OB(OG)訪問で質問するべき・聞くべき内容について網羅してみた

OB訪問でするべき質問

初めてのOB(OG)訪問。きっとどのような質問をすることがいいのかなと疑問に思っている人も多いことでしょう。

学生のうちは社会人とのつながりもほとんどないため、社会人と話をすることでさえも緊張するかもしれません。そんな中で、OB(OG)訪問では、質問がとても重要なことであり、かつどんなことを質問すればいいのかなどについて触れていきたいと思います。

OB(OG)訪問はコネ作りだけだと思わないでほしい

まず、「OB(OG)訪問なんて=就活時のコネ作りみたいなものでしょ?」このように考えている就活生も少なからずいると思います。

この考えを全て否定するわけではありませんが、決してコネを作るためだけのイベントではありません。

そういったやましい気持ちのみで臨んでしまえば、忙しい中時間を作ってくれた方に対してとても失礼ですし、さらに中途半端な気持ちで臨んでしまい、帰って悪い印象を与える可能性も十分にあります、

だからこそ、今回の内容で触れるような内容を軽い気持ちではなく、真摯に取り組んでいただく事が重要です。※もちろん、緊張しすぎて固くなりすぎることはありません。あくまでも自然体で、でも自分の勉強になると考えながら臨んでみてください。

OB(OG)訪問は質問が命

OB(OG)訪問は質問をすることがとても重要です。何も話さずに社会人の人が何でも答えてくれることはほとんどないでしょう。

なぜなら社会人の方だって、「きっと学生側が色々と質問を用意しているんだろうな」と考えているはずです。その中で、全く質問を用意していないことはとても失礼にあたる行為なのです。

OB(OG)訪問の前に最低限の情報は取り入れておく

また、OB(OG)訪問の前は最低限の会社情報を取り入れておく必要があります。基本的なことですから、そこまで深く知っておく必要はないでしょう。

  • 会社名
  • 会社が主に行っている事業内容
  • 質問を聞いてくれるOB(OG)が配属されている部署名

これぐらいのことを把握しておけば問題はありません。

OB(OG)訪問で質問したい内容はあらかじめ用意しておく

OB(OG)訪問に臨んで、その場で質問を考えることはおそらく難しいです。そのため、あらかじめ、自分自身のメモなどの質問内容などを記載しておいて、それを元に質問をしておくと良いでしょう。

ただし、質問をする際に流れを用意しておくことは大切です。あくまでも質問の流れがおかしくならないような質問をすることが重要です。

仮に、話の流れが少しおかしくなりそうな質問をすることになりそうであれば、「少し話が逸れてしまうかもしれませんが宜しいでしょうか?」と、前提の一言を付け加えた方が懸命です。

OB(OG)訪問でするべき質問内容

それでは一体どういった質問をすればいいのでしょうか?

次にOB(OG)訪問でするべき質問内容に触れていきます。ある程度カテゴリを分けつつ解説していきます。

①社会人として必要な能力を知る質問

  • 最低限身につけておくビジネスマナーはありますか?

短い間でも社会人を経験している人であれば、それなりに必要なビジネスマナーを理解しているはずです。意外と自分が知らずに驚くようなビジネスマナーを聞くことができるかもしれません。

②その会社で活躍するための質問

  • どのような人が活躍されていますか?
  • どのような新卒社員を求めていますか?

ズバリ「この会社で活躍するための方法はどういったものですか?」といった質問をすることで、「この学生はやる気があるな」といった評価を受ける可能性があります。

また、特に下心などなくても、純粋にこの会社で活躍する人はどういった人なのかを知ることで、その後の選考でも「本当にこの会社で働きたいのか」と考えることもできます。

③仕事のやりがいを知るための質問

  • 仕事をしていてどのような時にやりがいを感じますか?
  • 仕事が辛い時はありますか?
  • 仕事をしていて辛い時にどういった事をしたり考えたりしていますか?

仕事に対してやりがいを感じない社会人だってたくさんいます。そんな時に、もし「こんなところに誇りを持っている」といった返答をしている社会人がいれば、とても素敵な会社であること、かつとても素敵な社会人かもしれません。

また、仕事が辛い時だって多々あります。辛い時にどういった考えでいるのかなどを知ることで、社会人になってからはもちろん、その後の学生生活にだって生かすことができるでしょう。

④仕事内容を理解するための質問

  • 御社のビジネスモデルは◯◯で間違いないでしょうか?
  • 御社のビジネスモデルは◯◯だと思うのですが強みはどういったものですか?
  • 御社のビジネスモデルを少しイメージできていないため、大まかに解説していただいても宜しいでしょうか?

