幸せな人生を送るために“環境”を使い倒すたった2つの方法

幸せな人生を送るために“環境”を使い倒すたった2つの方法

sponsored link







「幸せな人生を送りたい」、「お金持ちになりたい」、「好きな事をしていきてきたい」

きっとこのような未来図を描いている方は多い事でしょう。

それと同時に「どうすれば幸せになれるのか」、「そもそもお金持ちになるなんて無理だろうな」と言った風に考えている方も多いはずです。

結論から言ってしまえば「あなたの理想を叶える事」は十分可能です。ただ多くの人は理想論を頭の中で描いているだけで、実際に「どうすれば良いのか」という部分を考えないのです。

今回の記事では、その「どうすれば良いのか」と言った部分について詳細に記事を書いていきます。

どうぞ最後まで読み進めてみてください。

1.環境の大切さ

まず、「環境の大切さ」について触れていきます。人間は自分たちが思っている以上に、環境に左右されやすい生き物です。

「環境というと?」と思うかもしれませんが、要は「自分自身の周りにどんな人がいるのか」、「どんなライフスタイルを送っているのか」と言った部分です。

「ミラーニューロン」という言葉あるように、人間は人の影響を特に受けやすいのです。

1-1.長時間を一緒に過ごす人たちの平均値が自分

面白い話があります。あなた自身、日常生活で長い時間を共有している5人の顔を思い浮かべてください。

その5人の年収、生活習慣、性格、口癖、体型などが自分の平均値になっているというのです。もちろん、本当に平均値なのかというと100%言い切れませんが、少なからず影響を受けている事はまちがいありません。

愚痴をたくさん言っている人と常に過ごしていれば、自分自身も愚痴を言ってしまう人になります。常に前向きに行動をしている人と一緒に過ごしていれば、前向きな人間になれるのです。

先ほども言ったように年収や生活習慣も似てきます。

1-2.付き合う人を考える必要がある

だからこそ、私たちは常に付き合う人を意識する必要があるのです。

あなたが今まで通りの生活を送ったり、年収なども今までと変わらなくて良いのであれば、今まで通りの人たちと付き合っていれば良いです。もちろんダメな事ではありません。

ですが、もしそれが嫌なのであれば、それは意図的に直す必要があります。

1-3.環境は悪影響ももたらす

環境は悪影響をもたらします。あなたは今まで色々な環境に属してきたはずです。

学校、部活動、サークル活動、家族などなど。その中に一人でも、人の気持ちを考えずに言葉を発していたり、行動をしていたりする人がいたら、確実にその環境の雰囲気は悪くなっていたはずです。

思った以上に環境は影響力があります。

1-4.理想を達成している人と多くの時間を共有する

となると、反対に環境を思う存分使い倒す必要がありますね。そう、自分が素晴らしいと思える人とたくさん関わるようにして、たくさんの良い影響を受けるようにするのです。

尊敬するサークルの先輩でもいいですし、心からすごいと思える社会人でも、人間的に自分よりも一歩成熟してる同級生でも構いません。

とにかく、自分が素晴らしいと思える人と一緒に過ごす時間を多くする事が大切です。

2.そもそも自分の理想って?

とは言っても、「一体自分の理想とはなんだろう?」と思うかもしれません。

2-1.どんな人にでも理想はある

まず前提として、理想は人によって変わってきます。

それは大きな事でも小さな事でも構いません。そもそもその人の今までの人生経験なども関わってくるため、人によって違う事は当たり前の事なのです。

また、理想に良し悪しはないため変に格好つける必要もありません。素直に素直に自分の理想に従ってください。

2-2.理想を恥ずかしがらずにイメージする

理想の見つけ方としては、「とにかく今の自分の理想をイメージすること」です。

決して恥ずかしがる必要はありません。

「幸せな家庭を持ちたい」、「大好きな車を買いたい」、「女性にモテモテの人生を送りたい」など、本当になんでも良いです。

また、色々な人生経験を積むことで、そこから更にやりたい事や理想が浮かんできます。

3.最後に

  • 理想をイメージする
  • その理想を達成している人と長い時間を過ごす

この二つを意識するだけで、あなたの人生は劇的に変化を起こします。ぜひ環境を思う存分使い倒して、理想の人生を送れるようにしていきましょう。

sponsored link add







幸せな人生を送るために“環境”を使い倒すたった2つの方法

ABOUTこの記事をかいた人

えんどうゆう

大学卒業2ヶ月前に内定辞退。そのあとに中途採用のみのベンチャー企業に飛び入りで面接を受け、内定獲得。大学生活で経験したこと、今の会社で学んだことを実生活に落とし込んだ情報を発信中。