大学生なら1度は行きたいおすすめの家系ラーメン3選

大学生なら一度は行きたい家系ラーメン

sponsored link







近年、家系ラーメンブームが到来し、横浜を中心に家系ラーメンのお店を見かけるようになりましたが、「家系ラーメン」という言葉を聞いたことはあるけど、食べたことがないという方も多いようです。

また、ラーメンは若者に人気のため、大学の周辺に出店するケースも多いので、大学の近くの家系ラーメンを何回か食べたことがある方もいると思います。

しかし、近年の家系ブームの影響で、「家系を作れば売れる」と味をしめた業者が「家系風ラーメン」のお店を乱立しており、あなたが入ったことがある家系ラーメンのお店は本来の家系ラーメンの味ではない可能性もあります。

そこで今回は大学生なら1度は行って欲しい、本来の味を提供しているおすすめの家系ラーメンのお店を3店紹介します。

1. 家系ラーメンとは?

家系(いえけい)ラーメンとは、神奈川面横浜市発祥のラーメンのことを呼んでおり、感覚的には博多ラーメン、尾道ラーメン、喜多方ラーメンなどと同じで、ラーメンの名称の1つです。

現在は横浜市西区にある「吉村家」を総本山として、横浜のご当地ラーメンとして展開しており、スープは豚骨をベースにしょうゆで味をつけており、鶏油(チーユ)を加えてコクと旨味を出している点が特徴です。

麺は中太ストレートを使用しており、茹で方によっては固さのみならず、味や香りも若干変化も楽しめます。トッピングはデフォルトでのり3枚、チャーシュー1枚、ほうれん草が乗っています。

1-1. 家系ラーメンは本場で食べるべし!

どのようなご当地グルメでも、本場で食べるものはより美味しく食べることができます。ラーメンで言えば、博多ラーメンは博多で食べたほうが美味しいですし、札幌ラーメンは札幌で食べたほうが美味しいです。

同じように、家系ラーメンは横浜発祥なので、横浜で営業している本場の家系ラーメンを味わっていただきたいと思います。

幸いにも、横浜は東京からでも少し遠出する程度で行けるので、大学生のように比較的時間がある場合はぜひ足を運んでみてください。

博多に行って博多ラーメンを食べることをプランの1つにするように、家系ラーメンを食べることを目的に横浜観光とセットで、家系ラーメンを食べに行くのも面白いです。

1-2. 初めて行くお店のお好みは「普通」で

家系ラーメンのもう1つの特徴に、麺の固さ、味の濃さ、油の多さをカスタマイズできると言う点があります。

スクリーンショット 2016-03-18 14.40.20

何度も家系を食べている人は自分のお好みで注文すれば良いのですが、初めて行くお店では全て「普通」で食べてください。

しっかりとした家系ラーメンのお店は、麺の固さやスープの濃さにとことんこだわって、一番美味しい状態で提供する努力をしています。その一番こだわった「普通」の状態を味わってから、2回目以降はそれぞれ好みに応じて調整してみてください。

2. おすすめの家系ラーメン3選

では、おすすめの家系ラーメンのお店を3店紹介します。今回紹介する3店は同じ家系ラーメンながらも味の特徴が両極端に異なるので、味の違いを比較しながら特徴を紹介していきます。

この3店を食べ比べると、「自分はどんな味が好みなのか?」家系ラーメンの中でも味の好き嫌いが見えてくるでしょう。

2-1. 言わずと知れた総本山「吉村家」

家系ラーメンの発祥、横浜家系総本山の「吉村家」です。家系好きにとっては聖地と言えるお店です。

IMG_6253

味は、早朝5時から仕込んでいるという豚骨は臭みが無くさらっとしていますが、しょうゆ味が強くパンチが効いているのが特徴でしょう。

チャーシューが燻製されているもの特徴で、歯ごたえがありながらも柔らかく、スープのしょうゆと共にスモークの香りが程よく鼻を通り抜けます。

家系ラーメン発祥というだけあって人気も高く、根強いファンもたくさんいます。お店の前のベンチには常に人が並んでおり、お昼時や夕飯時のピーク時には40~50人並ぶということもザラにあります。休日には1時間ほど並ぶことも稀ではありません。

IMG_6254

客層は基本的に男性客がほとんどを占めていますが、もちろん女性客もいますし、接客で威圧されるということもありませんので、ご安心ください。

ただ、女性1人で並ぶのは抵抗があるという方も多いので、初めて行く際は複数人で行ったほうが入りやすいです。

 

2-2. キングオブ家系「寿々㐂家」

2件目は、横浜市保土ヶ谷区にある、キングオブ家系「寿々㐂家」です。寿々㐂家(すずきや)と読み、寿々“喜”家と表記されることもあります。家系ファンなら誰もが知るお店で、家系の中で一番美味いという人もたくさんいます。

IMG_6248

100%豚骨にこだわったスープは、食べ終わったあとに嫌なベタつきが残らないさらっとした口当たりで、しょうゆと鶏油の全てのバランスが整った至極の一杯です。

家系ラーメンはこってりとしたスープが多く、それが苦手という方もいる中で、ライトな仕上がりは万人に好まれます。

寿々㐂家のもう1つの特徴は、店員さんが皆さん優しく丁寧な接客をしてくれます。ラーメン屋独特の頑固な感じは一切なく、また、家族連れのお客さんも多いので一人でも気兼ねなく入ることができます。

IMG_4214

お店は本店と支店の2店舗あり、本店は相鉄線の上星川から徒歩7分程度、支店は京急線黄金町から徒歩7分程度のところにあり、どちらも横浜駅から少し離れますが、それでもぜひ味わいたい一杯です。

 

2-3. 豚骨が超こってり「武道家」

3件目は、あえて横浜を離れて新宿区にある「武道家」(ぶどうか)を紹介します。

IMG_6249

今までの2件の特徴は、吉村家はしょうゆ強め、寿々㐂家はあっさり系でしたが、武道家は“超”濃厚な豚骨スープとなっています。豚骨をこれでもかというくらい寸胴で煮込みんだスープはトロトロな仕上がりになっています。

濃厚だけど豚骨の嫌な臭みは無く、ハマる人にはとことんハマる一杯です。

また、50円でライスがおかわり自由となっており、濃厚なスープに浸したのりと一緒に食べるライスは食欲旺盛な若者にはたまりません。

近くに早稲田大学があるため昼時や夕飯時は混みますが、それ以外の時間を見計らっていけば比較的待ち時間少なく入ることができます。

IMG_6252

武道家は都内に以下の5店舗展開してます。

  • 武道家本店(早稲田)
  • 二代目武道家(中野)
  • 武道家吉祥寺(吉祥寺)
  • 武道家龍(成城学園前)
  • 武道家囗くにがまえ(国分寺)

3. まとめ

他にもおすすめの家系ラーメンのお店はたくさんありますが、とりあえず今回紹介したおすすめの3店をぜひ食べてください。

家系ラーメンと一括りにしても、麺や味の違いが店によって大きく異なり好みが分かれるラーメンですが、お店の背景まで探りながら楽しめる奥が深いグルメです。

もし趣味がなかったり、何か面白いことをやりたいという方は、ぜひ家系ラーメン巡りをしてみてはいかがでしょうか?

そして、今回紹介した3店に足を運んで、本場の家系ラーメンを味わってみてください。

sponsored link add







大学生なら一度は行きたい家系ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。