就活においてアパレル業界で自己PRをする方法について

sponsored link







アパレル業界は就活をする学生にもかなり人気が高い業界の一つです。

アパレル業界で働きたいと思う理由には、人に接する仕事に興味があったりファッションが好きだからなど、人によって様々な理由があるのではないでしょうか。

就活においてアパレル業界で自己PRするには、自分が本当にアパレル業界で働きたいという強い意欲をアピールすることが大切です。

そこで今回はアパレル業界を志望する学生が就活で自己PRをする方法をご紹介します。

自己PRを考える前の準備段階は?

自己PRを実際に考える前に、自分の中で自己PRに必要な色々なことを整理しておく必要があります。

その準備に必要な2つのポイントを見ていきましょう。

①自分が働きたいショップ・ブランドをよく理解する

”アパレル業界”と言っても、それだけではくくりが大きすぎますよね。

応募をするのは自分が働きたいショップやブランドになるので、そのショップやブランドについて理解を深めることが非常に大切です。

扱っている商品やコンセプトなどを正しく理解し、自己PRに理解したことを盛り込みましょう。

②自分の体験談を書き出す

自分の体験談を書き出してみることも、その企業を志望する上で大切なことです。

お客さんとしてそのブランドの服を購入した時にショップ店員の接客や着こなしに憧れた、服の素材やデザイン、着心地が良くて周りの人からセンスを褒められたなど、まずはそのショップやブランドに絡めた体験談を書き出してみてください。

自己PRの書き方は?

アパレル業界を志望する場合の自己PRは、どのように書いたら良いのでしょうか。

自己PRに書いておきたい3つの点をご説明します。

①自分の売りを書き出す

自己PRとは、簡単に言えば自分の売りとなることです。

自分の売りは何かを考えて、それが自己PRの中で活かせるかを考えてみましょう。

まずは箇条書きで良いので、思いつく限りの自分の売りを書き出してみてください。

②その売りと企業のニーズがマッチするか考える

次に、自分が書き出した売りの中でアパレル業界で使えることを選んでいきます。

自己PRの時間は意外と短いので、売りを全て言っている時間はありません。

企業の売りとマッチしそうな売りを2,3個考えて決めておくことが大切です。

③自分の経験が企業に生かせるかどうか考える

自分の売りには必ず経験が付いてきますよね。

その経験は企業で生かせるかを考えてみてください。

エピソードがあっても上手くアパレル業界で生かすことができないなら、自己PRには不向きです。

自己PRと経験談は必ず繋がるようにしてください。

自己PRの伝え方(例文)

自己PRの伝え方は意外と難しく、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

これまでの経験別の3つのパターンの例文をご紹介します。

①アパレルを経験している人のケース

私は学生時代、洋服の販売のアルバイトをした経験があります。

お客様に今流行の色やデザイン、似合う服を聞かれることも多かったので、私は勉強のために客観的にたくさんのファッション雑誌を読んだり、他のショップを見に行きました。

その結果、流行に詳しくなったり見る目を養うことができ、お客様の目線に立って商品を勧めることができるようになりました。

そして、お客様の目線に立って提案することで、ショップの売上を伸ばすことに貢献することができました。

②接客業を経験してきた人のケース

私はアパレルでの経験はないですが、学生時代は飲食店で接客業のアルバイトをしていたので接客には自信があります。

アルバイトではただ接客をするだけでなく、お客様と会話をして仲良くなるような工夫をしました。

その結果、常連のお客様が増えたり私のおすすめの料理を追加してくれるお客様が増え、お店全体の売上アップにも繋がりました。

③アパレルも接客業も経験した事がない人のケース

私の強みはコミュニケーション能力が高いことです。

私は誰とでもすぐに打ち解けることが得意で、周りの人の意見を尊重するので聞き上手だとよく言われます。

アパレルの仕事や接客業は未経験ですが、私の持ち味でもあるコミュニケーション能力を生かしてお客様のニーズに合った提案を積極的にしていきたいと考えております。

アパレルを経験していない人でも志望する資格はある!

アパレルは経験をしていない人でも志望する資格はある業界です。

もちろん、過去にアルバイトで経験していればそれは強みにはなりますが、入社してから徐々に覚えてスキルアップしていけば大丈夫です。

是非、希望したアパレル業界を諦めずに自分の経験に合った自己PRでアピールしてみてください。

sponsored link add