別れ話をされたけど仲直りしたい!やり直すための方法って?

sponsored link







今まで順調に交際してきたと思っていた相手から別れ話を切り出されてしまうとつい動揺してしまでしょう。

一度は別れ話をされたけれどまだできることならやり直したいと思っている方のために、仲直りできるかの判断の基準や仲直りをするためにはどうするべきかといったポイントをご紹介します。

別れ話には即答するべき!?

突然別れ話をされると頭が真っ白になってしまうという方も少なくないでしょう。

自分も上手くいっていないと思っていてそろそろ別れて次の相手を探すべきかもしれないと思っているなら事情は変わってきますが、そうではない場合にはなぜ別れ話をされたのかがわからずに混乱してしまう可能性もあります。

相手から別れ話をされたら受け入れるしかないと思ってしまいがちですが、本当に受け入れてしまって良いのかは少し考えた方が良いかもしれません。

なぜなら、本当に別れても良いと思ってOKする場合は別ですが、一度相手に従って受け入れた上で仲直りすることにしたい場合には不利になってしまうかもしれないからです。

相手は別れ話をしてOKがもらえた時点で新しい出会いに向けて気持ちが動いているかもしれないので、その後から復縁したいと思ってもできない可能性が高くなります。

一度冷静になって最終的に仲直りがしたいと思ったら、別れ話に即答でOKせずに少し考えさせて欲しいということを冷静に伝えるのがベストです。

別れ話をする時に仲直りできるかのポイントとは

別れ話をする時に相手の決意が固ければ、いくら自分が仲直りをしたいと言っても無駄になる可能性もあります。

別れ話をする時に仲直りができるかの3つのポイントを参考にしてみてください。

①相手が別れたい理由が改善できる原因であるか

まずは相手が別れたい理由が自分として改善できる原因であるかということです。

例えば、些細な喧嘩の勢いで相手が別れ話をしてきた時には後からお互いに冷静になって仲直りすることもできるでしょう。

しかし、価値観や金銭感覚の違いで相手がずっと合わないと思っていたり、親からの強い反対があった時などは仲直りしてやり直すという訳にはいかないかもしれません。

まずはその原因を相手にしっかりと聞いて、やり直せるかを客観的に判断してみてください。

②お互いに相手に気持ちがまだあるか

仲直りできるかの基準は、お互いに少しでもやり直したいかという気持ちが残っているかによって左右されます。

ここで相手に仲直りしたいという気持ちが全くなければ、仲直りすることは難しくなってしまうでしょう。

相手の言葉や表情から本当は相手がこう思っているということを読み取ることができれば、別れ話をしている時でも仲直りできるかが自然と見えてくるはずです。

もちろん、別れるきっかけが価値観が合わないなどの理由だったとしても、気持ちが残っていればやり直す方向に話が進む可能性もゼロではなくなります。

③相手が自分の話を聞いてくれるか

相手が自分の話を全く聞かずに一方的に話を終わらせようとするなら、別れ話は良くない方向に進んでしまう可能性が高いでしょう。

ただし、自分の話を聞く姿勢が相手にあるならまだチャンスが残っていると考えて良いでしょう。

自分の気持ちを伝えて相手の気持ちを動かすことができれば、仲直りをして復縁することも可能なはずです。

別れ話後に仲直りするためには自分の気持ちを伝えることが大事

別れ話後に仲直りをするためには、まずは相手の話を聞いてその後に自分はどう思っているかをきちんと伝えることが大切です。

この時に別れ話をされたからと言って切れてしまったり、思っていることを何も伝えられないままだと復縁するどころか綺麗な別れ方をすることはできないでしょう。

相手の意思を尊重することも大事ですが、しっかりと相手と話し合う姿勢を作ることが大切です。

まとめ

別れ話をされた相手と仲直りをするためにはタイミングがずれないようにすることと、相手の気持ちを確かめることが重要です。

実は相手も勢いで言っているだけで本当は別れたくないという可能性もあるので、相手が本当はどう思っているのかということを探りつつ、仲直りに話を持っていけると良いですね。

sponsored link add