別れ話をするために話し合いは必須!場所や内容はどうするべき?

別れ話をするために話し合いは必須!場所や内容はどうするべき?

sponsored link







別れ話をする時には別れたい側が一方的に別れたいということを告げるだけでなく、話し合いをしてから別れることが大切です。

話し合いのために必須となる別れ話の場所選びのポイントや、話し合いではどのようなことについて話せば良いのかをご説明します。

別れ話をする時は相手との話し合いを

別れ話をするのは簡単ですが、ただ自分だけが別れ話をして一方的に相手を切るのでは相手に不誠実だと思われてしまうかもしれません。

もちろん、相手もすんなり別れ話を受け入れてくれる場合には話し合いをする必要はないですが、話し合いをしないで別れることによってモヤモヤとする別れになってしまう可能性もあります。

だからこそ、相手と自分のどちらかだけでも話し合いをしたいと思ったら、話し合いの場を作るべきです。

話し合いの場所選びのポイント 

話し合いは電話ではしにくいので、直接会ってするのがベストです。

その時の場所選びのポイントをしっかりと押さえた上で話し合いをすることが大切です。

①長時間話し合いができる場所

話し合いは短時間で済めば良いのですが、別れ話の話し合いは長時間に及ぶことも珍しくありません。

その時に長時間の話し合いになっても良いように、長時間いても問題がない場所を選ぶようにしましょう。

例えば、混んでいるお店や回転の早いお店で話し合いをすると言いたいことを言い切れないまま話し合いを終わらせなければいけなくなってしまうかもしれません。

別れ話の場合は複数回に分けるよりも1回で話を終わらせることがベストなので、長時間いられる場所かが話し合いに向いているかの判断の基準となります。

②周りに内容を聞かれにくい場所

大学の学食やファミレスなど他の席と近く、話し合いの内容が周りに聞こえやすい場所では話し合いがしにくいです。

真剣なはずの別れ話の話し合いなのに、周りに内容を聞かれてしまっては言いたいことも言えなくなってしまいます。

人目があるとお互いに気まずい思いをするので、家以外なら人目が気にならない個室居酒屋やカラオケなどが良いかもしれませんね。

③お互いの知り合いがいなさそうな場所

どちらかの知り合いがいそうな大学やバイト先の近く、自宅付近も避けた方が良い場所です。

なぜなら、気付かないうちに知り合いに別れ話の話し合いをしていることがバレて内容を聞かれてしまったり、自分や相手の関係する場所で噂を立てられてしまう可能性もゼロではないからです。

別れ話をするためにわざわざ遠出をする必要は一切ありませんが、普段自分がいるような場所は避けることをおすすめします。

別れ話のための話し合いでは何を話すの?

一言で別れ話と言っても、どんな内容を話し合いで話し合ったら良いかがわからない方も多いのではないでしょうか。

実際に別れ話の話し合いで相手と話しておくべき内容を話し合ってみてください。

①別れたい理由

別れ話で絶対に相手と話しておかなければいけないのが別れたい理由です。

相手に対して嫌だと思っていたことがあったり、別れたい事情がある時にはそれを伝えることで相手は納得できますし、次の恋愛にも活かせるでしょう。

逆に、理由がわからない場合には相手としては腑に落ちない状態で別れることになってしまいかねないということを頭に入れておいてください。

②別れるしか解決策がないか

別れ話の話し合いをすることによって、本当に別れるか解決策がないのかということが明確になります。

別れるしか方法がなかったり自分が我慢の限界を感じていたりした時にはもちろん別れ話を進めていくしかないです。

しかし、場合によっては話し合いをしていくうちに別れなくても良いのでは?という結論に至ることもあります。

③お互いが納得できるか

話し合いをしない状態で別れ話をすると、自分の中では納得ができても相手からすると全く納得ができないこともあります。

話し合いで別れたい理由を説明し、相手に納得できるかを聞いてみることも大切なことの一つです。

お互いが納得した別れ方をすることが重要だからこそ、相手が納得してくれるまで話し合ってみるのも良いでしょう。

まとめ

別れ話をする時にサッパリした別れ方ができたら良いですが、話し合いをして初めて相手に納得してもらえる場合もあります。

自分の中で場所や内容を固めたら、相手に話し合いをしたいということを伝えてください。

sponsored link add







別れ話をするために話し合いは必須!場所や内容はどうするべき?