自己PRを1分でまとめる際の5つのコツ・注意点について

sponsored link







自己RPをなるべく短く簡潔に伝える能力は、就活では必要になるスキルでしょう。

簡潔に結論を述べる力は社会人としても重要ですし、それを就活の時点で見せることができれば、きっと面接官からの評価も高まるはずです。

今回は自己PRにおいて、1分間で述べる必要性と、そのメリットについて解説していきたいと思います。

企業が1分間の自己PRを行う理由は?

ほとんどの企業では自己PRの場が設けられています。

そしてその多くが、「1分にまとめてお願いします。」という条件付きのものです。

面接で実際に自己PRをしたことがある人は、「なぜ1分なの?」と感じたことはないでしょうか。

企業が1分間という短い時間で自己PRをさせることには、しっかりと理由があります。

その理由は次の3つです。

  • 面接にかけられる時間が限られているから
  • 応募者の論理的思考力やまとめる力を見たいから
  • 応募者が何をもっとも伝えたいかを知りたいから

企業が採用活動にかけられる時間は限られています。ましてや応募者が多い企業ならなおさらです。

時間を区切らなければ、ダラダラとした選考になってしまい、企業にとっても応募者にとってもデメリットになり得ます。

そして、何よりも、「応募者の能力や人間性が見たいから」というのが大きな理由です。

もっとも伝えたい「強み」や「エピソード」を1分間にまとめる力、そしてそれらをわかりやすく相手に伝えられる論理的思考力といったような、1分間という短い時間だからこそ表にあらわれる力が見られているのです。

1分間の自己PRで気をつけるべき5つの事は?

①主張→根拠を簡潔に話す

面接の自己PRに限ることではありませんが、自己PRをする際の基本は、まず結論(主張)から相手に述べることです。

「私の長所は○○です。」といった具合です。

そして、その「なぜその強みを身に付けるに至ったのか」、「過去どのような場面で生かしてきたのか」といった根拠・背景に繋げていきます。

間違っても「私は小学校からサッカーをしていました。高校時代は大会で優勝し…」などと根拠・背景から始めないようにしましょう。

②相手の表情を見つつアピールをする

少し難しいコツですが、自己PRをしているときは相手の表情を確認しながら行うとより効果的です。

表情の変化によって語調を強めたり弱めたりするテクニックがあれば、自分の話をより魅力的に伝えることができます。

③伝える事を1つに絞っておく

緊張している中で行う、自己PRの1分間という時間は、体感的にかなり短く感じるものです。

伝えたい情報を簡潔にまとめて、PRしたいことは可能な限り1つに絞っておきましょう。

情報が多い方がいいと思いがちですが、内容が複雑になったり時間が超えたりすることは、マイナス評価を受けやすくなります。

④あらかじめ文字に起こしておく

自分で考えた自己PRを紙に書くなどして文字に起こすことで、「より頭に入る」、「客観的におかしな部分を見られる」、「より良い表現や言葉が思いつく」といったいくつかのメリットがあります。

ただし、文字に起こしても、丸暗記して臨む必要はありません。

丸暗記は、棒読みで不自然な態度になったり忘れてしまったときにパニックになったりする原因です。

ポイントとなるキーワードや表現を頭に入れておき、頭の中で組み立てながら会話するように伝えるテクニックを訓練しましょう。

⑤面接官の視点に立って聞いてみる

スマホやテープレコーダーの録音機能を活用して、自分の自己PRを録音してみるのも大事なコツの1つです。

それを自分が面接官の視点に立って聞いてみることで、様々な改善点が分かるはずです。

たとえば、「声が低すぎる」、「話すペースが速すぎる」、「内容が支離滅裂」といったことです。

友人や家族に聞いてもらい、アドバイスをもらうのもいいでしょう。

最後は練習・経験あるのみ!

ここで紹介した5つのコツを把握したら、あとはひたすら練習と実践経験を繰り返しましょう。練習では、次のようなポイントを意識してください。

  • 文字に起こして、不自然な点がないかを確認する
  • 実際に話し、1分におさまるか時間を測る
  • 自分の自己PRを録音し、客観的に聞いてみる
  • 友人や家族、大学のキャリアセンターなどの第三者に聞いてもらいアドバイスをもらう

これらのポイントを交えて、練習→実践→改善→練習…のサイクルで回し、自分の自己PRと伝え方の質を昇華させていきましょう。

sponsored link add