最終面接の結果の連絡はいつ来る?目安となる期間・連絡が遅い時の対処法

最終面接が終わったのになかなか連絡がこない…。

きっとこのような悩みを抱いている就活生もいるかと思います。

連絡が遅いことにはきっと理由があるとは思いますが、やはり就活生としては不安な気持ちが大きくなるばかりだと思います。

そこで今回は、最終面接後の連絡をもらえる目安の期間と連絡が遅い時の対処法について解説していきます。

最終面接の結果の連絡は1週以内が目安 電話とメールが多い

第一志望か否かに関わらず、最終面接の合否通知の連絡を待つ時間は、誰しも緊張で胸が張り裂けそうな気持ちになるものです。

企業によっては、最終面接時に、「結果については○月○日に連絡します。」と通知してくれる場合もありますが、そうでない場合、どのくらいの時間で連絡が来るのでしょうか。

結果連絡が来るのは、早くて面接の翌日、遅くて1週間程度が目安です。

つまり具体的な日の指定がなくても、1週間以内には通知が来るのが一般的なのです。

通知の方法は電話が多いですが、不採用の場合は郵送やメールで来る場合も珍しくはありません。

また1週間以内に通知が来ないケースも不採用である可能性があるので、その場合は、素直に気持ちを切り替えて次の行動に移すことも大事です。

大企業と中小企業で連絡スピードの目安が変わる可能性も

最終面接に進む人数は限られていますが、大企業と中小企業ではその数に当然差があります。

残っている人数が多い分、選考や連絡作業に時間がかかることになりますし、少ない場合はその逆です。

つまり、受けた企業の規模によって、最終面接後の連絡スピードにも差が生じる可能性があることも知っておきましょう。

最終面接の結果の連絡が来ない時に考えられる事

①応募者が多く時間が掛かっている

応募者が多い場合、その分、当然「誰を落とすか」の絞り込みの作業にも時間がかかることになります。

特に大企業や応募者が多い人気の中小企業では、こうした傾向がみられます。

自分が受けた企業の規模や、最終面接に進んだ応募者の数を把握しておけば、多少連絡が遅くても必要以上に焦る必要はないでしょう。

②企業内調整が起こっている

応募者が多いケースとも関連していますが、最終面接後の絞り込みのときには「誰をどこの部門・部署に配属するか」や「○○部に適した人材はどちらか」といったことが企業内で調整されています。

採用担当者は1次・2次面接の段階である程度絞り込んではいるものの、最終面接では役員や社長らも参加していることがほとんどです。

応募者が多い分、この調整作業に時間がかかる可能性があり、その分連絡も遅れることになります。

③合格者を優先に連絡しているため不採用者に連絡が行かない

冒頭でも少し触れましたが、連絡が遅れている・来ない場合は、不採用(不合格)の可能性があります。

内定を出した合格者に優先して連絡を通知しているため、後回しになっているケースです。

また合格者は電話で連絡が来る場合が多いですが、不採用者は郵送で来る場合があることも遅くなる理由の1つです。

「すでにメールで来ていたが気づかなかった…」という人も中にはいるので、迷惑メールのチェックやブロック解除の設定などにも意識を向けておきましょう。

最終面接の結果の連絡が遅い時は?

①メールを入れてみる

企業によっては不採用者には連絡をしないところもあります。あまりにも連絡が来ない場合は、メールなどでこちらから問い合わせてみましょう。

その際、失礼がないように丁寧に尋ねることが重要です。

先述した3つのような理由で選定作業が遅れているだけかもしれないので、下手に連絡を急かすような文面は相手に失礼に当たりますし、自分の評価・印象にマイナスの影響があるかもしれません。

②最終面接から2週間は待ってみる(企業規模にもよる)

「どのくらい待つべきか」ですが、おおむね2週間が目安です。2週間以上何も連絡がないようであれば、先ほど説明したようにメールで問い合わせてみるといいでしょう。

もちろん、連絡が遅いからと言って横柄な態度を取ることは絶対にNGです。

「連絡が来なくて夜も眠れない…」「2週間も待てない!」と冷静に過ごせない人は、他の企業の面接のために準備をしたり、趣味や運動をしたりするなどして、意識を別のところに向けるようにしましょう。

就活原点