就活の面接で緊張する人のためのほぐし方・克服法

就活中の面接はどうしても緊張してしまうものです。

「落ちたらどうしよう」、「内定が全然決まらない」、「緊張なんてしたら面接官に悪い印象を与えるんじゃないか」など、色々な思いがそれぞれあるはずです。

今回は、就活生が面接で緊張してしまう事に対して面接官はどのように感じているのか、そして面接中に緊張してしまう対処法について触れていきたいと思います。

目次

面接で緊張するとマイナス印象を与えるのか?

まず、面接中に緊張をすると面接官は学生に対してどのような印象を抱く事になるのでしょうか。

面接で緊張しても悪い印象は与えない

結論から言うと、緊張をしていても面接官は特に悪い印象を抱く事はありません。

「この学生は緊張しているんだな」と感じるだけで、その中でいかにパフォーマンスを発揮する事が大切です。

面接で緊張しない人の方が少ない

実は面接で緊張をしない学生なんてほんの一握りです。

緊張をしない人の特徴として、おそらくよっぽどその企業に興味がなく適当な気持ちで面接に臨んでいる人か、かなりの面接の数をこなしているような面接に慣れてしまっているような人です。

特に緊張をすることに対して、マイナスなイメージを持つ必要はないでしょう。

面接で緊張して失敗しても次に生かしてみよう

「緊張して何も話せなかった…。」きっとこのような失敗経験をしてしまった人もいると思います。

ですが大切なことは、その失敗を失敗と捉えないようにすることです。

「失敗した。ダメだった…。」と嘆くのではなく、「今回は失敗してしまったけど、この経験を次の面接に生かしていこう!」とポジティブに考えることが大切です。

緊張をしないようにすると余計緊張してしまう

「緊張しちゃダメだ。緊張しちゃダメだ。」面接で緊張しすぎてしまう人は、自分の中で考えすぎてしまう特徴があります。

上記でも触れましたが、緊張自体は悪いことではありません。

緊張をしないようにと考えすぎてしまうと、かえって緊張をしてしまうため、あまり意識をしすぎないようにしておくことが大切です。

面接前に緊張しなくなる方法

緊張をすることは悪いことではないと言っても、可能であればその緊張を最小限に抑えたいと考えることが当然です。

ここからは、緊張をなるべくしないようにするための工夫について解説していきたいと思います。

面接前に緊張しなくなる方法①:深呼吸をしてみる

まずは「深呼吸をしてみる」ことが大切です。

基本的なことかもしれませんが、緊張をしているときは、呼吸が通常よりも浅くなっているときがあります。

それによって、脳に酸素が回らなくなり、頭がぼーっとしていることにつながります。

しっかりと深く息を吸って吐いて、頭の中を活性化させましょう。

面接前に緊張しなくなる方法②:体を伸ばしてみる

緊張をしているときは体が硬くなり、縮こまってしまうときもあります。

そんなとき立ち上がってしっかりと体を伸ばしてみてください。

休憩中などにトイレに行ったり、会場に入る前に体を伸ばしてみたりすることで、緊張をほぐすタイミングを考えることが大切です。

面接前に緊張しなくなる方法③:「別に落ちたって大丈夫」と考えてみる

考え方の問題ですが、「面接する=落ちることはいけないことだ」と考えてしまいがちです。

ですが、落ちてしまっても命をとられるわけではありませんし、そのときの面接官との相性もあります。

仮に落ちてしまっても大丈夫です。あなたが思っているよりも企業はたくさんあります。

面接前に緊張しなくなる方法④:面接はマッチング度合いを測る場であると考える

上記とも通ずるのですが、面接は「企業とあなたのマッチング度を測る場」です。

もし落ちてしまっても、今のあなたと企業がかみ合わなかっただけになります。

そこで無理やり入ることができたとしても、結局は相性の問題もありますから、そこまで気にする必要はないでしょう。

面接中の緊張を和らげる方法

今度は実際に面接中の緊張を和らげる方法になります。

