別れ話をするために会うことは必要!?お互いが納得する別れ方とは

別れ話をするために会うことは必要!?お互いが納得する別れ方とは

sponsored link







今は別れ話をするのに電話やlineなど色々な方法がありますよね。

別れ話をするための方法を選べるのは良いことでもあるのですが、逆に直接会うことを選ばなくなっている人が増えていることを意味しています。

お互いが納得のいく別れ方をするためにも、別れ話をする時に直接会うことは必要なのかを考えてみましょう。

別れ話のために会うのは気が重い!?

別れ話のために相手に会うのは気が重いことですよね。

長く付き合ったカップルほど相手には別れない自信があり、その安定感が別れ話をしにくくしてしまいます。

当然のように直接会う=いつも通りのデートだと考えている人も多いので、逆に別れ話はlineや電話でした方が相手に与えるダメージも少ないのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、実際には会うという方法を取らないで別れ話をすることが更に相手を傷つけたり、今までの交際を軽いものに変えてしまうこともあるということを忘れてはいけません。

どんなに気まずい思いをしても直接会うことや、その時に勇気を出して別れ話をすることは大切なことなのです。

別れ話のために会うことで相手からの印象もアップする理由

別れ話をするために会うことは、相手に不信感を与えて別れることにはならないといった意味で、相手からの印象も悪くなりにくいと言えます。

本来ならつらい直接会って別れの言葉を聞くことがポジティブに捉えられる理由をご説明します。

①これまでの恋愛の本気度が伝わる

今付き合っている相手と別れたいと思った時に一番やってはいけないことは自然消滅を狙うことやブロックをすることですが、もちろんそれだけではありません。

lineや電話で手軽に交際を終わらせることも人によっては良いこととは思えず、自分は相手にとって本気の相手ではなかったのかなという気持ちにさせられてしまうようなこともあるでしょう。

直接会うことは相手が自分にとって本気の相手だったということを示すためにも有効なことです。

別れ話をするのだから本気度を伝える必要はないと思うかもしれませんが、これは自分自身の今後の恋愛に影響したり相手に今まで遊ばれていたと勘違いされないためにも必要なことなのです。

②未練なくスッキリと別れられる

電話やlineで別れ話をすると後味が悪い感じになってしまい、何となくモヤッとした気持ちが残ってしまいますよね。

例えばこれによって相手が納得がいかないと思っていた場合、相手には未練が残るかもしれません。

直接会う場合も会わない場合も自分に気持ちが残っていなければ復縁することにならないのはわかっていますが、それでも直接会って別れ話をしなければ納得できないと考えている人が多いのは事実です。

相手に未練が残ると就活や勉強に対してやる気が起こらないなど相手のメンタルや生活に影響を及ぼすことも考えられますし、最悪の場合は相手がストーカー化してしまいます。

ストーカーになってしまえば、直接話すことで解決することが更に難しくなってしまう可能性もあります。

他にも、自分の周りの人たちにひどい振られ方をしたなどあることないこと言われて、その後の対応に苦労することになってしまうかもしれません。

だからこそ、直接会うことで別れ話をしてお互いが未練のない状態でスッキリと別れることが大切だと言えます。

別れ話のために会う時間は作るべき

別れ話をするのにわざわざ会うのはちょっと面倒だと感じる人もいるでしょう。

そのような人がやりがちなのがlineなどの簡単な方法で別れを告げることなのですが、良い別れ方をするためには別れ話をするのに会う時間を作らなくてはいけません。

コミュニケーションを取ったり説明をするのにも直接会って話をするのが一番わかりやすいですし、実は直接会うことはストレスが溜まるようで一番ストレスのない別れ話ができる方法だと言えます。

すれ違いが原因で別れ話に発展するカップルもいるかもしれませんが、別れ話のために会う時間は積極的に作るようにしてください。

まとめ

相手を納得させるためにも別れ話をする時には直接会うことが重要です。

なぜなら、会ってこそ話し合いがきちんとできますし、お互いが対等な立場で別れ話をしていけるからです。

lineなどではつい別れ話だけで話が終わってしまうのですが、直接会う場合には最後にお互いに今まで付き合ってきたことについて感謝の気持ちを述べられたら良いですよね。

sponsored link add







別れ話をするために会うことは必要!?お互いが納得する別れ方とは