イタくて仕方ない「意識高い系」の意味と対処法について徹底解説

イタくて仕方ない「意識高い系」の意味と対処法について徹底解説

sponsored link







「今日はセミナーに行くから飲みには行けないんだ。ごめんね!」

「午後からはカフェでMTG。今後の展開についてしっかり話し合うぞ~!」

特に悪いことをしている訳ではないけど、周りから見ると「なんかイタい」、「そんなにアピールしなくても」と思われがちな人たち。

この様な人たちのことを「意識高い系」と揶揄するような言葉ができ始めました。確かに特に意味もないのに横文字言葉を使ったり、SNSで頑張ってますアピールをしている事は少しウザいかも。

「でも意識高い系って結局はどんな人のことなの?」と思う人たちもいるはずです。そこで今回は、意識高い系の意味、その人たちの傾向、そして意識高い系とバカにされ為にはどうすれば良いのかなどの対処法などについて解説していきます。

単に「意識が高いだけなのか?」「本当に意識の高い人なのか?」しっかりと見極めていきましょう。

目次

1.そもそも意識高い系の意味とは?

そもそも意識高い系の意味はあるのでしょうか?もちろん、ここ数年で出来上がった言葉であるため、明確に辞書等で載っている言葉ではありません。

ですが、ある程度分かりやすい解説と言いますか、説明の仕方が載っています。

1-1.意識高い系の定義

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出(いわゆる「大言壮語」)するが中身が伴っていない若手、前向き過ぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/メインページ

おそらくこの解説で、ある程度は意識高い系の傾向が分かると思います。

簡単に言うと、自分には実力が伴っていないのに、誇大表現して「自分はデキる人」とアピールしたりする人のことを指している人といっても良いかもしれません。

確かにカフェでおしゃべりしているだけなのに、「カフェでMTG」って誇大表現に過ぎませんね。

2.意識高い系の特徴

当然ですが、意識高い系の人たちには共通する特徴があります。おそらくこれを見て「ああ、確かに」と納得してもらえる部分が幾つかあると思います。

2-1.スタバでマックブックを開いてドヤ顔

カフェでノートパソコンを開く事はとても分かります。実際に家の中にいては仕事がはかどらない時もありますし、平日に仕事がどうしても終わらない時だってあります。

でも意識高い系で終わってしまう人って、実際にその場面で仕事してることって多くないんです。

YouTubeや2ちゃんねるを見ていたり、SNSを見ていたりと、「それってわざわざカフェでやらなくても良いんじゃない?」と言うことをやっています。

どうしても気になっている人はカフェでパソコンを開いている人の画面を覗き込んでみてください。意外と真面目なことをしていないですから。

2-2.SNSで「頑張ってます」アピール

SNSは意識高い系にとって絶好のアピールの場です。

「休日だけど会社に来ました。残りの仕事も頑張るぞ~!」ちょっと待ってください。頑張ってるアピールしてるつもりでも、本当に仕事ができる人は出勤日で仕事を終わらせられる人ですよね。

反対に平日はしっかりと仕事を終わらせて、休日はプライベートを充実している人の方が格好良いはずです。

他にも「ダイエットの進捗」、「今読んでいる自己啓発本の解説」など、SNSでアピールしている人がとても多いです。

自分の中で「過去を振り返る為に」している行為なら分かるのですが、それをわざわざ友達がいるSNSでやるって事は目立ちたいアピールがあるのでしょう。

もし自分の過去を振り返るためだけにやるなら、新しいSNSのアカウントを作ったり、日記とかに進捗を書いたりした方が良いのではないでしょうか。

2-3.プロフィールの充実度が凄すぎる

これもSNSでのアピールに繋がるのですが、意識高い系の人はプロフィールの充実度がものすごいです。

「学生団体代表」、「◯◯株式会社所属」、「好きなことをして生きる」などの言葉を多用しています。他にも自分のプロフィールを盛っている人も沢山います。

プロフィールを充実させるくらいならまだしも、嘘のプロフィールを書くってどうなんでしょう。そんなにたくさんの人が見ている訳でないにしても、モラル的にあまり宜しいとは言えないかもしれません。

2-4.ちょっと話したぐらいで「素敵な人脈」とアピール

意識高い系の人は様々な人がいる場に足を運ぶ傾向があります。もちろん、その行動力は素晴らしいですし、新しい人に出会う事は刺激もあるはずです。

ですが、ただその場で出会って、少しだけ話した人を相手にして「素敵な出会い」などの投稿をSNS上ですることってどうなんでしょうか。

お互いが意気投合したのであれば良いのですが、本当にそうなんでしょうか。あくまで自分がSNSでアピールするための道具にしているようにしか感じられない人も投稿を見ていると感じます。

