別れ話をされたけど別れたくない…。どうするのが正解なの?

sponsored link







自分は上手くいっていたと思っていたのに恋人から突然別れ話をされることもありますよね。

そのような時には、素直に別れるべきなのか、チャンスがあるなら考え直してもらうべきなのか混乱してしまう人も多いでしょう。

別れ話をされて別れたくないと思った時に取るべき行動や、その時の考え方のヒントから正解を探していきましょう。

別れ話をされた時には冷静になろう

別れ話をされた時には、冷静になれなくなってしまう人が多いのも事実です。

そのような時に相手を責めたり、騒いで何とかしようとすると余計に相手が冷めていくスピードが上がってしまうので要注意です。

別れ話をされた時には別れたくないと思ってもまず冷静になり、相手の話をしっかりと聞きましょう。

その上で自分の思っていることを述べれば、綺麗な別れ方ができたり場合によってはやっぱりやり直そうという結論になる可能性もあります。

別れたくない時にするべきこととは

当たり前ですが、別れたくない時にすることはただ別れたくないと相手に訴えることではありません。

なぜなら、相手が別れ話をしてきた時点で相手はいい加減な気持ちで別れ話をしてきたのではなく、それなりに決意を固めて別れ話をしてきているからです。

相手から別れ話をされて別れたくないと思った時にするべき2つのことについて、ご説明します。

①
相手が別れたい理由を探る

まずは相手がなぜ自分と別れたいと思っているのか、その理由を探っていく必要があります。

別れ話をされるのには大きく分けて相手側に問題がある場合と、自分側に問題がある場合があります。

相手側の問題としては、例えば他に好きな人ができたり就職活動に集中したいというような場合があります。

逆に自分側にある問題としては、だんだん見えてきた欠点を相手に受け入れられないと思われてしまったり、価値観が違うと思われる場合などです。

自分が好きな相手に別れたいと言われたら頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、まずは相手の話を聞いて何が原因で別れたいと言われたのか、その原因を探っていきましょう。

②本当に修復不可能かを客観的に判断する

相手に別れ話をされた時に別れたくないと思ったら、まずは相手が自分と別れたい理由を聞いて本当に修復できないほどのことなのかを考えていきます。

この時にあまり感情的になり過ぎると冷静な結論が出せなくなってしまうので、できるだけ言われたことを客観視してみましょう。

告白された時と同じように相手に少し時間をもらって、周りの人に相談してみるのもおすすめです。

別れたくない時には相手に伝えるべき?

別れ話をされた時、別れたくないと言えば相手に嫌われてしまうかも…と思う方も多いのではないでしょうか。

別れたくないことは相手に伝えるべきなのか、伝える場合にはどのように伝えるのが良いのか、3つのパターンを参考にしてみてください。

①伝えて相手の反応を見る

別れ話の時に相手に別れたくないということをハッキリ伝え、相手がどう思うかをきちんと知ることは後々後悔が少なくて済むので良いでしょう。

自分から話をした時の相手の表情や雰囲気を見れば、本当にやり直すことができないのかが何となく伝わってきます。

そこで相手が別れ話を撤回してくれる可能性もあるので、言ってみる価値はあります。

場合によってはお互いの今までの不満を伝え合うことができて、より仲が深まることもあります。

②距離を置くことを提案する

相手に別れたくないということを伝え、いきなりやり直すのではなくまず距離を置いてみないかを提案するのも一つの方法です。

これは、就職活動などで相手に余裕がなくなった時などに有効です。

ただし、相手が早く関係を終わらせたいと考えている場合には受け入れてもらえないこともあるので要注意です。

③相手の意思を尊重して別れる

別れ話をされた時点でその相手とは縁がなかったんだと思うこともありますよね。

相手としっかり話して納得ができれば、最初はショックでもずるずる引きずることにはならないはずです。

相手の意思を尊重することで綺麗な別れ方ができて、自分も相手も恋愛のトラウマを起こさずに次に進みやすくなるでしょう。

まとめ

別れ話をされて自分は別れたくない場合、こうするのが正解という答えはありません。

なぜなら、それはその相手や相手の気持ちにもよるからです。
お互いのことを考えて良い結論が出せるように、最後まで相手と話し合ってみてください。

sponsored link add