「彼女欲しい」が口癖の大学生に知ってもらいたい5つのこと

「彼女欲しい」が口癖の大学生に知ってもらいたい5つのこと

sponsored link







あなたは「彼女が欲しい」が口癖になっていませんか?

大学生になって彼女が欲しいという人も多いですが、彼女が欲しいが口癖になってしまっている人はちょっと注意をした方がいいかもしれません。

ここでは、「彼女欲しい」が口癖になってしまっている人に知ってもらいたいことをまとめました。彼女が欲しいと思っている方、ぜひ参考にしてください。

1.「彼女欲しい」という口癖の大学生は印象が悪い

「彼女欲しい」が口癖になってしまっているあなたは、もしかしたら、周りからの印象が良くないかもしれません。

自分では気がついてないかもしれませんが、実は「彼女欲しい」ばかり言っていると、いつに間にか周りから悪い印象を持たれてしまいます。

特に、「彼女欲しい」ばかり言っている人は女子からの印象がとても悪くなってしまいます。口ばかりになってしまって何も行動をしないと「何もしていないのにお前が言うなよ」と思われてしまいます。

実際に、僕が大学時代の友達で「彼女欲しい、彼女欲しい」が口癖になっている人がいましたが、その人からだんだん女子が離れていくのを近くで見ていましたが、かわいそなくらい「さっ」といなくなります。

なぜ女性が嫌がるかというと、「彼女欲しい」と言っていると、なんとなく狙われている気がすると感じるようです。

飲み会とかでも「酔った勢いで襲われそう」というような印象を持たれてしまい、女性が近寄らなくなってしまいます。

自分自身が実際にそう思っていなくても、周りからの印象は悪くなってしまい、自分から恋愛運を下げてしまうことになりますので、「彼女欲しい」が口癖の人は少し自分の発言を見直してみると良いかもしれません。

2.「彼女欲しい」→その彼女は具体的に誰?

「彼女欲しい」が口癖の人は、具体的にその彼女はどんな人を思い浮かべているでしょうか?

もし、どんな彼女が欲しいかと聞かれて答えることができなかったら、彼女を作るのは難しいかもしれません。

これは彼女に限ったことではありませんが、何かの目標を達成しようと思ったら、その目標はより具体的にした方が達成しやすくなります。

自分の中で「こんな彼女が欲しい」という一定の基準があれば、その基準を元に女性を見ることができるので、いざ出会いがあったときに基準を元に判断ができるようになります。

「このくらいの顔なら妥協できるな」

「性格はちょっと理想ではないけど、可愛いからok」

とか、自分の基準に引っかかる女子に目が行くようになります。しかし、具体的にどんな彼女が欲しい自分でもわかっていない人は、引っかかる基準もなくチャンスを逃してしまいます。

自分が欲しいと思っている彼女はどんな人か、年上なのか、年下なのか、それだけでも決めておくとチャンスが引っかかりやすくなりますよ。

理想が高すぎるかもしれない

彼女が欲しいという人で、どんな彼女が欲しいのか?と聞くと、「モデルのような人」とか「みんなのアイドルちゃん」とか、いわゆる高嶺の花を思い浮かべている人もいますが、理想が高すぎても彼女はできません。

高嶺の花は、高嶺の花だけあって競争率も高いですし、なかなか手が届くものではありません。特に今まで恋愛経験が少ない人は、いきなり高嶺の花を狙っても高嶺の花が振り向いてくれるのは奇跡に近いです。

その奇跡にかけて高嶺の花を彼女にしようと思うのも悪くはありませんが、「彼女が欲しい」のであれば、現実的に考えて理想を下げることも大切です。

3.「彼女欲しい」が口癖の大学生の5つの共通点

「彼女欲しい」という大学生がいつまでの彼女ができない理由の共通点があります。もしあなたも心当たりがあれば、今すぐに直すことをおすすめします。

「彼女欲しい」という口癖をやめて、5つの共通点を改善すれば、少しずつ女性も寄ってくるはずです。

①ただ言いたいだけ

「彼女欲しい」が口癖の人は、それを“ただ言いだけ”ということはないでしょうか?