2-5.「寝てない」、「忙しい」アピールが過ぎている

「今日2時間しか寝てないわ~」、「今週は家に帰れてない日が続いているよ~」といったアピーールをしている人がいますね。

「最近ちゃんと寝てるの?」などの質問があったならまだしも、特に聞いていないのにそのように話しているのはどうかと思います。

例えばテスト前に徹夜をして寝てないなら、寝られるように普段から勉強を頑張れば良いですし、忙しいならそんな忙しくても仕事や勉強をこなせられるように実力アップをしていくべきでしょう。

2-6.横文字が大好き

「イニシアチブ」、「コミット」などな横文字を使うことが大好きです。会話する相手がイマイチ横文字の意味を理解していないことだってありますから、無理に横文字を使う必要はないと思います。

稀にですが、使っている本人がその横文字を理解できていない事もあります。これはとても恥ずかしいので、最低でもその意味を理解してから使うか、もしく横文字を使わないようにしておきましょう。

2-7.上から目線の発言が多い

「どうしてこんな事も分からないの?」、「へえ~毎日遊んでて楽しそうだね~」、「そろそろ将来のことも考えないと」などの、上から目線になっている言動をしている人が沢山います。

そもそも人間関係を形成する上で、他人を見下すような態度は当然好ましくありません。相手の気持ちをしっかりと考えた上で発言できないような人は、たとえ意識が高くても尊敬なんてされません。

2-8.日常生活では実はそこまで頑張っていない

SNSや日常の会話の中で「頑張ってるんだぜ」と言うアピールをしている人がいますが、実生活ではそこまで頑張っていないなんてことも実はあります。

大学や仕事終わりに家に帰って何かしらの努力をしているかと思えば、実はスマホをいじっているだけだったり、休日は朝早く起きていても実は何もしていなかったりと。

努力をしているようで実は努力をしていない人もたくさんいる事が事実のようです。

2-9.流行り物、ブランド物が好き

意識高い系は、流行のものに常に手を出している人が多いです。表面上は「流行の物、新しい物に手を出すことで勉強になる」などの理由を言っていますが、本心は「SNS等で流行に乗っている自分格好良いアピールをしたいだけ」とも言えるでしょう。

3.意識高い系かウザがられる理由

ここまで意識高い系の人の特徴などを書いていると、やはりこの人たちは周りの人たちから嫌われる傾向にあります。

共通点などを見て、ウザがられる理由を探していきましょう。

3-1.人をバカにしている姿勢が見られるから

もっとも感じられる理由としては、「人をバカにしている姿勢が見られる」からでしょう。誰だってバカにされたら気持ちは良くありません。

もしあなたが人と話すときに「自分の方が頑張っている。偉いんだ」などの感情があるなら、すぐにそれは捨てた方が良いでしょう。

もしかしたら一見何もしていなくても影で頑張っている人だっていますし、その人たちの方が十分格好良いですよね。

3-2.自分の事がすごいと思っているから

「自分は努力をしていて偉いんだ!」と思っている意識高い系は意外と多いです。承認欲求が他の人よりも強い事が特徴の1つかもしれませんが、あまり自分のことを過大評価する事は印象の良いものではありません。

周りから見たら、実はそこまですごい事はしていないかもしれませんね。

3-3.実はそこまで能力が高くないから

「頑張っている」「他の人よりも能力が高い」と思い込んでいる意識高い系が多いですが、実は全員がそうとは限りません。

仕事をしている時も、サークルのまとめ役をしている時でも、意外と意識高い系の人よりも課題をこなしていく人がいます。

そう言う人の姿を見ていると、「あれ?意外と大したことないんじゃない?」と思ってしまいますよね。

4.意識高い系とバカにされない為には

もしかすると、ここでは実のところ「意識高い系(笑)」とバカにされている人もいるかもしれません。

そのような人たちに、今までの内容を踏まえて「意識高い系(笑)」とバカにされない為に大切なことを書いていきます。

4-1.口先だけにせずにしっかりと実行する

最も大切なことは口先だけでなく、しっかりと行動に移すことです。ただSNSで「頑張っているアピール」をしているところで、本当に頑張っている人には敵うわけがありません。

頑張っていることをアピールしている暇があれば、まずは行動に移してみましょう。

4-2.有言実行よりも不言実行

上と似ていますが、「◯◯をやる!」と宣言しなくても良いのです。何も言わなくても自分の中だけで行動に移すことを宣言してみたください。

自分しか分からないように、スマホにメモしたり、紙に書き留めておいたりと、その中で実行している人の方が何倍も格好良いです。

4-3.しっかりやっていれば人は見てくれていることに気づく

総じて、やる事をやっていれば無駄なアピールをしなくても、見てくれている人はいます。SNSや日常生活で変なアピールをしなくても、努力をしている人は基本的に裏切られません。

