“別れたい”だけではNG!別れ話では話し合いで理由を伝えよう

“別れたい”だけではNG!別れ話では話し合いで理由を伝えよう

sponsored link







別れ話をする時にはただ別れたいことを伝えるだけではダメです。

なぜなら、真剣に付き合っていた相手はただ別れたいということを言っただけでは納得してくれない可能性が高いからです。

相手の欠点が別れの決め手となったなど指摘しにくいこともあるかもしれませんが、理由も含めて本音の部分をきちんと伝えることが大切です。

理由を言って別れ話をしなければ相手は納得しない

別れ話をする時に理由を言わなければいけない理由としては、理由を言わなければ相手が納得しなかったり、場合によってはその相手がストーカーしてしまう可能性もあるからです。

相手を嫌な気持ちにさせるのも不誠実なことだと言えますし、最後くらいは思っていることを伝えた方が自分も相手もスッキリとした気持ちになれるでしょう。

理由を言うことは相手を傷つけるのではなく、納得させるためにも必要なことだということを頭に入れておいてください。

別れ話で別れたい理由を相手に伝える時のポイント

別れたい理由を伝える時に重要なのは、相手への伝え方です。

例えば、理由としては同じことを伝えるとしても場所や伝える手段、言葉を選ぶだけでも相手から自分への印象はガラッと変わります。

別れるからどう思われても良いと思う人もいるかもしれませんが、20代前半までの若い人は自分の恋愛を周りに相談することも多いです。

だからこそ、大学やバイト先などで自分と相手の共通の知人が多い場所では周りからの自分の評価を知らないうちに落としてしまうことにもなりかねないのです。

別れ話で理由を伝えるための3つのポイントをご紹介します。

①自分なりに理由を整理しておく

別れ話をする前に、自分なりに理由を整理しておくことは大切です。

整理しておかないとスムーズに相手に伝えることができないかもしれないですし、理由を掘り下げて聞かれた時に答えられなくなってしまうかもしれないからです。

相手に別れ話を納得してもらえるように、その理由を明確なものにしておきましょう。

②直接会って言う

直接会って言うことで、説得力のある別れ話をすることができます。

実際に別れ話をされるなら直接その理由を聞きたいと思う人も多いですし、会わないと正しい理由が理解されないというようなデメリットもあります。

細かい理由まで知りたいと思う人も多いので、相手が納得するように理由を説明するようにしてください。

③落ち着いて冷静に相手に伝える

別れ話の理由を説明する時にはつい感情的になってしまいがちですが、できるだけ相手と揉めずに別れ話を成立させるためには落ち着いて冷静に相手に別れたい理由を説明していくのが効果的です。

自分が冷静なことによって相手も冷静になってくれることが期待できますし、言いたいことが頭の中でまとまりやすくなります。

相手の反応次第ではつい自分も感情的になってしまいそうですが、頭の中で事前にイメージトレーニングしておくことで冷静に伝えることができるでしょう。

一方的に切るのではなく話し合いをする

別れ話は別れたい側が一方的に理由を伝えるだけと思いがちですが、話し合いをすることが大切です。

なぜなら、一方的に切ってしまうと後からその相手との交際が楽しくないものだったと思えてきてしまったり、別れ話をされた側がずるずると引きずって次に進めなくなってしまうこともあるからです。

別れたいということを伝える時にも”別れる”という言い方をするのではなく、”こういった理由で別れたいから話し合いをしたい”という意思を伝えるのが良いでしょう。

もちろん、お互いにもうダメだと思っていて別れ話をした時や相手がすぐに別れてくれるような場合では話し合いに時間を割く必要がないこともあります。

別れ話の話し合いをする時には相手の反応に合わせて、臨機応変に対応していくのが良いでしょう。

まとめ

別れ話をする側は別れたいという気持ちが強くなっているので話し合いの場を持たなくても良いと考える人も多いですが、話し合いをしてから別れ話を確定させることは重要なことです。

話し合いをする時にはお互いの意見を押し付けるのではなく、相手の話をしっかりと聞いて次の恋愛へと活かしていきましょう。

別れることはネガティブなことなのでそのために時間を作るのは嫌なことかもしれないですが、自分の気持ちの全てを伝えるためにも必ず話し合いを行いましょう。

sponsored link add







“別れたい”だけではNG!別れ話では話し合いで理由を伝えよう