なんでイライラしないの?とよく聞かれる私が実践するイライラを抑える方法

なんでイライラしないの?とよく聞かれる私が実践するイライラを抑える方法

sponsored link







「今までイライラした事ってあるの?」、「イライラを抑える方法教えてよ」私はよくこの手の”イライラや怒りの感情を抑える方法”について質問をされます。

確かに私は職場の同僚や、友人たちと比べるとイライラの感情を出す事がほとんどありません。いえ、もっと正確に表現すると「イライラはするけど、その後にその感情を抑えるスピードが早い」のだと思います。

人間ですから、嫌な事や気に入らない事があったら、少なからずイライラの感情は出てくるはずです。

ですが大切な事は、

  • イライラの感情をいかに早く抑えるか
  • イライラの感情を人にぶつけない

この二つだと思っています。

そこで今回は、人間が当たり前に持つ感情の”イライラ”について、そしてその”イライラの感情を抑える方法”についてお話ししていきたいと思います。

1.イライラを抑える方法の前に…

まず、イライラの感情を抑える方法の前に、「イライラの原因」について触れていきたいと思います。

私は精神的なことや、感情面での専門家ではありません。ですが実際にイライラの感情を抑えることに対して長けている私から見た、イライラの感情の原因について考えていきます。

イライラの原因1:身体が疲れている

とても単純な理由ですが、身体が疲れているときはちょっとした出来事でもイライラしてしまう傾向があります。

疲れていると周りの人を配慮する余裕がなくなります。そのため自分中心の考え方になってしまい、ちょっとしたことでイライラしてしまうのです。

イライラの原因2:価値観の違う人と触れ合っている

価値観の違う人と付き合う時間が長いと、心も身体も疲れてしまいます。

価値観が違う=自分の考え方と違うということです。そして人によっては、その価値観の違いに対して否定の言葉を掛けてきたりすることもあります。

例えば、あなたが「初対面の人に対しては年下、年上に関わらず敬語を使う」といった概念を持っている人だとします。

それに対してを「年齢が一緒だろうがなんだろうが、親しみを込めて敬語はほとんど使わない」といった価値観を持っている人と出会ったとしたら、価値観の違いを感じて少なからずストレスを感じてしまいます。

また、そこであなたの考え方に対して否定の言葉を掛けられた際は、イライラ度が増してしまいますよね。

イライラの原因3:精神的な病気に掛かっている

これも原因としてあると思いますが、あくまでも参考程度にしかならないかなと思います。

冒頭でも言ったように、私はこう言った類の専門家ではありません。詳しく知りたい方は、ぜひ専門家の意見等を調べてみてください。

2.イライラする事のデメリットとは

ここまでイライラの原因についてお話ししました。人間ですから、怒りやイライラの感情が出る事は当たり前の事です。

ですが、怒りの感情は周りにいる人に対して気持ちの良い印象を与える事はほとんどありません。もちろん、自分だって気持ちの良いものではないです。

しかし怒りの感情を持つ事に対して、どのようなデメリットをがあるのかを把握していない人もいるため、それについても解説していきます。

イライラする事のデメリット1:自分だけでなく周りの環境も悪くなる

怒り、イライラといった感情は自分だけでなく周りの人にも悪い影響を与えてしまいます。

思い出してみてください。あなたがイライラしてなくても周りの人がイライラしているときは、なんとなくその場の雰囲気が重くなったり、気まずい空気になりませんか?

