学生時代頑張ったことにアルバイト経験を書く5つの方法

学生時代頑張ったことにアルバイトを書く

就活において「学生時代頑張ったこと」を聞かれることはよくあります。ほぼ100%聞かれると言っても良いくらい聞かれる定番の質問です。そのため、エントリーシートや面接で「学生時代頑張ったこと」を表現する機会が多くなります。

多くの学生は「大学時代なにも頑張っていない。アルバイトくらいしかやっていないよ」と嘆いています。ですが、アルバイトもれっきとした”学生時代頑張ったこと”なのです。

誰もが経験しているアルバイトなので、他の人と差をつけることが難しいと思われがちですが、考え方や切り口を変えれば人事を惹きつけることは十分可能です。

ここではアルバイトをいかにして就活の実績として使うためのテンプレートと人事を惹きつけるESの書き方をお伝えします。

1.アルバイトは立派な「学生時代頑張ったこと」

アルバイトは大学生ならほとんど経験しているため、就活の実績としては人事の目に留まりにくいと思われがちですが、「学生時代頑張ったこと」として立派な実績になります。

逆に、アルバイトの経験者がたくさんいる分、ありきたりなエピソードしか話せない就活生が多いので、アルバイトの経験を気の利いたエピソードとして語ることができれば、人事の方からも気になる学生として評価してもらえます。

しかし、「アルバイトを意識高くやっていたわけではないから頑張った実績として使えないよ」とという人もいるかもしれません。たとえそうだとしても、考え方や切り口を変えれることで十分な実績になります。

学生時代にいろいろなことを頑張って、たくさんの実績があるならばその経験を存分にアピールすれば良いですが、頑張ったことがないとしても、アルバイトの経験を自信を持ってアピールしましょう。

2.アルバイトを頑張ったこととして書く方法

まずはじめに、なぜ企業側は学生時代に頑張ったことを質問するのか理解しておきましょう。

アルバイトに限らず、学生時代頑張ったことの書き方、伝え方は「学生時代頑張ったことを超魅力的に伝えるESに書き方伝授!」で詳しく紹介していますので合わせて参考にしてください。

2−1.企業は学生が入社したときのことをイメージしたい

企業が誰かを採用すると言うことは、その分人件費がかかります。人を雇うということはお金がかかるのです。なので、できれば入社してから活躍してくれる人を採用したいと思うのは当然のことです。

しかし、その学生が活躍してくれるかどうかの判断材料は非常に少なく、エントリーシートや面接しかありません。その少ない材料の中で、その学生が入社したときのことをイメージして、採用不採用を見極めるのです。

その見極め材料の一つが「学生時代頑張ったこと」という質問です。この質問から企業は何を知りたいのかというと、学生時代に頑張った結果自体を知りたいのではなく、その結果から「何を学び、どのように生かしたか(生かそうとしたか)」ということを知りたいのです。

詳しくは後述しますが、採用活動の段階でそのような思考力があるか判断し、入社した際のイメージまでしたいのです。

つまり、逆に考えると、企業側に自分が入社した際のことをイメージさせることができれば、少なくともエントリーシートは通過する可能性が高くなります。

企業側の思惑を考えて、それに応えるような就活ができるように心がけましょう。

続いて、ESにアルバイトの経験を書く際に、どのような構成で書いていくのか、どのようなことに注意して書いていくのか説明していきます。

2−2.エントリーシートに書く構成

次に、構成の全体像を押さえておきましょう。

  1. 何を頑張ったか
  2. なぜ頑張ろうと思ったか、どんな想いで頑張ったのか
  3. 頑張った結果は、どうだったか
  4. そこから何を学び、社会や企業でどう活かすか

ポイントとしては「何を頑張ったか」結論を先に述べることです。このように論理的に説明することで、人事の方に伝えたいことを明確にできます。1つずつ確認していきましょう。

① 何を頑張ったか

まず、「結論を先に述べる」ことはコミュニケーションの基本として押さえておきましょう。コミュニケーションとは対話だけでなく、プレゼンのスライドを作ることも、文章で伝えることも、コミュニケーションです。

先が見えないコミュニケーションは、相手を退屈させてしまいます。人事の方は膨大な数のエントリーシートを読むことになるので、退屈な文章はしっかりと読まれることなく弾かれてしまいます。

あなたの魅力を的確に伝えるためにも、まずは結論から述べて相手を退屈させないようにしましょう。

そして、結論をより具体的にするために「数字」を使っていきましょう。

例えば、

「バイトリーダーとして売上向上に貢献した」

よりも、

「バイトリーダーとして学生バイトをマネジメントし、前年比120%の売上向上に貢献した」

というような記述をした方が、成果が明確で結論もわかりやすいです。「何を頑張ったのか」明確な結論を冒頭で記述しましょう。

必要であれば、伝えたい部分を太字で記入したり、マーカーを引いて強調しても良いでしょう。

② なぜ頑張ろうと思ったか、どんな想いで頑張ったのか

なぜ頑張ろうと思ったかという点は、人それぞれの個性が出るところです。大学生はバイトという似たような経験をしていますが、「なぜ頑張ろうと思ったか」という点であなたをアピールできるのです。

あるいは、「どんな想いで頑張ったか」という言い方にも変えることができます。

「給料以上の貢献をしたかったから」なのか「自分がどこまで貢献できるか試したかったから」なのか、そういったエピソードからあなたの人間性が人事の方に伝わるのです。

③ 頑張った結果はどうだったのか

「頑張った結果はどうだったのか」という点は、重要な点ではありません。なので、頑張った結果を自慢げに語るのではなくサラッと事実を述べる程度にしましょう。次の項目で触れますが、頑張った結果、そこから何を学んだのか?今後どのように生かすのか?という点の方が重要視されます。

