仕事において「やりがい」か「給料」どちらを選ぶべきか考えてみた

仕事において「やりがい」か「給料」どちらを選ぶべきか考えてみた

学生に聞いても社会人に聞いても、「やりがい」と「お金」のどちらを選択するべきか?といった話をしている姿をよく目にします。

就活中なんかは特に「私はやりがいを選ぶ!」、「いや、俺は給料の良いところで働きたい!」といった議論なんかも耳にする時があります。

正直なところ、どっちを取れば良いなんて考えることは難しいです。特にまだ社会に出ていない学生でしたら尚更。

しかし、個人的には「どちらを取る?」といった選択を求めていることに疑問を感じていることも事実です。

そこで今回は、「やりがい」か「お金」のどちらを取るか?と考える人たち、そしてそういった質問をぶつける世間に対して、私なりの考えを述べていこうと思います。

1.業種によって変わってくる

まず、これは統計として出ているのですが、やりがいとお金のどちらを選択するのか?といった問いに関しては、以下のようなデータが出ています。

A:やりがいはあるが、給料がそこそこの仕事

B:やりがいはないが、給料が高い仕事

仕事の優先度

出展:https://doda.jp/careercompass/

これを見るように、ほぼどちらかしか選択できないといった状況の際には、意見は半々に分かれています。

また、業種によってかなり意見のブレが出てきていますが、それでも全体を通して見ると、半々であると考えておいても良いかもしれません。

2.お金を得るための条件

しかしながら、そもそもこの二つのどちらかの選択を迫るような状況に対して、私は疑問を感じています。

なぜなら私個人としては、「それなりに高い給料を得るためにはやりがいが必要だから」と感じているからです。

これについてもう少し深く述べていきます。

2-1.お金を得るためのサイクル

まず大前提として、「お金を得る=お客様に価値を与える」という式が生まれます。これは普遍的なもので絶対であるといっても良いでしょう。

もちろん、中には詐欺などを行いお金を稼いでいる人もいますが、そんな人たちは一部という事と、憎しみや悲しみの感情の中から得たお金ですので、いずれ消えて無くなるでしょう。

さて、お客様に価値を与えるという事ですが、そのためには「自分自身の価値を高める」必要があるとも言えます。

これはどういう事かと言うと、お金を得るためにお客様に価値を与える人間にならなくてはいけないため、自分自身の能力を高めないといけないと言う事です。

そして自分自身の価値を高める事ができる人たちには、ある共通点があります。

それが「やりがいを感じながら仕事をできる人」なのです。

いつもなんとなく仕事をこなしていて、たまたま上手く行った時に、少しだけ「ラッキー。俺実力あるのかも」と考えている人などは対象外です。

  • お客様に価値を届けるんだ
  • これが上手くいけば成長できる
  • もっと成長したい

これらを感じながら働いている人が、「やりがいを感じながら実力がつき、そしてたくさんのお金を稼ぐ事ができる」のです。

2-2.「お金を稼ぐ事」と「やりがい」を別物にしない

「お金を稼ぐ」と「やりがいを感じる」のどちらかを選ぶのではなく、じつはこの二つは繋がっているとも言えるでしょう。

しっかりと価値を届ける事ができる人は、仕事においてやりがいを感じている人ですし、その対価として高い給料を得る事ができるのです。

3.「時間を取る」という概念

「お金を稼ぐ」、「やりがい」という概念に加えて、「時間を取るか」という選択肢を選ばせる風潮もあります。

「仕事は大変だけど成長できる」と「仕事は比較的ラクで時間が取れる」などの比較がよく見られます。

これも個人的には、人によって得られるとも思いますし、得られないものだとも思っています。

と言いますと、時間の使い方が上手な人は、休みの日数が少なくてもプライベートを充実させる事ができます。しかし、時間の使い方が下手な人は休みの日数が多くても、プライベートを充実させる事はできません。

そもそも仕事ができている人って、めちゃくちゃプライベートも充実させる事が得意なんて話もありますしね。

ここについて詳しい事は、今回のテーマとはずれているので、また改めて書かせていただきます。

4.最後に

今回は少し目の話でしたが、押さえておいて欲しい事は以下の事です。

  • お金を得るためにはお客様に価値を与える必要がある
  • 価値を与える人間になるには自分自身を高める必要がある
  • 自分自身を高めながらの仕事にはやりがいを感じる事ができる

「お金を稼ぐ事」と「やりがいを求める事」この二つを分離させずに、一緒のものだと考える事が出来れば、自ずとどちらも得られるような社会人になる事ができるでしょう。

就活原点

仕事において「やりがい」か「給料」どちらを選ぶべきか考えてみた

ABOUTこの記事をかいた人

えんどうゆう

大学卒業2ヶ月前に内定辞退。そのあとに中途採用のみのベンチャー企業に飛び入りで面接を受け、内定獲得。大学生活で経験したこと、今の会社で学んだことを実生活に落とし込んだ情報を発信中。