大学生が一人暮らしをする際の節約方法と考え方

大学生が一人暮らしをする際の節約方法と考え方

sponsored link







大学生になってから一人暮らしを始めてみると、予想以上にお金が掛かることを実感している人もいるのではないでしょうか。

そのため、「そろそろ節約することも考えないと…」と考える人もいるはずだと思います。

とは言っても、今まで一人暮らしをした事がない人からしてみれば、「どうやってせつやくすればいいの?」といった気持ちが本音でしょう。

そこで今回は大学時代の4年間、一人暮らしを経験した私が、シーン別に分けて、一人暮らしの大学生におすすめの節約方法を紹介していきたいと思います。

食費を節約する

節約=食費と言っても過言ではありません。まずは食費を節約する事で、余計なお金を使う事がなくなるため、ご紹介していきます。

ちなみに食費の節約方法に関しては、こちらの記事でもご紹介しているため、ぜひご覧ください。

大学生の一人暮らしの食費はどれくらい?経験者からの節約術も伝授

自炊をする(外食をしない)

定番ではありますが、自炊をすることが節約の近道です。一人暮らしだと、どうしても料理をしたり、洗い物を片付けたりなど、面倒な事が多いです。

ですが、まずは簡単なものを自炊するだけでも食費はかなり節約する事ができます。

まとめて料理して冷凍しておく

「毎回毎回1人分の料理をするのが面倒だ」といった人には、このほうほうがとてもオススメです。

一度の料理で多めに準備して、食べきれない分は冷凍しておきます。そして食べるときには電子レンジでチンをして再度食べる。

2日~3日分の食事量でしたら、これで充分に作る事ができるでしょう。また、ご飯も多めに炊いておき、食べるときに温め直す事ができるので、是非お試し下さい。

スーパーの特価の時間帯を狙う

ちなみに私はあまり自炊をしない派でした笑

週に一度は行っていたのですが、それ以外は基本的にお米を炊くだけです。

そんな人にオススメな節約方法が、「近くのスーパーの特価の時間帯を狙う事」です。お惣菜などが安くなる時間帯を狙えば、かなり格安でおかずを買う事ができます。

スーパーによって安くなる時間帯は変わるため、それぞれは把握しておく事が大切でしょう。

コンビニを使いすぎない

家の近くにコンビニがあると、ついつい夜中などに行ってしまい、余計な買い物をしがちです。

しかもコンビニは一般的なスーパーと違い、飲み物やおにぎりなども少し高めの金額設定になっています。

なるべくコンビニで買い物をする事は避けるように意識してください。

食事を食べられるアルバイトをする

居酒屋、飲食系のバイトでしたら、賄いを無料や安めの金額で食べられる事ができます。

もしくはコンビニのアルバイトでも、店長によってはお弁当などの廃棄物を持ち帰ることが出来ます。

アルバイトを活用して食費を浮かせる事も可能ですので、ぜひ試してみてください。

交通費を節約する

意外と見落としがちな、交通費の節約をすると言う方法もあります。

電車代は意外と掛かりますし、1ヶ月のうちに何度も電車を使っていくと、思った以上の金額になります。

乗り換え後の一駅分を徒歩にしてみる

1つ目のオススメ電車節約方法は、乗り換えをしたあとの一駅分を徒歩で済ませる事です。

ご存知かもしれませんが、例えばJR→私鉄に乗り換えるときに、私鉄での移動駅は一駅分だとします。

他社の路線(今回は私鉄)に乗り換える際は、新しく運賃が発生するため、+150円ほどが掛かります。

その分を徒歩にするだけで、少しでも交通費を節約する事ができます。

用がないのに電車を使って出かけない

「ちょっとフラっと出かけてみようかな」と考える方もいるかもしれませんが、その繰り返しによって意外とお金が掛かってしまいます。

例えば何も用がないのに、往復で300円×2=600円の交通費を月に5回使っただけで、3000円のお金が掛かります。

微々たるものかもしれませんが、特に用が無いのであれば、無理に交通費を使う必要も無いのではないでしょうか。

光熱費を節約する

交通費の節約も大学生の一人暮らしには必須事項かもしれません。

一人暮らしを始めて最初の方は、「これって使いすぎなのかな?」とよく分からないかもしれませんが、無意識のうちにシャワーや、エアコンなどは使っている人は、通常よりも光熱費が掛かっている考えられるでしょう。

