最終面接の時間が短いワケと見られている3つの内容について

ついに最終面接だけど、一体どれくらいの時間なのだろう?そしてどのような部分を見られているのだろう?

きっとこのような疑問を抱いている就活生もいるはずです。

今回はこのような疑問を解消できるよう、解説していきたいと思います。

最終面接は1次・2次面接などよりも時間が短い

就職活動の基本知識として持っておくべきことの1つが、「最終面接の時間」についてです。

ほとんどの企業では最終面接にかけられる時間が、1次・2次面接よりも短い場合が多いです。

就活経験者の中には、その知識がないままに最終面接に臨んで「時間が短かった!選考に落ちたかも…」と取り越し苦労をした経験のある人は多いのではないでしょうか。

これから就活を始める人、最終面接に臨む人は、余計な心配事を増やさないためにも「最終面接は1次・2次面接よりも短い場合が多い」という情報を、ぜひ頭に入れておいてください。

1次・2次・最終面接 それぞれの一般的な所要時間は?

最終面接にかかる時間は、短くて20分、長くて30分という企業が多いようです。

一方、1次・2次面接は短くて30分、長くて1時間程かけることが一般的です。なぜこれほどの時間の差があるのかですが、それはそれぞれの面接の役割を見ればわかります。

1次・2次面接の役割は応募者を「落とす」ための選考であるのに対して、最終面接には役員・社長が自社にマッチする人材かどうかを「確認する」役割があるという点に違いがあります。

実際、1次・2次面接では、自己PR、志望動機、その他質問含めて様々な質問が尋ねられることが多いですが、最終面接では簡単な自己PRと入社の意思確認で終わる場合が多いです。

最終面接の時間が短い=落とされるわけではない

以上のことから、最終面接の時間が短いからと言って、選考に落とさたとは決して限らないということです。

ですが、たとえば、最終面接でされる質問に「入社の意思確認」がなかったり、趣味や雑談の話だけで短い時間で終わったりした場合は、落ちている可能性が高いかもしれません。

いずれにしても、企業によって面接の方法やスタイルが違うので、所要時間や質問内容だけで「落ちる・落ちない」の判断をすることはできないと言えるでしょう。

あくまで可能性と確率の話なので、どんな形で終えたとしても、過度に心配する必要はありません。

短い時間の最終面接で見られる3つの事

最終面接では、短い時間の中で見られている3つのことがあります。

①職種の適応度・志望度

社長や役員はその会社、もしくはその業界で長く働いてきた人物です。

最終面接ではこうした人物らから、応募者が「本当にうちの会社に向いている人物か」や「どの職種が適しているか」といったことが見られることになります。

また、先述しましたが、最終面接ではほとんどの場合「入社の意思確認」の質問がされます。

「内定を出した際は、就職活動を辞めて当社に来てくれますか?」といった具合です。

志望度が高いことをアピールするために、この質問には即答でYESの答えを返しましょう。

②長く働く人材かどうか

企業が1回の採用活動にかけるコスト・時間は膨大です。

企業説明会のための会場費や資料作成、求人広告掲載のための費用、応募者へ支給する交通費、選考のために要する時間的コスト、などなど。

これらのコストが無駄にならないためにも、企業は内定を出そうとする人材が長く働いてくれる人かどうか、を非常に注視しています。

③個性や性格の部分

最終面接では「落ちたらどうしよう」という緊張や「最終面接まで進めば受かったも同然」といった油断が生まれやすい場です。

そのため応募者の本質的な、個性や性格が表れやすくなります。

極度の緊張によってコミュニケーションがうまく取れない姿や油断によるフランク過ぎる態度は、「ストレス耐性がない」、「横柄な性格」などとマイナスに評価される可能性もあるので、最後まで徹底的に準備するなどして全力を尽くすことが大切です。

このように最終面接では、応募者の実績やスキルよりも「人間性」や「熱意・想い」といった内容について重点的に見られるケースが多いことを、情報の1つとして持っておいてください。