【就活】ライバルは新卒学生だけじゃない?外国人学生を採用する日本企業の真実とは?

rival

高校受験、大学受験など、節目節目でそのライバルについて話をされたことがあるのではないでしょうか?

「高校受験は県内の学生がライバルだ!」
「大学受験は全国の学生がライバルだ!」

というように、ステージが上がれば上がるほど、ライバルの範囲も増えていきます。では、就活におけるライバルは一体誰になるのでしょうか?

一般的には就活のライバルは「新卒学生」で、毎年約50万人の人がライバルになります。しかし、それだけではないのが今後の社会。日本の各企業は「外国人学生」の採用を検討し、実際に一定数採用している企業もたくさんあります。

つまり、就活におけるライバルは「世界各国」に広がっているということです。

就活のライバルが外国人学生なんて、今のうちはイメージができないかもしれませんが、確実に動きは出てきました。

そんな現状の中、日本の学生は今後どんな準備をしていけばいいのかを見つけるために、外国人学生を採用する日本企業の真実を探っていきます。

企業はどんな外国人学生を採用するのか?

まず初めに、企業はどんな外国人大学生を採用しているのでしょうか?

外国人大学生を採用するようになった傾向は、社会や経済の構造がグローバル化してきたという背景があり、今後もますますグローバル化が加速すると言われています。

そんな中で、日本人に限らず外国人大学生でも優秀ならば採用していこうというのが始まりのようです。

その動きは、2010年頃から始まり、各業界を引っ張る大きな企業が中心になり「日本語が話せる」外国人学生を採用し始めました。

日本語が話せなくても採用する!?

それから6年が経ち、大手企業だけでなく中小・ベンチャー企業も含めた各企業が外国人学生を採用するようになっていきました。

2010年当初は、中国人、韓国人が中心でしたが、今はシンガポール、香港、ベトナム、タイ、フィリピン、インドなどのASEAN各国の学生を求めるようになるまで、その域は広がっています。

そして、かつては日本語が話せる外国人学生が求められましたが、現在では日本語が話せなくても採用するという企業が約3割あって、外国人学生の活躍の幅も広がっています。

日本語が話せなくても採用するという企業の思惑は、「日本語スキルよりも、突出した専門スキルの方が重要」と考えている企業が多いからです。

つまり、日本語なんてあとから覚えれば良い。というスタンスで、入社後に研修等で日本語を覚えてもらうという考えの企業も多いようです。

外国人学生の強みとは?

そんな外国人学生の「強み」とは一体なんでしょうか?そして、日本の企業は外国人学生のどんな点を評価しているのでしょうか。

①チャレンジ精神

1つ目は「チャレンジ精神」です。

外国人学生は高い目標を持って積極的にチャレンジする人がとても多いです。そもそも、母国を離れて異国の地で就職するという時点でとても高い志です。

そして、一度日本に来て仕事をやろうとしたからには、そう簡単にはへこたれず、貪欲に仕事をしていきます。そんなチャレンジ精神、志の高さを各企業は評価しているのです。

②主体性

2つ目は「主体性」です。

外国人学生の特徴として、企業側から強制力を働かせなくても主体的に学んで、仕事に取り組みます。

この点に関しては仕事だけでなく、日本の大学に通う留学生も同じで、積極的に学び、能力を高めている印象があります。

そんな主体的なスタンスは、企業にとってとても魅力的です。日本の大学生が見習うべき点なのかなと思います。

外国人学生を採用する企業の本音とは?

では、日本語が話せないというリスクを冒してまでも、外国人学生を採用したい企業の本音は一体なんなのでしょうか?

大きく4つパターンがあると言われています。

  1. 国内の学生より総合的に優秀
  2. 高いスキルを持った学生
  3. 海外支部の幹部候補になる人材
  4. 新卒採用枠の埋め合わせ

一つずつ見ていきましょう。

①国内の学生より総合的に優秀

企業によって採用基準は違いますが、日本の学生よりも総合的に優秀な外国人学生は企業から求められます。

特に、総合商社、メガバンク、コンサルファームなどが好んで採用をしています。

②高いスキルを持った学生

高いスキル、希少なスキルを持った外国人学生も日本企業から求められます。今では特に、プログラミングスキル、人工知能のスキルは喉から手が出るほど欲しい人材です。

そのようなスキルを持った外国人学生は、特に日本語が話せなくても採用されます。

③海外支部の幹部候補になる人材

世界がグローバル化していくなかで、日本企業も世界各国に支店を展開していきます。そして今後もその傾向は高くなっていくでしょう。

そんな中で、現地の幹部候補となる人材を今のうちから育てていこうという思いがある企業が、外国人学生を採用しているパターンもあります。

このパターンは、外国人学生にとっても、いずれは母国に戻ることができるということで、双方にとってWIN-WINの関係になります。

④新卒採用枠の埋め合わせ

事情が少しネガティブになりますが、今季採用しようとした人数に達しなかった分を、外国人の採用で埋め合わせようという考えの企業もあります。

もちろん、採用するからには活躍してもらうことが願いですが、どうしてもポジティブな採用ではないため、問題点も生まれてしまうようです。

外国人学生にも課題はある…。

一方で外国人学生にも課題があるのは確かです。例えば、採用した企業で一定期間働いてもらうための対策です。

外国人は日本人に比べて短いスパンでキャリアアップを考えている傾向にあります。そのため、採用して育てた優秀な外国人が脂が乗った頃にキャリアアップのために転職してしまうというケースがあります。

せっかく育てた優秀な人材を、どのように企業に定着してもらうかが課題になっているようです。

外国人学生のライバルに負けないために、日本人学生が取り組むべきこととは?

では最後に、日本人学生が外国人のライバルに負けないために取り組むべきこととは一体なんでしょうか?

1つ目は「大学時代は人生の夏休み」という考えを捨てることです。

大学時代は遊んで、社会人になってから働くという考え方はもう古い考え方です。圧倒的なスキルを持って日本に乗り込んでくる外国人に勝つためには、日本人も大学時代から自分の能力を伸ばすために努力することは必須です。

ぜひ、意味のあるやり方で自分の能力を伸ばしていってください。

2つ目は、世界の現実を肌で感じることです。

僕自身は学生時代から海外旅行や海外留学を通じて多くの国にいきました。そして社会人になってからも仕事の出張や研修、旅行などで、途上国、先進国を含め海外に足を運んでいます。

海外の若者は、母国語以外に英語を話せるのは当たり前。その上、仕事のスキルも高いことを肌で感じています。

僕の中国人の友達も母国語の中国語は当然ですが、流暢に英語を話す上に、日本語も普通に会話ができるくらいに話せます。

「この人たちが日本に来たら、日本人は職を失うだろうな…」と毎回感じます。

もちろん、語学だけが全てではないので、自分の強みから伸ばしていけば良いですが、世界の現実を肌で感じることはとても重要です。

肌で感じ、意識が少しでも海外に向くことでが重要で、意識が向けば自ずと行動も変わってきます。大学生の早いうちから意識を変えていくことで、就活を始める頃には外国人に負けない、企業にとって魅力的な人材になることができるでしょう。

ぜひ、今のうちから危機感を持って、大学生活を送って欲しいと思います。

就活原点

rival