面接中に緊張をしすぎてしまうと、あなたが考えていることをしっかりと伝えられない可能性もありますし、この方法を理解しておくと良いでしょう。

面接中の緊張を和らげる方法①:程よく緊張している方がプラスに捉えられる事もあると考える

ほどほどに緊張している方が実際にパフォーマンスが高くなる可能性があります。

全く緊張していないような緩んでしまった状態ですと、もしかしたら相手の話を聞くことができなかったりと、注意力が弱まってしまう可能性があります。

面接中に緊張し始めてきたら、「少し緊張している方がいいんだ」と言い聞かせることも良い方法です。

面接中の緊張を和らげる方法②:良いところを見せようと考えすぎない

面接官とのやり取りは多くても片手で数えられるものです。

人によっては入社が叶っても会う機会なんてそこまでない人だっていますし、面接に落ちたら、一生会わない人がいることが当たり前でしょう。

あくまでも自分自身で等身大であることを意識して、無理に格好つけることなく面接に望むことを覚えておきましょう。

面接中の緊張を和らげる方法③:面接官の顔ではなく額を見て話してみる

人と目があうと緊張して話せなくなる人もきっといると思います。

よく聞く方法かもしれませんが、そんなときは相手の目ではなく、額を見て話すことをしてみましょう。

これは効果的ではあるのですが、反対に人と目を合わせて話すことに慣れている人は、違和感があるため、無理に試してみなくても良いです。

面接中の緊張を和らげる方法④:単純に面接官との会話を楽しんでみる

人と話すことが好きな人は、面接官との会話を純粋に楽しんでみることも一つの手です。

面接官も社会人歴がそこそこある人も多いはずです。

その中でいろいろな経験を話しとして聞くことができれば、あなた自身の勉強にもなりますし、自分のことを聞かれていて嫌な気持ちになる人も少ないため、面接結果にも良い結果をもたらすかもしれません。

常に面接で緊張しなくなるための練習方法

面接を何度か経験してみると、自分の中で「そろそろ面接に慣れていきたいな」と考える人もいると思います。

ただ数をこなしているだけでは、時間ももったいないため、いかに効率良く面接で緊張しなくなるようになるかについて触れてみました。

常に面接で緊張しなくなるための練習方法①:相手の目を見て話せるようにする

先ほどは面接官の額を見ながら話してみると緊張しなくなると触れました。

ですが、自然な会話をするためにも可能であれば相手の目を見て話すことが大切です。

できれば就活の序盤は、「面接に慣れるため」といった意味も含めて、相手の目を見て会話をすることを意識してみると良いでしょう。

常に面接で緊張しなくなるための練習方法②:初対面の人とも積極的に話す

面接以外でも練習の場は沢山あります。

その一つは、日常の中で初対面の人などに積極的に会話をすることです。

就活中に隣に座った人でも良いですし、大学の講義などで始めて会った人でも構いません。

その中でコミュニケーション力を身につけることが可能になります。

常に面接で緊張しなくなるための練習方法③:練習を兼ねてたくさん面接を受けてみる

最後になりますが、とにかく面接を沢山受けてみることも一つの手です。

「自分が入りたいと思える企業しか受けない」といった意見もあると思います。

ですが、その入りたいと考えている企業の面接対策は完璧でしょうか?

そこで本当に自分が考えていることを全部伝えることはできるでしょうか?

他にも、たくさん面接を受けることで、その中で本当に入りたいと思える企業が見つかるかもしれません。

新しく入りたいと思える企業が見つかったり、面接の練習にもなるため、一石二鳥です。

ぜひいろいろな企業の面接を受けてみることをお勧めします。

緊張しても大丈夫。自分の意思をしっかりと伝えられる面接にしよう!

何度か触れていますが、面接は「企業とあなたのマッチング度合いを測る場」になります。

緊張をしてしまっても問題ありませんし、あなたの思いをしっかりと伝えることを意識してください。

あなたの就活・面接がうまくいくことを願っています!