学生生活で得たことを的確に伝える3つの原則【就活】

学生生活で得たことを伝える

sponsored link







就活で「学生生活で得たことは何か?」という質問をされることはよくあります。しかし、学生生活で得たことを聞かれているのに的外れな回答をしてしまう人もたくさんいます。

ここでは、「学生生活で得たことは何か?」という質問に対して、的確に自分の意見を伝えるためのポイントをお伝えします。

1. 聞かれたことにしっかりと答える(大前提!

これは基本的な点ですが、ES、面接官などの質問は、その質問に対して的確な回答をするように気をつけましょう。企業側がそのような質問をしているということは、ただなんとなく質問をしているのではなく、必ず企業側の意図があります。

聞かれたことに答える」ということは社会人として基本中の基本で、その力があるかESや面接で試しているということもあります。聞かれたことに対しての回答ができていない場合、ESであればその時点で落とされてしまうのです。

面接官に会って自分のことを見てもらう前に、ふるいにかけられてしまうのは悔しいことだと思うので、まず第一に「聞かれたことには的確に答える」ということは外さないようにしましょう。

そのためには、ESの質問をよく読む、面接官の質問をよく聞く、ということを徹底してください。

2. 学生生活で得たこととは?

「学生生活で得たこと」についてですが、学生生活の範囲をどこまでとして伝えればいいかわからないと思いますが、「学生生活=学校生活」と捉えると無難でしょう。

例えば、

  • 学校の講義
  • 研究室・ゼミでの活動
  • 部活・サークル活動
  • 学祭・イベント
  • 留学

などの学校に関わったエピソードです。ただ、アルバイト経験や旅行の経験も学生生活でのことだと思うので、エピソードとして使っても構いません。

2-1. どんなエピソードでも問題ない

就活で使うエピソードはどんなことでも問題ありません。「大会で優勝した」とか「表彰された」と言った特別なことでなくても就活で使うことができます。

なので、必ずしも良いエピソードを話さなければならないということではありません。

「困難に立ち向かったけど、克服できなかった」

という失敗経験でも問題はありません。

学生時代の経験について自信が無かったり不安や悩みがある方は『「学生時代頑張ったことがない人」のための就活攻略法』という記事を合わせて参考にしてください。

2-2. 何を感じて、どう生かそうとするか

ではなぜ、成功した経験でも、失敗した経験でも問題がないのかというと、「何が起きたか」という出来事や結果は重要視されていなくて、その先の「そこから何を学んで、どう生かそうとするか」という、あなたの意見が重要視されるからです。

起きた出来事は客観的事実に過ぎません。事実のみを聞いても面白くありませんし、あなたの人間性が伝わることもありません。

また、ひねったことを言おうとして話が抽象的になってしまったり、逆にちょっと調べれば誰でもわかるようなことも相手の印象に残ることはありません。

企業側はあなたの人間性を知りたがっているということを理解して、知りたいことを伝えましょう。

3. 伝えるときの3つの原則

伝えるときの3つの原則

学生生活で得たことを実際に伝えるときには以下の3つのポイントに気をつけましょう。

①経験者にしかわからない実体験ベースの具体例を挙げる

②それを経験したとき、何を考え、そんな行動をしたか伝える

③その経験が今の自分にどう生かされて、社会人になってからどのように生かしていくか話す

1つずつ確認していきます。

① 経験者にしかわからない実体験ベースの具体例を挙げる

何か話をするときには自分が経験したことベースで話をしましょう。経験したことを話すときは言葉に重みが増しますし、言葉に違和感がありません。逆に就活用に用意した作り話は、ちょっとした話し方の違和感で嘘ということがバレてしまいます。

面接官によく見られたいと思い話を作りたくなる気持ちはわかりますが、そんなことをして就活をダメにしてしまうなら、たとえ平凡な経験だとしても自分が経験したことの中から、具体例を挙げてアピールしたほうが印象が良いです。

② それを経験したとき、何を考え、そんな行動をしたか伝える

客観的事実は誰から見ても同じように見えますが、その事実をどのように捉えて、どのように考えるかは人それぞれ異なります。そして、ここにあなたの人間性やあなたの価値観が現れるので、企業側はそれを基に「自社に必要な人材か」「自社の社風に合う人材か」「自社に適した人材か」判断します。

つまり、あなたが「何を考えるか」「どんな価値観か」ということの判断材料となる重要なポイントなのです。

③ その経験が今の自分にどう生かされて、社会人になってからどのように生かしていくか話す

②のポイントであなたの人間性や価値観を判断した③のポイントで実際にあなたが会社に入ったときにどんな活躍をしてくれるのか?ということを判断し、イメージをします。

企業は試行錯誤を繰り返して、売上を伸ばして成長していくものです。営業でも、開発でも、販売でも、仕事のすべてが成功することはなくて、失敗を繰り返した結果出来上がったものが初めて世の中に出てきます。

つまり、失敗をどのように次に生かしていくかということが非常に重要なポイントになりますので、あなたが学生生活での経験をどのように生かすのか?どのように生かしていくのか?と言うことを知りたいのです。

③の話をできないと、企業側はあなたが入社どのように働いてくれるのかイメージすることができないので、次のステップへ進むことは難しくなってしまいます。

どんな話をピックアップして話しても問題ありませんが、経験から何を考え、何を学び、どのように生かしていくのか伝えることができるようにしておきましょう。

4. まとめ

学生生活で得たことを的確に伝える際の3つの原則は

①経験者にしかわからない実体験ベースの具体例を挙げる

②それを経験したとき、何を考え、そんな行動をしたか伝える

③その経験が今の自分にどう生かされて、社会人になってからどのように生かしていくか話す

の3つです。

学生生活の経験から何を学び何を得たのか、そして今後どのように生かしていくのかということを的確に伝えることができるようにしっかりと学生生活何をやったのか思い出して、しっかりと伝えるための準備をして、就活に臨めるようにしましょう。

sponsored link add







学生生活で得たことを伝える

ABOUTこの記事をかいた人

えんどうゆう

大学卒業2ヶ月前に内定辞退。そのあとに中途採用のみのベンチャー企業に飛び入りで面接を受け、内定獲得。大学生活で経験したこと、今の会社で学んだことを実生活に落とし込んだ情報を発信中。