就活における自己PRと長所の違いとは何か?

自己PRと長所にどのような違いがあるかわからない人もいるのではないでしょうか。

今回は上記の二つの違いと、それぞれのアピール方法について触れていきたいと思います。

「自己PR」と「長所」 それぞれの意味

就活において「自己PR」と「長所」の違いをしっかりと把握しておくことは、自身の採用活動を有利に進めるために必要なポイントとなります。

2つを問われたときに、違いを理解しないまま混同した回答をしてしまうと、「就職活動に本気で臨んでいないのでは?」と疑われることになるかもしれません。

まず、就活における「自己PR」とは、「企業に対して自分自身を売り込み自分の価値を知ってもらうためのPRのこと」です。

つまり「自己PRを述べてください」と言われた場合は、自分自身が、採用担当者が求める人材にマッチする人物であることを伝える必要があります。

一方「長所」とは、「自分から見て他者よりも優れていたりポジティブに捉えることができたりする特徴のこと」です。「長所を述べてください」と言われた場合、採用担当者が求める人材像がどんなものかは関係なく、そのまま自分自身の強みを伝えるのが正解です。

違いをまとめると、「自己PRは採用者側の視点に立って述べるべきことで、長所は自分自身の人間性を伝えるために自分の視点から述べるべきこと」ということです。

就活における自己PRと長所の具体例は?

自己PRと長所で語るべきポイントについて、それぞれ3つずつ具体的例を挙げてみます。

自己PRで語るべきこと

  • その企業を受けた動機
  • 自分は企業が求める人材像にマッチする人物か
  • 自分の強みを生かして会社にどう貢献できるか

長所で語るべきこと

  • 自分には他人に比べてどのようなアドバンテージがあるか
  • 「なぜ長所だと思うのか」、「いつ気づいたのか」など長所の背景
  • 周囲の人からはどのような「良い評価」を受けているか

ポイントからわかるのは、「自分の長所を理解していなければ自己PRはできない」ということです。

たとえば、自分が、企業が求める人材像にマッチする人物であることをPRするためには、まず自分の強み(長所)を語る必要があります。また、会社にどう貢献できるかを伝える場合にも、「私の○○という強み(長所)を生かして××という形で貢献したい」と語るのが自己PR作成のベーシックな流れです。

企業・採用担当者によって自己PRや長所は柔軟に工夫する!

企業が求める人材像は、その企業の理念や方向性、事業内容などによって千差万別です。

たとえば、銀行系のA社の営業職では「ストレス耐性」や「数字に強い」といった長所を持つ人材が特に求められ、既存の顧客との取引が多い飲料系メーカーのB社では、「コミュニケーションン能力」や「第一印象の良さ」といった長所が特に求められる、といったように違いがあります。

そのため自己PRや長所は、企業や採用担当者が求める人材像に合わせて柔軟に変えたり表現を工夫したりすることが、採用活動を有利に進めるためには必要なのです。

的確な自己PRをするためには企業分析を忘れずに

自己PRや長所を企業が求める人材像に沿うようなものにするために、しっかりと企業分析を行いましょう。

企業のことを知らないまま「ただ自分で決めただけの長所を含めた自己PR」をしてしまうと、「求める人材像」とその「自己PR」との間にミスマッチが生じやすくなります。

結果的に、「この人はうちの会社には会わない人だ」と判断されて、落とされてしまうことにもなり得ます。

企業のことを知り、分析するために活用したい方法はいくつかあります。

  • 企業が出す求人募集の広告(求人サイト、SNSなど)
  • 企業のホームページ
  • 就活情報誌
  • 大学のキャリアセンター
  • 説明会や就活イベント
  • OB・OG訪問
  • インターシップ

できるだけ多くの視点から企業のことを研究・分析するために、これらの方法を可能な限り併用することをおススメします。

ひいてはその取り組みが、自身の自己PRと長所の質を高め、魅力的な自己PRと面接につながっていくはずです。

就活原点