気まずくて周囲が気になる…。別れ話をする場所はどこがいいの?



sponsored link







別れ話をするのは告白をするのと同じくらい緊張するものですよね。

真剣に付き合ってきたなら、少しくらい気まずい思いをしてもやはり電話やlineではなく直接会って別れ話をするべきです。

その時に悩むのがどこで別れ話をしたら良いかという場所です。

別れ話をするべき場所と、ここでは別れ話をするべきではないという場所をご紹介します。



別れ話は直接するのがベスト

別れ話をする時は相手に気持ちがなくなった時だからそれほど誠実な対応をしなくても良いと考えている人もいるかもしれません。

しかし、電話やlineで一方的に別れ話をしたり自然消滅を狙うなどの不誠実な対応をした時には、相手に納得してもらえなかったり恨まれてしまう可能性もあります。

交際相手がクラスメイトだった時にはもっと最悪なことに、大学の中であることないこと言われて悪い噂が回ってしまい、自分が居づらくなってしまうかもしれません。

別れ話をするのは気が進まないかもしれませんが、次に進むためにも相手が納得できるような形にしましょう。

別れ話をする時に選ぶべきではない場所

別れ話はただ直接すれば良いという訳ではなく、大事な話だからこそ場所選びも重要です。

ここで別れ話をするべきではないという3つの場所を押さえておきましょう。



①大学やアルバイト先など共通の知り合いが多い場所

大学やアルバイト先などで知り合った相手との別れ話で、共通の知り合いが多い場所を選ぶべきではありません。

確かに別れ話をするつもりなら休日にわざわざ出掛けた先で言うのは嫌だなと気が重くもなるでしょう。

それでも、誰かに聞かれたら困る内容ですし、話し始めた時には誰もいなくても途中で誰かが通りかかる可能性もあります。

周囲をチラチラ確認しながら別れ話をするのも不誠実な行動に見えるので、最初から聞かれたくない相手がいる可能性のある場所は避けましょう。



②人が多い場所

人が多い場所はガヤガヤしていて、内容を聞かれにくいメリットがある一方で相手の声を聞き取りにくいデメリットもあります。

別れ話をするような時には自然と声のトーンを落とすので聞き取りにくいのは困りますし、だからと言って大声で別れ話をするのも嫌ですよね。

真剣な話をしているのに落ち着きがない場所を選ぶと失敗したと感じる可能性もあるので、ある程度落ち着いて話せる場所を選んだ方が無難です。

③2人の思い出の場所

別れ話をする時でも最後に思い出を作りたいと思う人もいるかもしれませんが、2人で今まで行って楽しかった場所を選ぶのは良いことではありません。

最悪の場合、その場所に行くとトラウマになって嫌な思い出を思い出してしまうかもしれないので、楽しい場所や2人の思い出の場所を別れ話をする場所として選ぶのはやめましょう。

別れ話をする時におすすめの場所

逆に、別れ話をするにはどこを選べば良いのでしょうか。

迷っているという方はおすすめの3つの場所を参考にしてみてください。

①個室の居酒屋

居酒屋はある程度人の声があって自分たちの話し声は目立ちませんが、個室であればしっかりと2人で話している内容は聞こえます。

別れ話をするにあたって周囲に顔を見られていると思えば気まずいですが、個室ならその心配もないですよね。

別れ話をするのはタイミングを掴むのが難しいですが、食事をする場合はその場にいる時間も長いので心の準備をしてから切り出すことができますよ。

②どちらかの家

周囲に絶対に聞かれたくない場合には、どちらかの家でも良いでしょう。

ただし、実家だと家族に聞かれる可能性もありますし、一緒に家に行けば交際が順調だと思われてしまうかもしれません。

別れ話をする場所として家を選ぶ場合には、1人暮らしをしている方の家に限定することをおすすめします。

③公園

別れ話を短時間で終わらせたいなら、公園を選んでも良いかもしれません。

公園は遊具がある場所は賑やかでも、ベンチ付近は意外と静かだったりします。

そして、夜の公園はほとんど人がいないので大事な話をするチャンスでもあります。

落ち着いて話ができる場所でもあるので、ゆっくりと話をして自分の本音を伝えるのにもピッタリです。

まとめ

別れ話は普通の話とは違うので、相手のためにもきちんと場所を選ばなければいけません。

また、自分が落ち着いて冷静に話をするためにも、今回ご紹介した避けるべき場所は選ぶのをやめて、静かで落ち着いた場所を選ぶような配慮が大切だということを頭に入れておきましょう。

sponsored link add