最終面接で社長や役員が見ている事を分析!逆質問の例文付き

最終面接ってどんな部分を見られるのだろうか。

きっとこのような疑問を抱いている人も多いかと思います。

社長面接、役員面接を最後に行うケースもあるため、今回はこの二つに絞って解説をしていきたいと思います。

最終面接で社長・役員が考えている事は?

多くの企業では、最終面接から役員や社長が参加することになります。

ですので、最終面接は「役員面接」や「社長面接」などと言われることもあります。

比較的規模の小さな中小企業やベンチャー、スタートアップといった企業であれば、1次・2次面接の段階から役員・社長らが参加する場合もあるようです。

さて、最終面接と1次・2次面接との違いは、単に役員・社長が参加するか否かだけではありません。

最終面接では、人事などの採用担当者とは違う観点から応募者の評価が行われることになります。

その観点とは次の2つです。

  1. 応募者のビジョンが自社の理念や方向性とマッチしているか
  2. 応募者の人間性が自社の求める人材像とマッチしているか

企業が求めているのは「自社に利益を出してくれる人物」です。

この2つの評価が低いようであれば、どれだけ高い実績やスキルを持っている人物であっても、不採用となる可能性は大いにあります。

たとえば、「既存の顧客とのつながりを大事にしながら新しい顧客・市場も開拓していく方向性を持っている企業」にとって、「事業や顧客とのつながりを刷新し、まったくの0から新しいチャレンジがしたいという意思を持っている人物」は、有益な人材になり得るとは言いにくいはずです。

1次・2次面接では、人事などの採用担当者から、応募者の第一印象・経歴・実績・スキルといった要素が見られます。

つまり、最終面接に進んだ応募者は、企業に求められるそれらの要素は満たしている人物です。

そして最終面接では、さらに自社にマッチする人物かどうかを評価するために、役員・社長だからこそ測ることができる、これら「人材像・ビジョン・相性」といった要素が評価されるのです。

最終面接の前に準備しておくべき事は?

先述したように、最終面接では応募者がその企業にどれだけ有益になり得る人物か、マッチする人物かが見られます。

のため、最終面接の前にはその会社についての研究(企業研究)を徹底的に行っておくことが重要です。

ここで、「企業研究なら1次・2次でもやるはずでは?」と考える人も多いでしょう。

確かに1次・2次面接でも志望動機、自己PR、質問などと、企業の情報を絡めて自分をアピールする機会が多くあります。

しかし、最終面接では1次・2次以上に、企業についての情報を深く知っているほど「絶対にこの会社に入りたいんだな。」という熱意を伝えることができるので、特に入念にリサーチしておきましょう。

具体的には次のポイントが押さえておくべき情報です。

  • 理念(ビジョン)や方向性
  • 短・中・長期の事業計画
  • 経営者の経歴
  • 会社設立の歴史(沿革)や経緯

中でも理念、ビジョンなど企業にとっての軸となっているものは、丸暗記しておくようにしましょう。

そして、何かしらの質問をされた際には、これらのポイントと絡めて答えることも重要です。

たとえば、「私は御社で○○のような仕事がしたいです。御社の『××は△△である』という理念の下であれば、グローバル化が進む競争市場でも明確な目的を持って取り組める自信があります。」といった具合です。

企業によっては、最終面接は雑談や意思確認のような質問だけで終わることもありますが、そうした会話の中の中にもこれらのポイントを交えると、有効なアピールとなるはずです。

最終面接で社長・役員に質問するべき事とは?

最終面接では、「最後に何か質問はありますか?」などと逆質問の場が設けられることがあります。

役員・社長が相手の場合、どのような質問をするのが適切なのでしょうか。いくつか具体例を挙げます。

  • 主力事業以外の××事業については、どのような計画で進めていこうとお考えでしょうか。
  • 御社が掲げる3つのビジョンは、どのような経緯で生まれたのですか。
  • 学生時代△△の研究をしていたのですが、関連する素材を扱っている御社では、その分野について今後どのような戦略で進めていく計画ですか。

社長だからこそ答えられるような質問や、企業の事業内容や特徴に関連した質問でなければ、「質問のための質問」と捉えられて、平凡な印象を与えてしまう可能性があります。それを避けるためにも、最終面接では、企業についてしっかりとリサーチしておくことが非常に重要なのです。