彼女ができなくてかわいそうな悲劇のヒーローを自分で演出して、周りに同情してもらいたいがために、「彼女欲しい」と言っている人は多いように思います。

悲劇のヒーローを演じたところで誰もあなたにシンデレラを紹介してくれないし、かわいそうな自分を演じていることは周りは察します。印象を悪くしたり人が離れていくだけなので、ただ言いたいだけで「彼女欲しい」と言っている人は、すぐにやめることをおすすめします。

②行動しない

「彼女欲しい」が口癖の人は、口では欲しい欲しいと言っておきながら実際に何も行動をしない人が多いです。

そんな姿をみて、周りは「欲しいなら何か行動しろよ」と思うでしょう。あいつは口だけ、と思われるとその他の信用も失いかねないので、彼女が欲しいと思ったら彼女を作るための努力をするようにしましょう。

③誰かが紹介してくれると思っている

これも共通点ですね。誰かが紹介してくれると思っている人は本当にたくさんいます。確かに、友人の紹介から発展してお付き合いをするパターンは多いですが、紹介ありきの考えは、自分で努力をすることを怠っていると思われます。

その結果、「お前に紹介してもね~」と周りは思うので、紹介してもらうことはないでしょう。

④自分が悪いと思っていない

これも多いです。「彼女欲しい」が口癖の大学生は、自分が悪いとは思っていません。

  • 「女がいない環境が悪い」
  • 「理系だから出会えない」
  • 「フリーの女子が周りにいない」
  • 「女子と話が合わない」

など、何かにつけて誰か人のせいにしたり環境のせいにします。

  • 「お前が紹介してくれないから、俺は彼女ができない」

なんて言う人もいますが、そんな人に誰が女子を紹介するでしょうか?

彼女ができないのは100%自分が悪い

彼女ができない理由はいろいろとあると思いますが、彼女ができないのは基本的には100%自分が悪いと思った方が良いでしょう。

出会いがなかったら出会える環境に身を置くとか、女子が居ない環境なら女子がいる環境に行ってみるとか、自分が行動をすればいくらでも出会うことはできます。

「女子と話が合わない」という人が実際にいましたが、そんな人はいつまで経っても彼女はできないでしょう。

第一、男と女が話が合うことはまずありません。共通の話題があってもコミュニケーションの方法も男女で違うので、会話に苦労するのは当たり前です。

女子と話題が合わなかったら、女子の話についていけるような話題を情報収集するとか、女子との会話に苦労するなら、女性とのコミュニケーションを勉強するとか、努力をしましょう。

勘違いしているかもしれないのでしっかりとお伝えしますが、女性と仲良く話せる人や女性に人気の人は、女子が好きそうな話題を勉強したり、女性と信頼関係を築くためのコミュニケーションを一生懸命勉強しています。

彼女ができないのは100%自分が悪いと思って、いろんな努力をしていきましょう。

人のせいにした瞬間に自分は改善しようとしない

また、人間は誰かのせいにした瞬間に自分は改善しようとしなくなり、成長がストップしてしまいます。

今あなたが彼女がいないなら、その状態で改善しなくなったら一生彼女ができなくなってしまいますよね。そう言った意味でも「彼女ができないのは100%自分のせい」という考え方が重要になります。

⑤いざチャンスが巡ってくると緊張しちゃう

彼女欲しいという人の共通点、最後は「いざチャンスが巡ってくると緊張しちゃう」です。

運良く誰かに女子を紹介してもらってチャンスが巡ってきても、今まで準備をしていなかったために緊張してしまって何もできないままチャンスは過ぎ去ってしまう。。。

準備不足の自分が悪いはずなのに、「相性が悪かった」と言い訳をして自分は改善しようとしない。そんな人が多いです。

彼女を作っている人は、日頃から女子と会話する練習をしたり、女子が喜ぶことをやったりしているので、チャンスが巡ってきたときに極端な緊張をしません。その結果、女子との会話も弾み仲良くなることができるのですね。

4.「彼女が欲しい」と思ったら最初にやるべきこと

では、実際に彼女を作るためには、大きく分けて以下の“4つのステップ”をクリアしていくことが必要になります。

  1. 出会いの場を作る
  2. 第一印象を整える
  3. とにかく会話をしてみる
  4. 話を聞くことを意識する

それではここからは一つずつ細かく見ていきます。

①出会いの場を作る

大学生に関わらず、社会人にも多いのですが、「出会いがないんだよね。」という嘆きがあります。

確かに出会いがなければ彼女を作ることもできません。出会いの少ない理系男子や、アルバイトにもほとんど男性しかいない方にとっては、仕方のないことかもしれません。

ですが、それを言い訳にして出会いを求めなければ、彼女を作ることができないまま、ズルズルと時間ばかりが進んでしまいます。

まずは当たり前のことかもしれませんが、

「出会いの場を増やす=彼女ができる可能性が高まる」

ということを頭の中に入れておいてください。

ちなみに出会いの方法はいくらでもあります。

学生限定の街コンや、相席屋、女性の多いサークルに所属する、女性の多いバイトを始める、いろいろな講義に出席する、女友達の多い友達を作るなどです。

また、最近はFacebook認証のマッチングアプリなども人気が高くなってきています。

【参考記事】3ヶ月間ペアーズをやって彼女ができた男のリアルな体験談

 

