直接会うと伝えにくくなる別れ話を電話でするのってアリなの!?


sponsored link







別れ話をしたいと思っているのに、直接会うとなかなか切り出せないということもありますよね。

そのような時に便利なのが電話で、電話を使って別れ話をしている人も多くいるでしょう。

ただし、相手によっては電話での別れ話を良く思っていないこともあるので気を付けてください。

電話で別れ話をするメリットと、不誠実だと思われてしまう理由をご紹介します。

別れ話を電話で伝えるメリットとは

別れ話を電話で伝えたいという人は、電話で伝えることにメリットを感じているのではないでしょうか。

まずは直接言うべき別れ話を電話で伝える3つのメリットを見ていきましょう。

①本題に入りやすい

直接会って言う場合にはどのタイミングで言えば良いかがわからなくてつい気まずくなってしまう別れ話も、電話だと比較的言いやすいですよね。

それは、わざわざタイミングを見計らって言う訳ではなく電話は用があってかけるものなので本題に入りやすいからです。

用件だけ伝えられる電話は、別れ話だけして終わらせたいと思う人には魅力的なものなのかもしれません。



②相手の表情がわからないから言いやすい

直接会うと相手の表情を見て別れ話をしようという気持ちが揺らいでしまう可能性もあります。

ずっと付き合ってきた相手だからこそ情が湧いて別れ話を切り出せなくなることもあるので、顔を見たら言いにくくなりそうだと思って電話を選ぶような人もいるでしょう。

別れ話を電話でするのが不誠実だと思われる理由
電話で別れ話をするのは楽なことではありますが、それと同時に不誠実なことだと感じて不快に思われてしまうこともありますよね。

別れ話をする側はそれで良いと思っていても、される側が電話での別れ話を嫌がる理由は何なのでしょうか。
代表的な3つの理由を解説します。

1.電話だと一方的に感じる

電話は別れ話をする側は心の準備ができていても、される側は何の準備もできていない時にかかってきます。

また、直接会った時なら引き止めて話を続けることができますが、電話は話がまとまらなければ切ることもできるために一方的過ぎると感じる人もいます。

急に別れ話をされた時には冷静になる時間もないので、対等になれないと感じる人も多いのです。

2.今までの交際が軽いものに感じる

比較的短時間で別れたいという用件を伝えるのみの電話では、今までの交際そのものが軽いものだと思えてきてしまいます。

別れ話をされる側の交際への真剣度が高かったり交際期間が長いほど、裏切られたという思いが強くなります。

相手を傷付けないためにも、最後は電話を選ばずに誠実な対応を心掛けてください。



3.相手の本音がわかりにくい

電話だと相手の本音の部分が伝わりにくいというデメリットがあります。

例えば、自分も本当は別れたくないと思っているのに事情があって仕方なく別れたいと言うような場合で相手がすんなりOKすることもあるでしょう。

そのような時、相手は何か言いたいのに顔が見えないからこちら側の考えていることがハッキリと読めなくて本音を読み取れず、こちら側の別れたい気持ちが固まっているというように判断してそのまま別れる方向で話がまとまる可能性も高いです。

お互いの本音がわかりにくい電話だと話が良い方向に向かうことはないので、本音をわかって欲しいと思う別れ話の時こそ、電話は避けるべきです。

別れ話をする時は電話ではなく直接会って言おう

別れ話をする時に電話はナシではないですが、おすすめなのはやはり直接言うことです。

最後の別れ話で電話を使うのは寂しい気もしますし、誠実な対応とは言えないからです。

直接会って別れ話をするのは多少気まずいことではありますが、納得がいくまでお互いの顔を見て話し合うことができるので別れるという結論になったとしても気持ちとしてはスッキリしているはずです。

忙しくてなかなか時間が合わないから電話で済ませたいという方もいるかもしれませんが、最後なので多少は無理をして時間を作って相手に思っていることを伝えるべきです。

まとめ

別れ話をする時は電話でなく直接会って伝えるのが基本となりますが、もちろん例外もあります。

その例外となることは遠距離恋愛をしていて直接会うタイミングがなかなか掴めない時などです。

そういったパターンを除けば直接言った方が絶対に良いので、極力電話で別れ話を済ませることは避けてください。

sponsored link add