別れる決意が揺らぎそう!別れ話で相手が泣く時にはどうするべき?

別れる決意が揺らぎそう!別れ話で相手が泣く時にはどうするべき?

sponsored link







別れ話をすると相手が泣くことも考えられますよね。

泣く理由としても色々なことがありますが、泣かれたからと言って自分が出した結論を変えることになってもダメです。

別れ話で相手が泣く時にはどのように対応すべきかをご説明します。

別れ話をしたら相手が泣くこともある!

まずは、別れ話=相手が泣く可能性があるということをしっかりと頭に入れておきましょう。

そして、泣かれてしまった時に自分の考えがブレたり思い通りにいかなくて相手のことを面倒だと思わないためにも、きちんと対応を考えておくことが大切です。

特に、まだ完全には大人になりきれていなくて交際経験も浅い人が多い20代前半では、恋愛をしていく中で泣くことも多いです。

別れ話をした時に相手が泣いてしまったらそれだけ自分を本気で好きでいてくれたんだなとポジティブに考えて、良い形で交際を終わらせる努力をしたいですね。

別れ話で泣く理由って何?

別れ話で泣くと言ってもみんなが同じ理由で泣いているとは限らないですよね。

相手が泣く3つの主な理由をご紹介します。

①本当に相手を好きだったから

泣いてしまう理由で最も多いのは、相手のことを本当に好きで本当は別れたくないと思うからです。

別れる=友達に戻るという人もいますが別れると相手と二度と連絡を取らない人もいますし、どちらにしても今まで通りの関係は解消しなくてはいけません。

そういった意味で、今までと同じ関係でいたいと思った相手が泣いてしまうのも理解できますよね。

②想定外のことだったから

別れ話をされて泣く理由には悲しいからということもありますが、想定外のことを言われてびっくりして泣いてしまうこともあります。

そのような時には気持ちの整理がつかず、自分でも無意識のうちに泣いてしまう人も珍しくありません。

もちろん、別れ話に驚いて泣くような時でも既に気持ちが冷めていたら涙は出ないはずなので、別れたくないという気持ちの表れであることには間違いありません。

③泣くことで別れないで済むと思っているから

別れ話で泣くのは気持ちが抑えきれない場合が多いですが、中には確信犯として泣くような人もいます。

そのような人は泣けば別れないで済むかもしれないと思って泣くのですが、中には嘘泣きをする人もいるので要注意です。

泣かれて別れたくないと言われても取り乱すことなく、冷静に話を進めていくことがポイントです。

別れ話をする側が泣いてしまうことも

大丈夫だと思って別れ話をしても、別れ話をする側が泣くことも稀にあります。

相手に別れ話を切り出されたのに相手が泣いて理解ができないという人は、2つのポイントを参考にして相手の気持ちを理解してあげてください。

①今までの楽しかったことを思い出して

今まで交際をしていて楽しかったことを思い出すと、別れを告げられる側だけでなく別れ話をする側でも泣いてしまうこともあります。

そういった場合にはどうしても別れて欲しいというネガティブな気持ちが泣くという行動に繋がった訳ではなく、別れ話をしていく中で感情がつい乗っかってしまった可能性が高いです。

したがって、別れ話をされる側も泣いてしまった相手に対して困惑するのではなく、共感することが大切です。

もちろん、別れ話をされる側の自分もつらいのですが、それを見て冷めたり自分側の気持ちに立って考えて欲しいと思うようなことはできるだけ避けたいですよね。

場合によっては一緒に泣くことでお互いがスッキリとした気持ちで別れられるかもしれません。

②別れ話をすることがつらいから

今までの良い想い出よりも相手への罪悪感が勝ってしまってそれが泣く原因になることもあります。

相手と本気で付き合ってきたからこそ感じる申し訳なさが泣くという行動に出ているだけなので、その気持ちを受け止めてあげましょう。

別れ話をする側も相手のことが嫌になったからということが別れ話の100%の原因ではないはずなので、つらいという気持ちも持っているはずです。

まとめ

別れ話を冷静にできるカップルもいれば、泣くなどその感情が表面に出てしまう人もいます。

そのような時でも相手や自分が泣いてもしっかりと自分の考えを伝えられるようにすることで、後味の悪い別れにはならないでしょう。

泣いてしまったとしても最後まで取り乱すことなく、自分の思っていることを全部相手に伝える努力をしてください。

sponsored link add







別れる決意が揺らぎそう!別れ話で相手が泣く時にはどうするべき?