新卒向け・最終面接でよく聞かれる5つの質問とは?

就活をしている大学生であれば、必ず最後に立ちはだかる関門に最終面接があります。

「最終面接まで行けばほぼ内定獲得だ」と思い込んでいる方も多いですが、本当にそうでしょうか?

今回は、新卒学生が就活の最終面接でよく聞かれる質問と、準備しておくべきことに触れていていきたいと思います。

新卒の最終面接で見られている事は?

最終面接では、「応募者が会社にとって有益な人物かどうか」が見られています。

もちろん1次・2次面接でもその評価はされていますが、1次・2次ではどちらかというと、応募者の社会的な印象やスキルといったものが中心です。

一方最終面接では、社会的な印象・スキルよりも、会社視点から見た印象・スキルが見られることになります。

「自社が求める人材像やスキルを持っているか」、「既存の社員とうまくやっていける人物か」といったことです。

ですので、受ける側としては、自分が会社にマッチする人物であることを、自己PRや質問への回答の中で積極的にアピールしていく必要があります。

新卒が最終面接で準備するべき事とは?

会社にマッチした人物であることをアピールするためには、「会社の情報」を頭に入れておくことが重要です。

自分がやりたい仕事やビジョンだけを主張しても、会社の理想や方向性との間にズレがあれば、「この人と一緒に働きたい」、「自社で長期的に活躍してくれそう」とは思ってくれません。

最終面接の前は、会社の理念や方向性・事業内容・事業計画・経営者の特徴、といった情報を頭に入れておき、それを自己PRや質問への回答に結び付けて説明できるように準備をしておきましょう。

最終面接でよく聞かれる質問

最終面接でよく聞かれる質問①:将来どのようなビジョンを抱いていますか?

自分のやりたいことだけを述べるのではなく、会社のビジョンや方向性と関連付けて回答することで、「本当に活躍してくれそう」というイメージを持ってもらうことができます。

最終面接でよく聞かれる質問②:弊社でどのような人材になっていきたいですか?

自己PRで述べた自身の強みを生かして、その会社でどのような人材として活躍していきたいかを述べましょう。

ここでも会社が掲げるビジョンや事業内容に結び付けることがポイントです。

最終面接でよく聞かれる質問③:長所と短所を教えてください

長所を述べる場合は、「『他人からも○○だね』と言われます」というように第三者から褒められたり認められたりしたエピソードがあればベターです。

短所を述べる場合は、「短所は○○ですが、長所に変えられるように××という努力をしています。」という具合に、プラスに捉えていることを伝えましょう。

最終面接でよく聞かれる質問④:弊社に入社する意思はありますか?

他に志望している会社があっても、「もちろん御社が第一志望です。」と即答しましょう。

内定をもらっても辞退することができるので、この段階で迷っていても真正直に答える必要はありません。

最終面接でよく聞かれる質問⑤:改めて志望動機を教えていただけますか。

1次・2次でも聞かれる質問ですが、最終面接では今までと同じ回答ではなく、志望度が一層高まっていることをプラスしてアピールしましょう。

「志望動機は~です。選考を進んでいく中で、御社についてより詳しく知ることができ、一層志望度が高まりました。」といった具合です。

新卒が最終面接でするべき逆質問リスト

「何か質問はありますか?」と逆質問の場が設けられることは多々あります。

最終面接に臨む人は、こちらから質問する内容も事前に考えておきましょう。

「どうしても質問が思いつかない」という人のために、最終面接でするべき逆質問の例をいくつか紹介するので、参考にしてください。

  • 面接官の方々が、この仕事をされていて一番やりがい感じるのはどのような時ですか?
  • 私の強みである「××」以外に、どのような強みや資質が特に求められますか?
  • 良い結果をいただいた場合、入社までに身に付けておくべき力や知識はありますか?
  • 御社のホームページ上で××製品に関する新規事業の計画が発表されていましたが、どのような能力を持つ人材が活躍できる事業ですか?

回答として「特にありません。」は基本的にはNGです。

質問がない=本気で志望していない(会社について興味を持っていない)、とマイナスの評価を受けるリスクがあるので注意しましょう。