相手を更に傷つけないためにも”もう無理”だと感じたら別れ話をしよう

相手を更に傷つけないためにも”もう無理”だと感じたら別れ話をしよう

sponsored link







今まで交際を続けてきた相手に対して別れ話をしようとするのはつらいことですよね。

それでも、気持ちがないのに付き合い続けることは相手を更に傷つけて前に進めなくしてしまいます。

だからこそ、別れ話は自分がもう無理だと感じた時にするのがベストなのです。

一方的に別れ話をしようとするのはダメ

別れ話をしようとする時にやってはいけないのは、相手の言い分を聞かずに一方的に別れを告げることです。

別れ話で後味が悪くならないためには、話し合いをすることが大切です。

話し合いをしたとしても別れ話をしようと決めた時点で結果は変わらないのかもしれませんが、それでも相手の言いたいことを受け付けない姿勢を作ってはいけません。

交際をしている時はもちろん、別れ話をしようとしている時でも対等な関係でいることを心掛けてください。

別れ話をしようと思ったきっかけを整理して

交際期間には関わらず、別れ話をしようと思ったのには必ずそのきっかけがあるはずです。

相手になぜ別れたいかの説明を求められた時にもきちんと答えられるように、その理由を整理しておきましょう。

①見た目がタイプではない

見た目がタイプではないのにとりあえず付き合うというのは意外とよくあることです。

若い時には理想が高くなりがちですが、逆にまだやり直しがきくからと言って自分のタイプではないのに付き合ってしまうような人もいます。

とにかく恋愛がしたかった、性格は良いし付き合ってみなければわからないからと相手に期待して付き合い始めるパターンは少なくありませんが、失敗するケースも実は多いです。

そして、見る度にやっぱり好きになれないと感じて、別れ話をしようと決意する人も意外とたくさんいます。

②性格が合わなかった

結婚前提というよりは恋愛がしたくて交際する20代前半の男女に多いのが、見た目重視で付き合ったけれど性格が合わなかったというパターンです。

顔はどんなにタイプでも見慣れてきますが、性格は合わないと慣れるどころかイライラが大きくなってきます。

悪いところは直してもらえば良いですが、根本的な性格や考え方が合わない場合は付き合いを継続するのは難しいでしょう。

③生活リズムが合わない

例えば大学生同士なら生活リズムは合いやすいですが、相手が社会人だったりすると生活リズムが合わなくなってしまうこともあります。

すれ違いが起こると別れ話をしようという気持ちになってしまいますよね。

学生と社会人が上手く付き合っていくのは意外と大変なことなので、限界がきたら別れを検討する時なのかもしれません。

別れ話をする時には慎重に

別れ話をしようと決めたら、慎重になって相手と話し合う必要があります。

一番やってはいけないことは無理だと思っても我慢し続けることで、それをすることで不満が爆発して最悪な別れ方をすることになるかもしれません。

3つのポイントを押さえることによって、できるだけ相手を傷つけないようにすることが大切です。

①別れ話をする場所を選ぶ

別れ話で重要なのは場所選びです。

限界が来て勢いで別れ話をしようとすると場所も選ばずにその場で言ってしまいがちですが、相手に対する思いやりがあるかがわかるのは場所だったりします。

別れ話をする時にはどちらかの家を選ぶか、外なら静かすぎずうるさすぎない場所を選んでください。

②タイミングを間違えない

別れ話をする時には緊張してタイミングを掴むことが難しいですが、”今言う”と決めたタイミングで言うことが重要です。

タイミングが悪いと相手を傷つけたり誠意のない人だと思われるので、別れ話をすることが大事だと思ってもタイミングを逃した場合には次の言うべきタイミングが来るまで待ちましょう。

③事前に共通の友人にも相談や報告をしておく

相手が大学のクラスメイトやバイト先の仲間だったりした場合、周りの数人に事前に相談や報告をしておくようにしましょう。

これをやっておかないと別れ話をした後に相手に都合の良い噂を流されてしまうかもしれません。

事実を知っている人を数人作っておくことが大切ですが、話が先に広まってしまっても困るので相談をする相手は自分と仲の良い数人に絞っておくのが良いと言えます。

まとめ

別れ話をしようと思ってもその話の中で相手を傷つけないようにするなど、振る側も色々とストレスを抱えてしまいますよね。

別れ話をしようと決めたら、事前に準備をしてお互いができるだけ傷つかない方法で伝えるようにしてください。

sponsored link add







相手を更に傷つけないためにも”もう無理”だと感じたら別れ話をしよう