そういった便利な世の中だからこそ、使う以外に手はないのです。

ここで、「そんなこと面倒で出来ないよ…。」と思った時点で、出会いのチャンスを逃しています。そこは天秤に掛けてみて、本当に彼女が欲しいのであれば、しっかりと行動に移すべき必要があるでしょう。

②第一印象を整える

さて、次に意識するべきことは

「第一印象を整える」

ことです。

多くの人は、「外見=顔面偏差値」のことと勘違いしていますが、決してそうではありません。もちろん、イケメンの方が第一印象は良いですが、それだけが全てではないのです。

服装を整える

まず、一つ目の手段として、服装を整えることを意識しましょう。

特別なおしゃれをする必要はありませんが、まずは「サイズ感」「色使い」などを意識するだけでも、ファッションはかなり改善されます。

特に最近は女性も男性のファッションに対して、厳しい目で見ています。

その分、シンプルでおしゃれな服装することができれば、ぐっと第一印象は良くなります。

ファッションのことがわからない方は、まずはこちらの記事を読んでおくといいでしょう。

大学生向けメンズファッションのすべてがわかる教科書

これだけは避けたい!大学生のダサいファッション15選

髪型を整える

次に髪型ですが、まずは美容院に足を運び、人気の髪型にしてもらいましょう。

髪質に特徴がある人は、その髪型を活かせるような髪型を美容師さんと相談しながら、いい髪型を作っていってください。

基本的に、髪が長すぎると清潔感を感じられないので、そこはしっかりと意識しておきましょう。

ムダ毛を処理する

ムダ毛の処理をしていない人が意外と多いです。

すね毛を全て剃る必要があるわけではありませんが、無精髭をしっかり剃ったり、脇毛がTシャツの裾からはみ出ない程度に処理したり、鼻毛が出ている人はしっかりと処理しておきましょう。

特に鼻毛が出ている人は、女性から見ると一気に恋愛対象外になってしまう可能性があります。

③とにかく会話をしてみる

そして、しっかりと第一印象を整えて、出会いの場も増やすことができたとします。

次に意識することは、「とにかく女性と話をする」ことです。

彼女がなかなかできない人は、圧倒的に女性と会話を交わすことが少ない人が多いです。

つまり「女性慣れ」をしていないのです。

「女性慣れ」と聞くと、あまり印象が良くないかもしれませんが、女性からしてみても、「まったく女性に慣れていないおどおどした男性」と「少しチャラいかもしれないけど、話していて楽しい男性」だったら、ほとんどの女性は後者を選びます。

それぐらい、まずは女性と話したりすることに慣れる必要があるのです。

④話を聞くことを意識する

そして、実際に女性と話すときは、「しっかりと相手の話を聞いてあげる」ことを意識しましょう。

女性は相手からの意見を求めているのではなく、とにかく自分にあった出来事を伝えたいだけなのです。

そのため、愚痴やその日に合った出来事を話されても、的確なアドバイスを求めているケースはほとんどありません。

とにかく話を聞いてあげて、相手の欲求を満たしてあげてください。

5.社会人になるとリアルに彼女が欲しくなる

大学時代は遊び半分の「彼女欲しい~」だったのが、社会人になると結婚を意識したリアルな「彼女欲しい…」に変わっていきます。

「彼女欲しい」と、なんとなく言ってられるのは大学生まででしょう。大学生で彼女がいなくても「まだ若いんだから大丈夫でしょ!」と言ってくれる人もいるかもしれませんが、社会人になるとリアルな相談になり、生々しくなっていきます。

特に男が多い企業に就職して職場で女性との出会いがなかったら、その後の女性との出会いは極端に減ってしまいます。

女性の方が焦りがち…

とはいえ、男性の方が余裕があるようで、女性の方が恋人がいないことをリアルに意識するようです。

僕が実際に受けた相談で、先輩の28歳の女性から「出会いがなくて彼氏ができないんだけど、紹介してくれないかな…」と言われましたが、リアルすぎて怖い印象を持ってしまいました。

男性のほうが結婚に余裕があるとはいえ、今まで一度も彼女がいたことない人は焦ってしまうようです。もし、今まで彼女がいた経験がない人は「彼女欲しい」と口だけでなく、大学生の間に彼女を作る努力をしてみてはいかがでしょうか。

sponsored link add







「彼女欲しい」が口癖の大学生に知ってもらいたい5つのこと