季節を問わずに大活躍!おすすめのメンズジャケット8選

季節を問わずに大活躍!おすすめのメンズジャケット8選

sponsored link







季節を問わずに大活躍するアイテムの一つに「ジャケット」があります。

そしてその中でもよく耳にするであろう物は「テーラードジャケット」ですね。

テーラードジャケット

出典 http://zozo.jp/

テーラードジャケットを一着持っていれば、大人っぽい着こなしができますし、女性ウケの良いコーディネートも展開することができます。

ですが、ジャケットを着たことがない人からすれば、「どう着こなせば良いのか分からないし、どこで買い物をすればいいのかも分からない」と思う人も少なくないことでしょう。

そこで今回は、メンズのテーラードジャケットの「選び方」と「おすすめブランド」、そして「NGなブランド」を紹介していきます。

1.春夏は薄手のジャケットを選ぶ

まず、春夏は当然のごとく薄手の物を選びましょう。

生地が厚すぎると、着ていても暑苦しいですし、汗がジャケットにしみてしまい、定期的にクリーニングに出さなければならないなんて事にもなります。

そのため、薄手の物を選んでなるべく風通しの良い物を選びましょう。

生地としては、コットン素材、ポリエステル素材などがありますが、一番のおすすめは「リネン(麻)素材」です。

薄手のジャケット

出典 http://zozo.jp/

汗をかいても乾きやすいですし、そして洗濯をそのままできる物も多いです。

Tシャツの上にさらっと羽織る事ができるため、簡単に大人っぽい着こなしができますね。

また、最近は「cool max(クールマックス)」といった夏用素材が店頭に多く出てきているため、そのアイテムも春夏に最適でしょう。

cool max(クールマックス)

出典 http://www.ozie.co.jp/blog/

ちなみにクールマックスの商品はこのような説明書きが表示されています。

2.秋冬はウールなど保温性の高いジャケットを選ぶ

次に秋冬ですが、生地の厚い物を選ぶ事がマストです。

そして、おすすめの素材としては「ウール素材」です。

ウール素材

出典 http://zozo.jp/

他の素材と比べても保温性が高いですし、見た目も温かみのあるアイテムです。

リネン素材と違って、肌に触れるとチクチクする肌さわりなので、Tシャツの上に羽織るというよりも、襟のついたシャツの上から羽織ると良いでしょう。

3.ジャケットおすすめのブランド

次にジャケットを選ぶ際のおすすめのブランドを紹介していきます。

比較的手を出しやすいお値段の物から、少し値段が張りますが、上質な物まで紹介します。

3-1.ZARA(ザラ)

ザラは比較的安価なブランドですが、シルエットが綺麗です。

ザラ

出典 http://www.zara.com/jp/

 

モード系のような印象を与えるので、全体的に暗めなコーディネートを好み方にはおすすめします。

3-2.H&M(エイチアンドエム)

H&Mもザラと同様、手を出しやすいブランドです。

こちらはデザインはカジュアル寄りであるため、大人っぽい着こなしからカジュアルな着こなしまで幅広く対応しています。

H&M(エイチアンドエム)

出典 http://www2.hm.com/ja_jp/index.html

 

3-3.green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

グリーンレーベルリラクシングは大学生から大人まで大人気のブランドです。

green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

出典 http://zozo.jp/

 

スーツも取り扱っているのですが、私服で使えるような、カジュアルなデザインのジャケットもたくさん取り扱っています。

先に紹介した二つのブランドよりも値段は上がりますが、ジャケットの最初の一着としては、とても良いでしょう。

3-4.URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

アーバンリサーチはカジュアル寄りなブランドです。

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

出典 http://zozo.jp/

価格帯は物にもよりますが、グリーンレーベルリラクシングよりも安価な物が多いです。

こちらも最初の一着としては手を出しやすいブランドでしょう。

3-5.nano universe(ナノユニバース)

nano universe(ナノユニバース)

出典 http://zozo.jp/

ナノユニバースは上の二つと比べても、シルエットが細身の物が多いです。

そしてデザインもシンンプルな物が多いため、学生から大人まで幅広い層に対応しています。

3-6.JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

出典 http://zozo.jp/

ジャーナルスタンダードは比較的安価な物から、物によってはかなり上質なアイテムまで揃えています。

また、ジャーナルスタンダードの中でも、JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダードレリューム)という廉価版のショップもあるため、そこで購入してもらっても良いでしょう。

3-7.Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

出典 http://zozo.jp/

ポールスミスは言わずと知れたオシャレブランドの一つです。

シンプルなデザインの物はもちろん、少しひねりを効かせたアイテムまで幅広く揃えています。

「最初の一着にポールスミス」というよりは、「二着目に良い物を」という感覚で選んだほうが良いでしょう。

3-8.TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

出典 http://zozo.jp/

タケオキクチも幅広い年齢層から支持を受けているブランドです。

デザイン性もあるため、ポールスミスと同様、「二着目に選ぶ」人が多いです。

しかし、10~20代の若い方からは「少しおじさんっぽい」という印象を持っている人もいます。

ですが、どちらにせよデザイン性さえ間違わなければ、そのような事にはならないでしょう。

4.ユニクロのジャケットは避けたほうが良い

ユニクロ

出典 http://www.uniqlo.com/jp/

また、ユニクロのジャケットですが、全体的にサイズ感が大きいため、若い人には向かないデザインです。

どちらかというと、避けた方が無難なショップでしょう。

5.最後に

季節ごとに気をつける事として、

  • 春夏は薄手のものを選ぶ
  • 秋冬はウールなど保温性の高いものを選ぶ

おすすめのブランドとしては、

  • ZARA(ザラ)
  • H&M(エイチアンドエム)
  • green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)
  • nano universe(ナノユニバース)
  • JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)
  • Paul Smith(ポールスミス)
  • TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

そして避けた方が良いブランドは、

  • UNIQLO(UNIQLO)

といったイメージです。

初めてジャケットを買う人も、これから二着目を買おうとしている人も、ぜひ今回の記事を参考にしてジャケット選びに役立ててください。

*ジャケットは基本的なアイテムです。基本的なアイテムは色々と揃えておくと便利であるため、こちらの記事も参考にしてみてください。

【参考】これだけは避けたい!大学生のダサいファッション15選

sponsored link add







季節を問わずに大活躍!おすすめのメンズジャケット8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。