OB(OG)訪問はスーツもしくは私服?服装のマナーについて

OB訪問の服装

OB(OG)訪問に行く際、「どのような服装で行くべきなのか?」といった疑問が浮かぶと思います。

社会人の方から「私服で問題ないですよ」と言われる時もあれば、特に何の指定も受けない時もあります。そこで今回は、OB(OG)訪問に行く際にどう言った服装で臨むべきなのか、そもそもスーツなのか私服なのかどちらで行くべきなのかについて解説していきます。

OB(OG)訪問の服装は意外と簡単

OB(OG)訪問に行く際にはどのような服装で行くべきなのかはとても簡単です。シンプルに考えて、社会人と会うときスーツを着ていくことが基本です。

そのため、もし先方から何の指定もなければスーツで行くことがベターですし、「私服で大丈夫です」と言われたら私服で臨めば良いだけの話です。

OB(OG)訪問の服装は基本的にはスーツでOK

基本的にスーツで臨むことがベターと言いました。その理由としては、社会人=スーツといったイメージがあることと、それなりにかしこまった場ですから、スーツで臨むことが当たり前になるからです。

「スーツでOB(OG)訪問に行くなんて、ちょっとかしこまりすぎなんじゃないか?」と思うかもしれませんが、何も指定を受けていないのに私服で臨むことで「この学生は身だしなみがなっていないな」と思われかねません。

そのため、OB(OG)訪問に臨む際は、基本的にスーツで問題ないのです。

どんなスーツを着ていけばいいの?

では、OB(OG)訪問の際はどう言ったスーツを着ていけばいいのでしょう。

基本的なポイントは以下の2つです。

  • スーツの色は紺色(黒もNGではない)
  • 柄は無地か薄いストライプ

色に関しては、紺色がベターになります。黒色はリクルートスーツであれば定番の色ですので決してNGな色ではありません。ですが、スーツの基本色は紺色ですので、すでに手持ちにあるようでしたら、紺色で問題ないでしょう。

柄に関しては、よほどな派手な柄でなければ特に問題はありません。基本的には無地で大丈夫ですし、柄が入っていても薄めのストライプがオススメです。

コート類は脱いでおく

時期によってはコートを着用していることもあるはずです。コートのマナーですが、実は社会人の方と会う際にコートを着ていることは失礼に当たります。

建物に入る際にコートを脱いでおいて、自分自身の手で持っておくことが良いでしょう。*椅子に座る時などは、椅子の背もたれにコートを掛けても問題ありません。

OB(OG)訪問に私服は問題ないの?

OB(OG)訪問といえども、「私服で着て問題ないよ」と言われる時があるかもしれません。その際は社会人の方も、そこまでかしこまった服装を求めているわけではないため、私服で臨んで大丈夫です。

むしろ「私服で大丈夫だよ」と言われているぐらいですから、素直に私服で臨むことが望ましいでしょう。

私服の際はシャツとチノパンを着用すれば大丈夫

私服はそこまで気を使った服装にする必要はありません。基本的なポイントは以下の4つです。

  • 襟付きのシャツを着用する(無地の白シャツなど望ましい)
  • パンツはベージュ色・黒色・紺色ののチノパンを着用する
  • 可能であればジャケットも着用する
  • 女性はワンピースやアンサンブルにジャケットが望ましい

シャツは襟がついてることで少しでもかしこまった服装になるため、是非着用することをオススメします。できれば柄がない無地の白シャツを選んだ方が無難です。

パンツは定番のチノパンを着用すればOKです。そしてこれは可能であればですが、オフィスカジュアルを意識して、テラードジャケットを着ておくことも良いかもしれませんね。

*ですが、テーラードジャケットをわざわざ用意することもないので、無理に用意する必要はありません。

派手すぎる色は避ける

当然ですが、派手すぎる色を含むものは避けましょう。原色や原色に近い色を含むものを着用してしまうと、社会人の方に「服装が派手だな…」といったあまり良くないイメージを抱かれる可能性があります。

基本的に使う色に関しては、明るい赤・黄色・緑などの色を使うことは避けることが大切です。

OB(OG)訪問の服装でその他に気をつけること

その他にも細かい部分かもしれませんが、OB(OG)訪問では気をつけるべき部分があるので、こちらについても解説をしていきます。

高価なアクセサリー類は身につけない

ブランド物などの高価なアクセサリー系を身につけることは避けましょう。もっと言うと、ネックレスなどの装飾品をつけることは避けた方が無難です。

高価な物やその他のアクセサリー系も身につけたい気持ちはわかりますが、就活やOB(OG)訪問においてはタブーであるため気をつけましょう。

髪色をなるべく落ち着いた色にする

髪色もなどもなるべく落ち着いた色にすることが大切です。大学生ですと、髪を染めているケースが多いと思いますが、相手は社会人ということもあるため、なるべく黒色に髪色を戻しておくことが良いでしょう。

中にはアパレル系などの仕事をしている人が社会人訪問の相手となることもあるため、その際はある程度目立つ髪色などでも良いかもしれません。

清潔感を失わなければ問題無し

最終的な考え方になりますが、清潔感さえ失っていなければ、服装は普通で問題ありません。なるべく綺麗な服を着て、汚れの目立つような服を着ることは必ず避けるようにしましょう。

スーツであっても、シワがたくさんついていたり、糸がほつれている物を身につけることは危険です。社会人から見ても「この学生はだらしないな…」と思われる可能性は非常に高いため、気をつけるようにしましょう。

知り合いに社会人がいれば念のために服装を確認してもらう

最後になりますが、服装に関して一番アドバイスをしてくれる人は、知り合いの社会人の方でしょう。現在社会人なのであれば、最低限のマナーを守った服装を提示してくれるはずです。

かしこまりすぎる必要はありませんが、是非相手に不快感を与えないような服装をして、OB(OG)訪問に臨んでみてください。

就活原点

OB訪問の服装