就活で「学生と社会人の違い」を聞かれたときの的確で伝わる回答方法

就活で「学生と社会人の違い」を聞かれたときの的確で伝わる回答方法

就活を始めるにあたって、押さえておくべき質問というものがあります。例えば「学生生活で得たこと」「学生時代に頑張ったこと」などです。

これらの定番の質問の1つで、「学生と社会人の違い」を聞かれることが良くあります。

しかし、「学生と社会人の違い」をいきなり答えることができる就活生はなかなかいないのではないでしょうか?

また、就活においては、「学生と社会人の違い」を聞かれたときにネットで調べれば出てくるような一般的な回答を答えれば良いということではありません。

学生と社会人の明確な違いはいくつかありますが、それとは別に就活で答えるべき的確な回答があります。

ここでは、就活で「学生と社会人の違い」を聞かれたときの的確で伝わる回答方法を詳しく解説していきます。

「学生と社会人の違い」を聞かれたときの回答例

まずは実際にどのように回答をすれば良いのかという回答例を紹介します。回答例を見て、全体感を掴んでください。

学生と社会人の違いは「自分の行動に責任を持つ」ことだと思います。

学生時代にインターンをしていた会社で、社長から「たとえ新人でも企業に属している以上、一つひとつの行動が売り上げに影響する。その自覚を持って行動に責任を持つことが大切」と教えられました。

学生は言われたことを受動的にこなしていれば誰にも文句を言われませんが、社会人は「自分の行動が世の中や会社にどのように影響しているか」を考えて能動的に行動しなければならないと思います。

私も、社会人として「自分の行動に責任を持ち、世の中に価値を提供して会社に貢献すること」を常に考え、行動していきたいと考えております。

「学生と社会人の違い」として良くない回答例

学生と社会人の違いは3つあると思います。

1つ目は、「責任重さ」。2つ目は、「時間の使い方」。3つ目は、「お金の使い方」です。

これらの2つの回答例がなぜ良いのか、なぜ悪いのか。解説していきたいと思います。

企業が「学生と社会人の違い」を質問する意図とは?

「学生と社会人の違い」の回答を考える前に、なぜ企業は面接やエントリーシートでこのような質問をするのか。その理由を考えると、どのような回答が的確かが見えてくるはずです。

①社会人なるということの覚悟を確かめたい

1つ目は、「社会人なるための覚悟を確かめたい」という理由です。

企業はタダで人を雇っているわけではありません。給料をはじめとした人件費をたくさんかけて人を雇っているのです。また、採用活動にもそれなりのお金がかかっています。それほどお金をかけて新卒を採用する以上、しっかりとした覚悟を持って働いてくれる人に入社してほしいと思うのは当然ですよね。

その覚悟を調べるための1つとして、「学生と社会人の違い」を質問しているのです。

②社会人に対してどのようなイメージを持っているか確かめたい

「学生と社会人の違い」という質問の回答をいろんな角度から切り取ると、その人が社会人に対してどのようなイメージを持っているかがわかります。それは、「社会人として働くことの価値観」を見ることができるのです。

その学生が抱いている価値観を探ることで、この企業の価値観とマッチしているかを確かめことができます。

この後も触れますが、つまり「学生と社会人の違い」という質問に対して客観的な正解を答えてほしいのではなくて、あなたの率直な意見が求められているのです。

「学生と社会人の違い」の的確で伝わる回答方法

学生と社会人の違いと言われても、質問されている側は大学生。社会人を経験したことがないので、違いがわかるわけがないのです。それは、質問する側の面接官もわかっていることです。

ではなぜ、わかるわけもない質問をするのかというと、就活の鉄則である

「自分の考えを述べることができるか」

ということを試しているのです。

そこで、「学生と社会人の違い」を聞かれたときの回答例としては、冒頭の例文でも紹介したように、

「自分の経験を基に、考えを述べる」

ことが一番大切です。

編集長おすすめの関連記事

自分の考えを面接官に伝えるための方法と練習法を解説しています。

【必読】学生生活で得たことを的確に伝える3つの原則【就活】

学生時代の体験談を基に回答する

大学生であっても、“社会人のような体験”をするチャンスはたくさんあります。実際の社会人と比べるに及びませんが、例えば、アルバイトやインターンなどは社会人のような経験としてはふさわしいです。

アルバイトで「バイトリーダー」「シフトマネージャー」などのその時間の責任者レベル程度の役職が与えられれば、就活でネタになる経験は十分にできているはずです。

逆にインターンの方が難しく、短期インターンではなく長期インターンでその企業の業務に直接かかわることができた場合は、社会人の経験として十分ネタになります。

そこで「学生と社会人の違い」を少しでも感じることができたら、その経験を基に自分の考えを述べれば質問の回答として上出来でしょう。

冒頭で紹介した「学生と社会人の違い」ダメな例がなぜダメなのかというと、客観的な違いを述べているだけで、自分の意見は一切入っていないからです。面接官からしたら、突っ込みどころ満載の回答なのです。

最後に抱負を述べて気持ちを伝える

少ないながらも社会人のような経験を基に自分の意見を述べることができたら、最後に「社会人としてどのように働いていきたいか」という抱負を述べると、「学生と社会人の違いは何か」という質問に対しての回答がまとまります。

その際は、暗記したテンプレートを読むように回答するのではなく、しっかりと言葉に気持ちを乗せて面接官に伝わるように回答しましょう。

気持ちの乗った言葉は、必ず面接官に伝わります。

私が学生時代に経験した社会人のようなことや、先輩から伺った社会人の大変さだけでは、本当の社会人の責任感や重圧はわからないですが、社会人として働くにあたって、重圧や大変なことがあっても乗り越えて御社に貢献できるように、また、自分を成長させていく覚悟を持って社会人になります。

全く思いつかないという人は、例を参考に自分の言葉に言い直して文章を作ってみてください。最初は思った表現ができないかもしれませんが、日々考えて、少しずつ言葉にしていけば、伝わりやすい文章や原稿を書けるようになります。

大変かもしれませんが、就活を成功させるために頑張ってやってみてください。

就活原点

就活で「学生と社会人の違い」を聞かれたときの的確で伝わる回答方法

ABOUTこの記事をかいた人

あいざわなおや

大学生に、このまま就職をしても将来はないと感じ、大学に通いながら独学でWebデザインを勉強して、Webデザイナーとして独立しIT業界へ。現在はクリエイティブ・ディレクターとして活動中。