大学生で恋愛経験なしってどうなの?経験なしなら卒業方法も教えます!

大学生の恋愛経験

sponsored link







「大学生時代に恋愛の経験が無しってもしかしてやばいんじゃないか?」

「どうやったら大学生のうちに恋愛経験をする事が出来るんだろう?」

大学生になってもなかなか彼氏・彼女ができずにいる人は、きっとこういった事を考えているのではないでしょうか。

実際に私も大学生時代の最初の1年間は、あまり恋愛経験がありませんでした。最初の方は「まあ、そのうち彼女なんてできるし、そもそも恋愛なんて別にしなくても良いかな~」といった気持ちを抱いていました。

ところがしばらくすると「やっぱ彼女欲しいな…」なんて思い始めたり。周りの友人は彼氏・彼女が出来たりして、とても楽しそうにしている姿を見ると、どうしてもそのような気持ちが浮かんできたのです。

実際に彼女ができたときは、とても楽しいときを過ごす事ができましたし、色々な経験をする事が出来ました。そこで今回は、「大学生の恋愛経験なしってどうなの?」、「大学生の恋愛経験なしを卒業する方法」について解説をしていきたいと思います。

大学生で恋愛経験なしってどうなの?

結論から言うと、大学時代にまったく恋愛経験がない人はとてももったいない事をしていると思います。ただでさえ、高校生までと違って自由な時間が増える時期ですし、社会人になってからも大学時代より時間が多くある事はほぼありません。

そんな時間がたくさんある大学生だからこそ、恋愛だって経験しておく事が必要です。

大学生での恋愛経験なしは増えている

今の大学生は、恋愛経験がないといった人が増えていると言われています。以前から”草食系男子”といった言葉が存在していますが、やはり恋愛に対して消極的な男性は減っているのでしょう。

実際に私が大学生だった1年前までも、あまり恋愛に対して積極的な人は多くありませんでしたし、会社の上司からは「今の人たちって本当に恋愛に対して消極的だよね」と言われたりもします。

それだけ、今の大学生は恋愛に対して消極的になっていると考えられます。

社会人になってから苦労するかも…

大学生のうちに恋愛経験が少ないと、社会人になってから苦労すると言えるでしょう。

社会人になってからは、出会いの数も圧倒的に少なくなりますし、仮に少なからず出会いがあったとしても、恋愛に対して時間を割く事が難しいです。

さらに個人的に感じている事として、大学時代にあまり異性との関わりがない人は、コミュニケーション能力もあまり高くないケースもあるため、職場での人間関係にも苦労している場合もみられます。

大学時代の恋愛経験は、単に「大学時代を楽しむだけのもの」ではなく、「その後の人生の糧になるもの」である事は間違いない事実でしょう。

大学時代の恋愛経験は大人にさせる

では、大学時代に恋愛を経験している人はどういった特徴があるのでしょうか?幾つか特徴があるので、それを解説していきます。

人の気持ちを考えられるようになる

「恋愛する=相手がいる」といった状態です。そのため「どうしたらこの人は喜んでくれるのだろう?」、「なんであの人は怒っているんだろう?」といったように、相手の気持ちを考えるケースがかなり増えてきます。

時には失敗する事もあるとは思いますが、それを積み重ねる事によって、人の気持ちを深くまで考える事が出来るようになります。

色々な知見が広がる

恋愛をすると、今まで出会った事がない人との出会いも増えるため、その人たちの人生背景などが垣間見えたり、今までにない趣味などを共有する事があったりします。

その分、新たな発見や経験があるため、自分自身の人間としての幅も広がっていきます。その経験が社会人になってからの人生でも役に立つ事があるでしょう。

他にも恋愛経験をしている人は、色々な特徴がありますが、大きく分けると上記の2つになります。

大学生の恋愛経験なしの卒業方法

「じゃあどうすれば恋愛経験なしから卒業する事ができるの?」当然こういった疑問が浮かぶはずです。これに関しては、人によって方法が異なるとは思いますが、実際に私が大学時代に行った方法を事実ベースで述べていきたいと思います。

出会いの数を増やす

単純な方法ですが、まずは出会の数を増やす事が必要になってきます。そもそも恋愛経験がない人、もしくは少ない人は異性との出会い自体がとても少ないです。

「出会の数を増やす=恋愛経験を増やす」といっても過言ではありません。出会の数を増やすための方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

サークルに参加する

まずは人がたくさん集まる場所に積極的に足を運んでおきましょう。とにかく人と触れ合わない事には、出会いを増やせません。

サークルに行けばそこの友人伝えで知り合いが増えていきますし、その分出会いも増えていきます。

すでにサークルに入っているのであればサークルの活動には参加し、サークル自体に加入していないのであれば、新しいサークルを探しに行きましょう。

サークル選びを間違えない

また、サークルといってもどんなサークルでも良いわけではありません。やはり、自分と価値観の合わなそうな人が集まっているサークルに入ってしまっては、自分自身が浮いてしまうだけです。

そこは「あ、ここだったら自分も楽しめそうだな」といったところに参加してみてください。

また、サークルに入る時期は大学生1年生のうちだけと思いがちですが、実際には私の友人も大学3年生の終わりから入り始めた人もいました。

入る時期が遅くても、それなりに性格の合う人であればすぐに溶け込む事ができるはずです。無理はしない程度にどんどん新しいサークルを探したり、友達に紹介してもらってはどうでしょうか?