この質問をする際は、「何もわからないので教えて下さい」といったスタンスにならないことです。ある程度その会社のHPなどに目を通しておいて、ビジネスモデルを簡単に理解しておくことが大切です。

社会人側の視点に立ってみても、やはり何も調べずに臨んでくる学生よりも、ある程度の知識を身につけてきた上で、わからないことを質問してくる学生の方が話していて楽しいはずです。

⑤社内の雰囲気を知るための質問

  • 社内はどういった雰囲気ですか?
  • 社員の方同士は頻繁にコミュニケーションを取っているのでしょうか?
  • 部署間の交流などはあるのでしょうか?

もし、社内の雰囲気や働きやすさなどを気にしているのであれば、ここら辺の質問は必須事項です。何となくといった判断で入社しても、後悔をする可能性が高いです。

学生のうちに会社の雰囲気などを知ることができる質問をしておくことは大切でしょう。

OB(OG)訪問で聞いてはいけない質問リスト

中には学生だからといって、社会人相手に「してはいけないNGな質問」も存在します。「え、それって聞いちゃいけないの?」といった質問もあるため、失敗をしないためにも是非覚えておいてください。

①残業に関する質問

  • 毎日どれくらい残業をしているんですか?
  • 残業代はどれくらい出るんですか?

これは日本の会社の悪いところかもしれませんが、残業に対する質問は基本的にNGです。中には「残業をさせない会社」もあるため、そういった会社の人であれば、そこまでNGな質問ではないかもしれません。

ですが、基本的に残業=マイナスイメージになりがちですし、残業について質問をしていると「この学生はあまり仕事を頑張りたくないのかな…」と思われかねません。(そのような気持ちを抱いていなくても思われる可能性が高いです。)

②給与に関する質問

  • 給料はどれくらいもらっているのですか?
  • ボーナスはいくらぐらいですか?

お金に関する質問もNGです。給料=ステータスと考えている社会人だって多いですし、それによって自分の給与の額をコンプレックスに感じている人もいます。

またこれも日本人的な考え方になってしまうのです、「お金=汚いもの」と思いがちなひとが多いです。お金の話はなるべくしない方が無難でしょう。

③調べればすぐにわかる質問

  • どんなことを仕事にしているのですか?
  • BtoBとはなんですか?

調べればすぐに分かってしまうような質問はなるべくしない方が良いです。「そんな質問自分で調べなよ」と思われるかもしれません。

とは言ってもどうしても話をしているときに、質問をしたくなるときもあるはずです。(社会人からしたら簡単な内容で)その時は「当たり前のことかもしれませんがご質問をしても宜しいでしょうか?」と前置きをしてから、質問をすることが良いでしょう。

ある程度前置きをしておけば、社会人側も快く返答してくれるでしょう。

とは言っても純粋な疑問をぶつけることも大切

聞いてはいけない質問だってあるかもしれませんが、そういったことを気にしすぎて何も質問ができないことはとてももったいないです。

変な質問をして失礼なのではなく、せっかく時間を取ってもらったのにほとんど質問をしないことの方が失礼に当たります。

しっかりと自分が感じた疑問などをぶつけてみて、たくさん質問をしてみてください。

OB(OG)訪問にはしっかりとお礼メールを送る

もちろん、OB(OG)訪問は終わった後は、しっかりとお礼メールを送りましょう。時間を頂いた後ですから、それに対するお礼を述べることになります。

OB(OG)訪問後のメールの作成方法はこちらの記事を参考にしてもらえれば問題ないでしょう。

【参考】OB(OG)訪問後のお礼メールのテンプレートと注意点

本気でOB(OG)訪問に臨んだ人はきっと糧になる

中途半端な気持ちで訪問をして、中途半端に質問をする事はとてももったいないです。

訪問中は長くても1時間程度、場合によっては30分程度で終わってしまう可能性もあります。そんな中でただ適当な質問をして、相手の話に相槌を売っているだけではもったいないです。

大切な事は、質問をする時は最低限の礼儀を保ちつつ、聞きたい事をしっかりと聞く事です。そして、さらに相手の話を本気で聞く事も意識すると良いでしょう。

確かに中には魅力的ではない社会人もいるかもしれませんが、とは言っても、やはり自分よりも社会人として活躍をしている人たちの話です。全てを真に受ける必要はないかもしれませんが、きっと勉強になるはずですから、しっかりと相手の話を聞いてみると良いでしょう。

また、とても興味のある分野であるならなおさら、「私はとても興味を持っています!」といったようにアピールをする事ができれば、相手の社会人も「お、この学生は自分に興味を持ってくれているな。」と無意識に感じてくれるでしょう。

OB(OG)訪問によって就活が有利になることも

最後になりますが、OB(OG)訪問の際に、社会人相手に自分の考え方を発したり、感じていることなどを聞くことができれば、社会人の方から一目置かれるようになるかもしれません。

変に気を使う必要はありませんし、最低限の礼儀を持ちつつ、聞きたいことを質問することが大切です。ぜひ有意義なOB(OG)訪問にしてみてください。

就活原点

OB訪問でするべき質問