そして、頑張った結果を述べる際は、必ずしも良い結果でなければならないわけではありません。全てが良い結果になるということはあり得ませんし、社会人の人事の方ならそのことを理解してくれるでしょう。

また、頑張った結果、当初仮定していたこととは違ったところで結果が出ることもあります。その場合は、「当初の予定とは異なりますが、◯◯という結果がでた」ということしっかりと書けば良いのです。

④ そこから何を学び、社会や企業でどう生かすか

ここから重要なポイントを解説していきますが、頑張った結果何を学んだのかをしっかりと記述していきましょう。

何か仕事を頑張ってもそこから何も学びを得られない人は、企業側から見ても成長が見込めない人だと思われてしまいます。

先ほども少し触れましたが、企業が開発した商品の全てがヒットして売れるわけではありません。むしろ、世の中の目に触れる前に「ボツ」になってしまう企画の方が多いくらいです。

そこで重要なのは、「なぜダメで、今後どのように改善していけば良いか」を考えることができる思考なのです。

企業側としても、就活(ES、面接)の段階でそのうような力がある学生か判断したいので、極論を言えば頑張った結果はどうでも良いのです。

つまり、「結果から何を学び、どのように生かすか」を、アルバイトの経験をもとにあなたの意見を述べることができれば、それは大きなアピールポイントになるでしょう。

3.アルバイトで頑張った経験がない場合

アルバイトで頑張った経験がない場合の多くは、「頑張ったことを思い出せない」か「頑張ったと言える自信がない」ということが多いです。

意識して頑張ったことがなくても、バイトを経験したことは事実ですので、その経験をもとに学んだことを述べていけば良いのです。

先ほども言ったように、頑張った結果はそこまで重要視されません。結果を見られてしまうならば、大会で優勝した人や、起業経験がある人、表彰された経験がある人のように特別な経験がある人しか採用されなくなってしまいます。

頑張ったことを思い出せなかったり、自信がない場合も「バイトを経験した」という結果を学びに生かせないか、考えてみてください。

3−1.考え方を変えてみる

自分では自然にやっていたことでも、「そういえば褒められたな」とか「そういえば感謝されたな」という経験がないか思い出してみましょう。後輩にやり方をよく聞かれる人は「コミュニケーションがうまい」と言えるでしょうし、よく感謝される人は「周囲に気を配るのが得意」と言えるでしょう。

バイト中に起きた出来事をいろいろな視点から見て、エピソードとして使えることはないか探してみましょう。

※学生時代に頑張ったことが思いつかない方は、『「学生時代頑張ったことがない人」のための就活攻略法』を参考にしてください。頑張ったことがなくても、就活を攻略することは十分可能です。

4.ありきたりなバイトの感想例3つ

せっかくですので、多くの学生が述べている「アルバイトでの経験を上手く伝えられていない例」を挙げていきます。反面教師として頭に入れておくことで、上手に就活で生かすことができますよ。

4−1.一つのバイトを長期間継続した

「私は飲食店のアルバイトを3年間継続しましたた。」これは恐らく多くの学生が経験していることだと思います。

今の時代、転職が当たり前となってきているため「継続性がある」と言ったアピールにも繋がるかもしれませんが、これだけではあまりアピールとは言えないでしょうね。

大切なことは「その継続したことから得られたこと」を伝えられるようにしていきましょう。例えば「辞めていった人たちは人間関係が原因で辞めたけど、自分は最後まで色々な人と良好な人間関係を築くことができた」など。伝え方は様々にありますよね。

4−2.アルバイトのリーダーを任されていた

これもよくある返答です。アルバイトのリーダーは確かに立派です。ですがほんの一握りの人が経験できるようなことではないはずです。(アルバイト先によってはなかなか無い事かもしれないので、その際はその旨をしっかりと伝えてください。)

リーダーになったと言う事実を話すだけでは、何のアピールにもなりません。こちらも「そこから何を得る事ができたのか」、「どういった工夫をして、どのような結果になったのか」をアピールしていきましょう。

4−3.色々なアルバイト経験してきた

たくさんのアルバイトを経験してきた事を、自慢げに話す学生もいます。もちろんそれが悪いわけではありません。ですが色々なアルバイトを経験したからといってそれが正解と言えるのでしょうか?

もし一つ一つのアルバイトを全力で頑張って、そこからたくさんの事を得られたとしたら、そこをしっかりとアピールしてください。

でもアルバイトを辞めた理由などが「人間関係がうまくいかなかった」、「すぐに飽きてしまった」などは、面接官からすると良い印象ではありません。

最も明らかにマイナスな印象を持たれるようなバイトの辞め方をしている人は、面接官に雰囲気でばれてしまうでしょう。

5.まとめ

学生時代のアルバイトの経験は、就活の際に立派な実績として使うことができます。自信を持ってアピールしましょう。

また、エントリーシートや面接で学生時代頑張ったことを述べるときは、まず全体像として

  1. 何を頑張ったか
  2. なぜ頑張ろうと思ったか、どんな想いで頑張ったのか
  3. 頑張った結果は、どうだったか
  4. そこから何を学び、社会や企業でどう活かすか

という論理的な順番を把握しましょう。

そして、「何を学び、今後どのように生かしていきたいか」しっかりと意見を述べることができればアピールポイントとしては十分です。

ぜひ、今回の内容を何回も繰り返し読んで、自分に落としこんでください。そして、あなたの個性が伝わるエントリーシートや回答を完成させましょう。

学生時代頑張ったことにアルバイトを書く