【参考】大学のサークルに入らないとどんな不都合が起きるのか?

アルバイトを始める

アルバイトを始めれば大学以外でも出会いを増やす事ができるはずです。大学生になってからアルバイトを始めてしまい、「もうアルバイトしてるけど全然出会いなんてないよ…」と言ったかもいるかもしれません。

ですが、それだったら大学生がたくさんいるようなアルバイト先で働いてみることを考えてみてもいいのではないでしょうか?

大学生だったら、比較的アルバイトを辞めて他のアルバイトに切り替えやすいですし、どんどん新しいところでアルバイトをすることも経験になるため、とてもオススメです。

他学科の講義も受講してみる

意外なところかもしれませんが、いろいろな講義を受けてみることで、出会いの数は増えてきます。ただ何でもかんでも受けるのではなく、ディスカッションをしたり、ちょっとしたプロジェクトを行うような講義を受講することがオススメです。

人とコミュニケーションをとるような講義であれば、自然と出会いの数を増やす事ができます。人見知りな方は簡単ではないかもしれませんが、その克服も兼ねてチャレンジしてみてはどうでしょうか?

街コン・合コンに参加する

思い切って街コン・合コンに参加することもアリです。しかも今は、ご存知の方も多いかもしれませんが、大学生限定の”学生街コン”といった街コンも存在しています。

実際に私も参加したことがあるのですが、これは意外と良い経験になりました。普通の街コンに比べて金額も控えめですのでオススメです。

【参考】学生限定街コンは出会えるのか?その実情を徹底解説!

合コンに関しては、サークルやアルバイトなどで交友関係を広げておけば、友達の多い人をツテにして開催することができます。しかも街コン・合コンどちらも当てはまりますが、男女ともに「出会を求めて参加している」ケースがほとんどです。

それなりに高い確率で恋愛に繋がる可能性があるでしょう。

【参考】初めてでも大丈夫!大学生が合コンを楽しむための5つの法則

恋活アプリを活用する

今流行りの”恋活アプリ”はご存知ですか?比較的当たり前となりつつあるため、知っている人が多いかもしれません。

ですがまだ抵抗のある人も多いことでしょう。その中で私も実際に恋活アプリを活用して、彼女ができた経験があります。また、友人二人に恋活アプリを紹介して二人とも彼女ができた事実もあります。

当たり前になりつつある恋活アプリですので、一つの選択肢として考えてみても良いのではないでしょうか?

【参考】3ヶ月間ペアーズをやって彼女ができた男のリアルな体験談

コミュニケーション能力を高める

二つ目としては、「コミュニケーション能力を高めること」で恋愛経験なしから卒業することができます。

恋愛が苦手だったり経験が少ない人は、それなりにコミュニケーション能力を高めることができれば、実際に恋愛をすることに対しても抵抗が少なくなってきます。

大きく分けて三つのコミュニケーション能力を高める方法があるため、解説していきます。

聞き上手になる

一つ目は聞き上手になることです。相手が話している時に無表情で会話をするのではなく、相手の言葉に対してしっかりと表情を作ることを意識してください。

相手が悲しい話をしていたらこっちも悲しそうな顔をして、相手が楽しそうに話をしていたらこっちも楽しそうに話を聞きましょう。

「へ~」、「そうなんだ!」、「それでそれで?」のような言葉を発することも大切です。ただヒョ上や相槌だけでなく、言葉も発しておきましょう。

【参考】聞き上手になるには?4つの必須ポイントを徹底解説

たまに自分の話をする

また、相手の話を聞いておくだけではなく、たまには自分の話をすることも心がけましょう。あまりにも相手の話を聞いてばかりだと、「この人本当に会話する気あるのかな?」とも思われかねないです。

自分から会話のネタを作り出すことが苦手であれば、相手の話を踏まえて「それ、俺(私)からしたら◯◯なんだよね~」といった感じで話してみてください。

自分の心を開いて弱音も吐いてみる

最後の三つ目は、ある程度仲良くなった時に自分の弱音も吐いてみることで、より深い関係性を築くことができるといったものです。

普段自分の弱音を吐かないような人が、「実は◯◯ちゃん(くん)だから話すんだけど…」といった形で話すことで、「え、自分って信頼されているんだ」と感じてくれます。

その際に好意を持ってもらえるため、異性であれば恋愛に発展しやすくなるメリットがあります。

大学生の恋愛経験なしの卒業方法まとめ

いかがだったでしょうか?

  • ぜひ大学生のうちに恋愛経験をしておいてほしい
  • 出会の数を増やす、コミュニケーション能力を高めることが恋愛経験を増やす

この二つを大きく意識していただいて、ぜひ行動に移してみてください。

sponsored link add







大学生の恋愛経験