就活で”夢”を聞かれる理由と人事を唸らせる答え方

就活で聞かれる夢について

「最近の若者は夢や野心、目標がない」と言われていることが多くあります。「あなたの夢はなんですか?」と聞かれても、はっきりとした答えを返すことができる人はなかなかありません。

ですが、就活においては「あなたの夢を教えてください」と聞かれることが当然のようにあります。そんな時に自分なりの考えを答えることができないと、面接で好印象を与えることができません。

そこで今回は、「面接でそもそも夢を聞かれる理由」「上手な夢の伝え方」、そして「夢を見つけるための方法」について解説をしていきたいと思います。

就活で”夢”を聞かれる理由は?

そもそもどうして就活で夢を聞かれるのでしょうか?大きく分けて以下の3つの理由があると考えられます。

  • 将来を見据えているのかどうかを知りたいため
  • 本当に明確な”夢”を描いているのか知りたいたいめ
  • その”夢”と会社がマッチしているのかを判断しているため

こちらについて解説をしていきます。

将来を見据えているのかどうかを知りたいため

企業にとって、仕事をする上で「成果から逆算をして行動することができる学生」は喉から手が出るほど欲しい人材です。

だからこそ、将来の夢を抱いていて、それに向かってどのようなステップを踏めばいいのかを理解できている人は、とても魅力的な人材です。

本当に明確な”夢”を描いているのか知りたいたいめ

その夢は本当に明確なものなのか、それともとりあえず就活用で作った夢なのか、はたまた大まかに立てた目標なのか。

どれも悪くはないのですが、せっかくでしたらある程度明確な目標を持った学生の方が、企業からしても欲しくなる人材です。

大きな目標を抱いている人が会社にいれば、強力なリーダーシップを発揮したり、周りに良い影響を与えることができる可能性があります。だからこそ、その人が掲げている夢がどの程度の物なのか、そしてどれくらい明確な物なのかを知っておきたいことは当然のことなのです。

その”夢”と会社がマッチしているのかを判断しているため

また、何でもかんでも夢を抱いている=企業が欲しがるといったわけではありません。もしかしたら学生が大きな夢を抱いていても、それを面接を受けている企業で叶えることが困難なケースもあるためです。

会社からしてみても、「うちの会社ではその夢を叶えることは難しい」と判断した学生に入社してもらうことは、あまり良い選択ではありません。

夢を抱いている=高評価といったことは一概には言えないのです。

”夢”を上手に伝えるには?

次に面接中に夢を聞かれた時にどのように答えれば良いのかわからない学生だっているはずでしょう。その際のコツとしては以下の2つが鍵になります。

  • 自分の過去の体験と”夢”を結び付けられているか
  • ”夢”を達成した先を伝える

自分の過去の体験と”夢”を結び付けられているか

夢を抱いている=何かしら過去の経験からもたらした物です。それをはっきりと答えられない学生は、企業からしたら「理由がないのに答えているのか…」と思われてしまって当然です。

「過去に◯◯といった経験から、△△をすることに喜びを感じました。だからこそ私は□□といった夢を抱いています。」これぐらい理由と結論に一貫性がないと、面接官を納得させることはできません。

”夢”を達成した先を伝える

夢を達成して、その後に待っている自分のことを述べましょう。ただ夢を叶えて、そこで終わりではなく、それを達成した後に起こる自分の状況を述べることができれば高評価につながります。

例を挙げると「お金持ちになりたい」で終わるのではなく、「お金持ちになって◯◯になりたい」といったような一歩先の理想像を答えることが大切です。

就活における”夢”の答え方

基本的に、面接で夢を聞かれた際の答え方のステップが存在します。

上記の通り、4つのステップがあるのですが、これらについて触れていきたいと思います。

  • どんな”夢”があるのか結論から答える
  • その”夢”を抱くようになった経緯を答える
  • ”夢”を成し遂げるために会社に入ることが選択肢になることを答える
  • ”夢”を成し遂げるためにどういった努力をしていきたいのかを答える

どんな”夢”があるのか結論から答える

どんなことも結論ファーストが重要です。最初に結論を話すことで、「それではその理由は?」となるため、次に説明をする際に答えやすくなるのです。

その”夢”を抱くようになった経緯を答える

「どうしてその夢を抱くようになったのか」これがないと論理が破綻してしまいます。

自分の過去の経験などから、どうしてそう思うようになったのかを答えることができるようにしておくことは、とても大切な要素になるので覚えておきましょう。

”夢”を成し遂げるために会社に入ることが選択肢になることを答える

「その夢を叶えるためには御社に入社することがステップアップの一つになります。」これをしっかりと答えることができれば、「なるほど。しっかりとうちに入りたい理由があるんだな」と感心されます。

意外と忘れがちですし、答えることができる学生は多くありません。会社に入ることを「夢や目標を成し遂げるための手段」とすることができればとても良いはずです。

”夢”を成し遂げるためにどういった努力をしていきたいのかを答える

「私は御社に入って、◯◯を努力していきたいです。そしてそれを夢を叶えるためのステップとしていきたいと考えています。」

「では会社に入ってどうしていきたいのか」を答えることができれば、どんな形で会社に貢献していけるのかを答えることが出来ます。結局会社からしてみても「その学生が入社することで、将来的にどういった貢献をしてくれるのか」を知りたいものです。

これをある程度アピールすることも重要でしょう。

”夢”が無い人はどうすればいいのか?

「そもそも自分には夢がない」といった学生だってたくさんいるはずです。正直なところ、「夢を考えるぞ!」と言い始めて、いきなり夢を確定できるはずがありません。

そのため、まずは「消去法で夢・目標を生み出す」すといったオススメの方法について解説をしていきます。

ちなみにステップとしては、以下の二つを行うことで問題ありません。

  • 「こんな風にはなりたくない」を考える
  • 消去法の末、”夢”を一つ決めてしまう

「こんな風にはなりたくない」を考える

一つ目のステップとして、「自分がなりたい理想像」ではなく、「自分がなりたくない像を考える」ことがオススメです。

やりたいことなどがなくても、反対に「やりたくない事」をイメージするだけで、ある程度選択の方向性は見えてくるものです。

消去法の末、”夢”を一つ決めてしまう

どんどんやりたくない事を消しておくと、「あれ、これだったらやってもいいかも」もしくは「こういう目標だったら一旦定めてみても良いかも」と思えるタイミングが来ます。

不思議なもので、実はやりたくない事を理解しておくと、自然とやりたい事や理想が見えてきます。一旦はそれを目標・夢と仮定して、達成するためにどういった企業の選考を受ければいいのかを考えてみてください。

”夢”はいつか変わってくるもの

ここまで夢について触れてきましたが、一つ覚えておいて欲しい事があります。夢は自分がいろいろな経験をしていく事で、変わってくるものです。

自分の経験値が増えると、できる事も増えてきて結果的に夢も変わってきます。就活の間、一旦は夢を仮置きしていつかその選択肢が増えてくるタイミングを待つ事も一つの選択肢かもしれませんね。

就活原点

就活で聞かれる夢について