【就活・面接のコツ】内定を勝ち取るために必要なこと

就活のコツ

sponsored link







「 就活におけるコツってどういったものがあるんだろうか…?」就活生でしたらできればすぐに内定を獲得したいですし、希望の会社に入社をしてみたいものですよね。

今回は、就活で結果を残すための基本的なコツについて解説をしていきたいと思います。少しでも希望の会社から内定を獲得できるためのアドバイスをしていきます。

目次

就活・面接のコツ①:身だしなみを整える

『人は見た目が9割』なんて本が出ているぐらいですから、見た目の向上は本当に重要な要素になります。

何もいきなり美女になれとか、イケメンになれといった無理難題は提示しません。ただ、第一印象を整えるためには、見出しなみ(服装など)を整える事は必須事項でしょう。

髪色は黒に戻しておこう

就活中に金髪や茶髪はNGです。当然の事かもしれませんが、意外と髪に色が残っているケースもあるため、しっかりと髪色は黒色に戻しておく事をお勧めしておきます。(特に男性はなおさら)

髪の長さは長髪でなければ問題なし

髪の長さは、意外にも長髪でなければそこまで悪い印象を抱かれないと思います。特に男性は一昔前よりも、髪が長い人も増えましたし、相手に不快感を与える程度の長髪でなければ問題はないでしょう。

逆に女性はしっかりと髪をしばって、好印象を与えられる事をお勧めします。

オシャレすぎるスーツは避けよう

ストライプやチェック柄がはっきりと出てしまっているスーツは避けたほうが無難です。基本的に無地のネイビー色のスーツや、シャドーストライプと言われるストライプ柄がうっすらと出ているものが良いはずでしょう。

靴下は無難に黒か紺色を

靴下も派手なものを選ばない方が良いはずです。明るい色を履いてお洒落にスーツを着こなせる人はまだ良いかもしれませんが、基本的には「黒か紺」の二択です。

暗めのグレーなども特に問題ないため、覚えておいても良いかもしれません。

ベルトと革靴の色を揃えておくことも意外と大切

これは知らない学生も多いかと思います。スーツのルールとして、ベルトと靴の色は揃えておくと良いです。

黒の革靴を履くときは黒のベルトを着用し、茶色の革靴を履くときは茶色のベルトを着用しましょう。少し細かい部分になるため、そこまで見ている人は少ないと思いますが、覚えておいて損はしないはずでしょう。

ムダ毛の処理もしようね?

ここでいうムダ毛というのは男性にありがちですが、「鼻毛・つながり眉毛・無精ヒゲ」などの処理の事です。

パッと見たときにムダ毛があると、「清潔感がない=第一印象が悪くなる」といった事になります。男性は見落としがちなところになるため、忘れずに処理しておく事をお勧めします。

就活・面接のコツ②:質問にははっきりと答える

就活の時に限りませんが、質問をされた時ははっきりと答えていく必要があります。質問に答えるといっても、今までそこまで意識をしてこなかった人からしてみれば、なかなか簡単なことではないと思います。

ですが、大きく分けてこれから紹介する3つを意識していただければ、特に問題はないでしょう。

質問者の目を見て話す

まずは、話す時と質問を聞く時に、相手の目を見ることが大切です。特に相手の話を聞いている時には、意識的に目を見て話を聞くことを意識してください。

分からないことも自分なりの考えを述べる

また、質問をされた時にどうしてもわからないことなどが出てくると思います。そんな時は、「何もわからない」と考えることを放棄せずに、しっかりと自分なりの考えを述べることを意識してください。

「正直◯◯についてはあまり知見がありません。ですが私なりに△△だと思っています。」といった形で答えてみてください。

ただし知ったかぶりはNG

わからないなりに自分の答え述べることは必要ですが、知ったかぶりをすることはおすすめできません。やはり何も分かっていないのに「私は知っていますよ」と答えてしまうと、面接官も素人ではありませんから、バレてしまうことがオチです。

分からないことは分からない。でも自分なりの考えを述べておくことは、忘れずに行いましょう。

逆質問を用意しておく

面接といえば、面接官からたくさんの質問をもらうことになります。それに答えるだけで精一杯かもしれませんが、仮にも入社後は数年間働く可能性の高い会社です。

そのため、しっかりと自分なりに疑問に感じたことや、聞いてみたいことを正直に面接官に聞いておくことも大切です。

会社の雰囲気を教えてもらう

働く中で、できれば自分の性格にあった会社で働きたいといった考えはあると思います。そのため、会社の雰囲気や、社員にはどういった人が多い傾向にあるのかなど、人間性につながる部分を質問しておくと良いです。

質問の仕方として、「社内にはどういった人が多いですか?」「社内で大切にしていることはどういったものですか?」といった質問をしておくことをオススメします。

新卒はどういった教育を受けるのか聞く

新卒で入社して、どのような教育を受けることができるのか、そもそも教育体制は整っているのかなど、新卒の教育体制について質問をすることは重要です。

もし、すぐに現場で経験を積んでいきたいのであれば、そこまで教育体制を整っていなくても問題ないかもしれません。そこは自分がどういった会社の制度を求めているのかなどを頭に入れつつ質問をしてみてください。

