手になるために一番大切なことは「相手の気持ちを常に考えてあげる」ことです。

相手の気持ちを考えることで、「今は話を聞いてほしいだけかも」とか「今日はアドバイスもしてほしいのかな」とか、相手が求めている対応をしてあげることができます。

ただ話を聞いてあげるだけが聞き上手ではありません。相手の気持ちに応えることができて、初めて聞き上手と認めてもらえるようになります。

相手の気持ちを常に考えることは、頭を常に働かせないといけないので、大変で疲れることでもあります。しかし、そこさえ意識してもらえれば、時間は掛かっても聞き上手になることができます。

自分が関わる人すべての相手の気持ちを考えるつもりで、少しずつ積み重ねていきましょう。