一般的な光熱費の値段については、こちらで触れています。

大学生の一人暮らしを仕送りなしで生活する方法【奨学金・アルバイトなど】

光熱費の節約術について、ここから触れていきたいと思います。

洗い物には気を使う

洗い物をする際は、水を出しっぱなしにしない事がコツになります。

当たり前と感じる人もいるかもしれませんが、一人暮らしを経験した事がない人は、どんどん水を出しっぱなしにしてしまいがちです。

こまめに水を止める事を意識してください。

エアコンを掃除する

実は隠れた部分によって、電気代を増やしている可能性があります。

エアコンのフィルターを、お母さんが掃除している姿を見た事がある人もいるのでは無いでしょうか。

実はフィルターにはたくさんのゴミが溜まっていて、その状態でエアコンを稼働させると、電気代が多く掛かってしまいます。そのため、年に数回で構わないので掃除機などでフィルターの汚れを吸い取ってあげてください。

扇風機を活用する

「そもそもエアコンなんて使わずに扇風機の方が良いのでは?」と考えた人もいると思いますが、本当たその通りだと思います。

私も一人暮らしをしていた最初の方はエアコンを使っていましたが、後半からは扇風機を購入して、電気代を節約する事に成功しました。

エアコンと扇風機には大きな違いがあるため、ぜひ試してみてください。

ブランケットを購入する

寒い冬もエアコンを使いたくなりますが、節約をしたいのであれば我慢して欲しいところです。

暖かいブランケットを購入しておけば、部屋の中が寒くてもかなり防寒してくれます。肩にかける形で上半身はかなり暖かくなるでしょう。

コンセントを抜いておく

一般的にもよく聞く、コンセントを抜いておく行為です。コンセントを抜いておく事で、電力の消費が抑えられて、わずかながら電気代に影響があります。

わずかでも電気代を抑えたい方は、ぜひお試しください。

交際費を節約する

大学生であればかなりお金のかかる項目の交際費です。社会人のように「月~金は仕事で、遊びでお金を使うことがない」といったケースもありますが、学生はそうはいきません。

平日だって平気で飲み会があったりしますし、土日だって関係ありません。何かと交際費でお金を使う大学生のための節約方法を解説します。

飲み会では幹事をする

実は居酒屋は、食べログやぐるなびから予約すると、幹事の分の料金は無料になったりする事があります。

これを活用すれば自分の分のお金が浮いて、その分全体的に少し安くする事ができます。

大学になりたてだと、あまりこの情報を知っている人もいないため、ぜひ活用してみてください。

ちなみに余談ではありますが、私は大学時代飲み会の雰囲気があまり好きではありませんでした。その時に身につけた飲み会を乗り切るテクニックなどについて書いた記事もあるため、ぜひ読んでみてください。

飲み会が嫌いで仕方ない大学生のための5つの対処法

できれば宅飲みをする

宅飲みであれば居酒屋を使っての飲み会よりも金額を抑える事ができます。また、飲み会の場所を提供する事で、実家通いの友人が少し多めに支払ってくれるケースもあります。

手をつけずに余ったおつまみなどもあれば、それを次の日のおかずにする事もできるため、意外とお得になる可能性があります。

デートで見栄を張りすぎない

交際費といえば、飲み会だけではありません。彼女が出来たりすればデートでお金を使う事もしばしばあるはずです。

男性ですと、見栄を張って全部おごる事もあるかもしれません。ですが、お互い学生ですからそこまで無理はせずに「割り勘」にしても問題ありません。

大学生のデートに関するお金の使い方に関しては、こちらの記事で書いています。

大学生のデート代は適度な割り勘にするべき3つの理由

娯楽費を節約する

娯楽費といったように、いわゆる趣味のような物にお金を使うケースもあります。

人によって趣味は様々ですが、一人暮らしの学生が娯楽費を節約する方法について触れていきます。

“借りる”といった選択肢も

漫画やゲームなど、せっかくでしたら自分のお金で買って自由に使いたいものですよね。ですが、いずれそういったものは飽きが来てしまいます。

そのため、無理にお金を払って購入するよりも、「友人から借りる」といった選択肢もあります。「これはさすがに借りられない」と言ったもの以外は、積極的に借りてみましょう。