会社ならではの強みを聞く

「御社の強みはなんでしょうか?」と質問することで、どういったところを重要視しているのかを理解することができます。

そこでスキル的な面を強みにあげるのか、それとも人間性などについて強みをアピールしてくるのかによって、会社の雰囲気なども理解できるため、ぜひ聞いておくことをオススメします。

現場での課題感を聞く

「今、御社が抱えている課題はなんでしょうか?」といった質問は、面接官に響く可能性があります。

この質問をすることで、「この学生は課題に対してしっかりと向き合うことができるかもしれないな」と判断してくれる可能性があるためです。

就活・面接のコツ③:面接官をよく観察しよう

面接官も人間です。様々なタイプがあるため、そこをしっかりと把握することで、面接を有利に進めることができる可能性が高まります。

相手はどういった答えを求めているのかを考える

たくさんの質問をされることになると思いますが、それに対して「相手はどんな返答を求めているんだろう?」と考えてみてください。

少し難しいことかもしれませんが、面接官だって常に真面目な話をする人なのか、それともたまには冗談を交えて話をしてほしい人なのかなど。

いきなり理解することは簡単ではないと思いますが、面接をたくさん経験することで、少しズずつ分かってくることなので、ぜひ理解に努めてみてください。

就活をする理由を理解しておく

「就活=就職するため」このような考え方を持つことは大前提になるかもしれません。ですが、就活を進めていくことで、たくさん失敗することで、自分自身に自信を持てなくなることもあります。

そんな時に、「自分はどうして就活をしているのか?」をある程度把握しておくと良いです。

会社と人材のマッチング度を測ることが就活の目的

就活をすることは、企業と自分とのマッチング度合いを測る場でもあります。面接に落ちる=自分は必要とされていないといったことではありません。

そのため、就活中の学生は「自分にあった企業を探している最中なんだ」といったことを忘れないでください。

選考に落ちる=人格を否定されているわけではない

先ほど述べたこととつながる部分になりますが、選考に落ちたからといって、人格や人間性などを否定されたわけではありません。

あくまでも「その企業の今の方針とは少し違っただけの話」です。選考に落ちたことをそこまで気にせずに、「自分にあった企業を探している時期なんだ」といったことを忘れないでください。

面接で緊張をしないような事前準備をする

とは言っても、面接に向けて必要なことは多々あります。最低限準備しておくべきことを覚えておくだけでも、面接がスムーズに進めることができるため、ぜひこちらもお読みください。

「聞かれたことを答える」といったシンプルな構造を理解する

基本的には面接官が質問してくることを答える。といったシンプルな構造を理解しておいてください。

特に就活の始めの頃はこれを意識して、変に気を使わずに面接を進めていってください。

少しずつ就活に慣れてくれば、相手が求めていることをさらに答えられるようになると思うため、そこまで気にせずにまずはシンプルな受け答えをしていってください。

純粋に疑問に浮かんだことは質問するスタイルで臨む

逆質問をするケースは多いため、面接中に「これは少し腑に落ちないな」「もう少し知りたいな」と思ったところはぜひ質問していってください。

疑問などに敏感に反応できる学生を欲しがる企業もあるため、面接中に質問の時間があれば、その際にまとめて質問をして、随時質問をすることがOKなのであれば、忘れる前に質問することをオススメします。

就活・面接のコツ④:恥を捨てて上手くいっている人に質問をする

また、就活のコツとしてぜひ意識してほしいこととしては、「就活がうまくいっている人に質問をすること」です。

恥を捨てて質問をすることで、自分にはなかった観点を知ることができるため、それを機に就活がどんどんうまく行く可能性があります。

就活が上手くいっている友人にアドバイスをもらう

まずは就活がうまくいっている友人に、どんどん質問をしていくことは必要です。自分がうまくいっていないときに、就活がうまくいっている友人に質問をすることは、少し悔しい気持ちもあるかもしれません。

ですが、もし今の就活でうまくいっていないところがあるのだとすれば、ぜひ積極的に質問をしていってみてください。

就活で出会った人にアプローチすることも一つの手

企業説明会などでは、たくさんの就活生が集まってくるときがあります。そんな時に隣に座った就活生に話をかけてみることも必要なことです。

人見知りな方は抵抗があるかもしれませんが、少しでも人見知りの克服につながるかもしれませんし、良い話を聞くことができるかもしれません。

ちょっとした出会いから新しい知識などを手に入れてみてはどうでしょうか。

就活塾を活用してもOK

場合によっては、就活塾などを開いている企業もあるため、そこで就活のコツなども知っておくこともオススメです。

もちろん、有料のケースが多いですが、就活がうまくいかないのであれば、そういった分野に長けている企業の力を借りることも一つの手になるので、ぜひ頭の中に入れておいてください。

就活・面接のコツまとめ

就活は身だしなみから面接中のコツ、そして時にはうまくいっている人に話しを聞くなど、様々に必要なことがあります。

全てを押さえることは難しいかもしれませんが、この中の少しの要素でも身につけて、ぜひ就活に活かしてください。

sponsored link add







就活のコツ