もちろん「間違った努力」をしていては成果を出すことは難しいですが…。努力についてはまた改めて触れていく機会を作ります。

とにかくやる事をしていれば、それを認めてくれる人はいるので、無駄なアピールをする必要はないのです。

4-4.自分だけの手柄にしようとしない

何かをチームで達成して、自分が活躍してもしていなくても、自分だけの手柄にする事は避けましょう。

色々な人がいてこその成果ですから、自分だけの成果にする事は悲しいことです。

むしろ「みんなのおかげで達成できた」といった姿勢を見せたほうが、周りからの信頼も得られることができます。

4-5.自慢話をしない

むやみやたらに自慢話をする事は避けましょう。もちろん、何か良いことがあったり上手くいったのであれば、自慢をしたくなる気持ちは分かります。

ですが人間は基本的に「人の話を聞くことよりも、自分の話を聞いてほしい生き物」です。その中で自分の自慢話ばかりしてくる人はあまり好かれません。

むしろ人の話をしっかりと聞いてあげるぐらいの姿勢でいましょう。

4-6.簡単なことを難しく説明しない

難しい横文字を無理に使ったり、とてもシンプルな事を無理に難しく解説する必要はありません。

「そこまで説明しなくても」と思われる事を避けるために、特に難しいことでないなら、明瞭簡単に解説や説明をしてあげる事を意識しましょう。

4-7.常に謙虚な姿勢になる

どんな時でも大切なことです。常に謙虚な姿勢でいましょう。

意識高い系の人は、どうしても癪にさわるような話し方や接した方をしてしまう傾向があります。そのため、常に低姿勢で謙虚な気持ちでいましょう。

単純に考えて、常に低姿勢な人の方が印象は良くないでしょうか?相手の気持ちを考えることが出来るようになる事も意識しておいたほうが良いかもしれませんね。

5.友人に意識高い系がいた時の対処法

また、もし友人や会社の同僚などに、意識の高い人がいたらどうでしょうか?正直なところ普通の人よりも接しにくいのが意識高いです。

次から解説する部分を押さえておけば、大体の意識高い系は対処することが出来るでしょう。

5-1.その言い方は人を傷つけるよ?とはっきり言う

これら人によってかなり難しいかもしれませんが、思い切って「その言い方で傷ついている人だっているんだよ?」などと言ってあげると良いかもしれません。

素直な気持ちから、言葉を選んでいる傾向の強い意識高い系の人たちです。そのような人たちには、はっきりと物事を言ってあげるほうがストレートに伝わって良い時があります。

5-2.自分の方が圧倒的に行動して結果を出す

意識高い系の人たちは承認欲求が強く、認めてもらいたいという感情が強いです。しかし、自分よりも結果を出している人や努力を出している人たちに対しては、素直に尊敬の感情を抱きます。

そのため、意識高い系の人たちよりも何かしらの分野で結果を出したりすれば、自然と黙ってくれます。

5-3.はいはい頑張ってるね~と褒めてあげる

なるべく会話をしたら、接する機会を減らしたいのであれば、「はいはい、そうだね~」と流してあげることも1つの手です。

相手が満足するように真面目なふりをして褒めてあげても良いですし、なるべく関わる機会を減らしたいのであれば、半分バカにしている様な言い方をしても良いかもしれません。

5-4.それはどこで活かせたの?と聞いてみる

「この間勉強したことでさ~」といった様な事を言っていたら、思い切って「じゃあそれをどこでどう活かせたの?」と聞いてみることも有りでしょう。

本当に結果を出している人であればそこでしっかりと説明してくれますが、そうでない意識高い系であれば、何も言えなくなってしまうかもしれません。

上に挙げた「意識高い系への対処法」ですが、場合によってはその人との関係性が悪くなるかもしれません。そういった部分は自己責任の範囲内で対応をして頂ければと思います。

6.意識の高い人が悪い訳ではない

最後になりますが、意識の高い人が決して悪いわけではありません。

むしろ、尊敬できる部分もありますし、参考にするべき部分もあるでしょう。

大切なことは「意識高い系(笑)」になるのではなく、「本当に意識の高い人」になる事です。そしてその為には余計なアピールをせずに、愚直に努力をし続ける事です。

ぜひ今回の内容を参考にしていただいて、意識高い系(笑)にならない様にしたり、そういった人たちの対応に関して生かす様にしてください。

sponsored link add







イタくて仕方ない「意識高い系」の意味と対処法について徹底解説

ABOUTこの記事をかいた人

えんどうゆう

大学卒業2ヶ月前に内定辞退。そのあとに中途採用のみのベンチャー企業に飛び入りで面接を受け、内定獲得。大学生活で経験したこと、今の会社で学んだことを実生活に落とし込んだ情報を発信中。