それと同じであなた自身がイライラしてしまったら、周りの人にまで悪影響を与えてしまうのです。

イライラする事のデメリット2:身体も心も疲れてしまう

イライラする事はとてもエネルギーを使います。大声で笑ったりしても、その疲れは心地の良いものです。ですが、イライラなどの感情はただ単に疲れるだけです。

そのため、身体もそうですが心も疲れてしまいやる気なども削がれてしまうのです。

イライラする事のデメリット3:人間関係が悪くなる

しょっちゅうイライラしていると「あの人ってなんかいつもイライラしているよね?」といったレッテルを貼られてしまいます。

そんなレッテルを貼られてしまったら、周りの人はだんだん離れていきます。最終的に良好な人間関係を構築する事は難しくなるでしょう。

3.私が実践しているイライラを抑える方法

さて、ようやく本題です。実際に私がイライラを抑えるために行っている方法をここでご紹介します。

難度も言いますが、私は精神的な分野の専門家ではありません。しかし、実際に今までの人生の中で培ってきたことだけですので、そういった意味では信憑性はあるでしょう。

イライラを抑える方法1:一旦落ち着いてみる

一つ目はとてもシンプルな方法ですが、「一旦心を落ち着けてみること」です。イライラしているときは、どうしても感情は暴力的になってしまいます。

そのため、行動・言葉遣いなど暴力的になる傾向があります。そんなときは一旦深呼吸でもして、心を落ち着かせることをしてみましょう。

イライラを抑える方法2:「どうしてイライラしてるのか?」を分析する

次は、冷静に自分の気持ちを分析するために「どうして自分はイライラしてしまってるのか?」と自問自答することです。

これを行う意味としては、人間はイライラの対象となっていること以外を考えると、自然と感情の高ぶりを抑えることができるからです。

いっぺんに多くのことを人間は行うことができません。それは感情面も同じで、「イライラの理由」を考えていれば、イライラしていることの感情は自然と収まるのです。

イライラを抑える方法3:イライラの原因となった人の背景を考える

イライラしたときは、ほとんどの場合にイライラの対象となる人がいます。

イライラさせられてしまうと、確かに相手に非があると考えてしまいがちです。ですが、相手にも相手なりの都合やその時の状況があります。

もしかしたら、相手に悲しい出来事があって自分がするべきことを投げやりになってしまったのかもしれません。

相手が悪いと完全に思い込むのではなく、自分が一歩引き大人になってみると良いでしょう。そんな落ち着いたあなたを見て、人望が厚くなってくるはずです。

イライラを抑える方法4:イライラしている自分を俯瞰する

イライラした時は周りが見えなくってしまいがちです。そんな時は、第三者的に自分を見つめてください。

少し難しいかもしれませんが、次のことをイメージしてみると分かりやすいです。

街を歩いていると、イライラしている人っていませんか。行列で並んでいる時に横入りされた人、店員さんの態度があまり良くなくそれに対してイライラしている人。

その人たちの気持ちも良くわかりますが、第三者からしてみると「あんなに怒っていてみっともないなぁ」と感じるものです。

これは自分自身も同じで、イライラしている姿を他の人に見られたときに「みっともない」と思われているのです。

そんなときに、「ああ、今の俺(私)みっともないかも」と思うことで自然と感情の高ぶりを抑えることができます。

4.よく言われるイライラを抑える方法

最後に、一般的にイライラを抑えるための方法をご紹介していきます。

正直私自身が実践した方法ではないのであまり信頼性はありません。参考までに見てもらえれば嬉しいです。

よく言われるイライラを抑える方法1:ツボ押し

手のツボ、頭付近のツボを押すとイライラがおさまると言われています。私自身試したこともないので、責任は持てません…。

よく言われるイライラを抑える方法2:大きな声を出す

もちろん、いきなり街中で大声を出すなどはやめてほしいですが、カラオケなどに行ったりすれば、気兼ねなく大きな声を出すことができます。

大きな声を出すことがストレス発散になることは、私も経験しているので納得できます。

よく言われるイライラを抑える方法3:カルシウムを摂る

牛乳などでカルシウムを摂ると、イライラしにくくなると良く言われています。どういった栄養の流れでイライラを抑える方法に繋がるかわかりませんが、カルシウム自体は大切かもしれいないので接種自体はおすすめします。

5.イライラする事は当たり前

人間はイライラすることが当たり前です。イライラすること自体を抑えることが難しいと思っています。

ですが、「イライラしてからその気持ちを抑える方法」は知っておいて損はないでしょう。

イライラを抑える方法を知ることで、人間関係も良くなります。ぜひ今回の方法を参考にしてもらって、実生活に生かしてみてください。

sponsored link add







なんでイライラしないの?とよく聞かれる私が実践するイライラを抑える方法