※お礼にジュースなどを奢っておくと良いかもしれませんね。

お金の掛からない趣味を身につける

趣味であればお金のかからない物を見つけると、節約につながります。例えばyoutubeを見る、お散歩をする、運動をするなど。

探してみると意外にあるので、いろいろと検討してみてください。

大学生の趣味の見つけ方についてはこちらの記事で触れています。

大学生が「長続きする趣味」を見つけるためのたった1つの冴えた方法

趣味自体はとても良いものだと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

なるべく安く購入する方法を探す

今は多くの人がやっていますが、服や家具など何かを購入する際に、店頭で見た後にネットで安く買うといった方法があります。

小さな事かもしれませんが、これをするだけでも一人暮らしの大学生にとっては、節約につながるでしょう。

その他の節約術

これまでは基本的な節約方法について触れましたが、豆知識・頭に入れておいて欲しい項目を挙げておきます。

ATMは手数料が掛からない時間帯に

銀行のATMを使ってお金を降ろすときは、なるべく手数料のかからない時間帯や曜日を狙いましょう。

一回の引き落としで100円ほどかけて、それを月に10回でもすると、1000円もかかってしまいます。なるべく避けたほうが無難です。

一週間ごとに使える金額を決めておく

「1ヶ月のうちにいくら使えるのか?」これを把握しておく事も大切ですが、さらにそれを1週間ごとに区切っておくと、自然と無駄遣いをしなくなります。

使いすぎているときは「あ、今週は使いすぎているかも」と感じる事ができるため、意外と節約に繋げることができます。

これ必要ある?を問いかける

普通に生活してるとどうしても買いたいものなどがでてくるはずです。

そこで衝動買いをしてしまうのではなく、「これは本当に必要かな?」と自分自身に問いかける事で、無駄な浪費を抑える事もできる事があります。

何度も何度も我慢して、「やっぱり欲しい」となったものは買う。こういったスタイルにしておく事も大切です。

節約するよりも大切なこともある

いかがだったでしょうか。大学生の一人暮らしとなると、やはりお金がかかりますし、できる事なら抑えるべきところは抑えておきたいです。

工夫するべきところは、ぜひ試してみて欲しいのですが、節約する事が全て偉いわけではありません。

節約をする事で、どうしても旅行や友人と遊びに行ったりするときや、食事をするときに、自分自身の選択肢を狭めてしまう事があります。

どうしてもお金を使う事を抑えたいと考えているのであれば、節約をしてみても良いですが、お金を使っていろいろな経験をする事も大切です。

お金の使い方や考え方については、こちらの記事で詳しく書いているため、ぜひ読んでみてください。

自己投資をしよう!将来を充実させるために必要なお金の使い方の概念

最後に、大学生の一人暮らしは大変な事も沢山あります。初めて一人暮らしを経験する人がほとんどでしょう。一人暮らしに関しては、こちらの記事で幅広く触れています。

大学生の一人暮らしのメリット・デメリットや生活費などを徹底検証!

節約もしつつ、時には自分のためにいろいろな経験ができるよう、上手にお金を使ってみてください。

sponsored link add







大学生が一人暮らしをする際の節約方法と考え方

ABOUTこの記事をかいた人

えんどうゆう

大学卒業2ヶ月前に内定辞退。そのあとに中途採用のみのベンチャー企業に飛び入りで面接を受け、内定獲得。大学生活で経験したこと、今の会社で学んだことを実生活に落とし込んだ情報を発信中。