付き合う前のデートの回数は“3回”がベストな理由とは?

「最近気になる人がいて一緒にいて雰囲気も良い感じ。そろそろお付き合いしたいけど、どれくらいデートを重ねてから告白をすればいいのだろう?」

きっと大学生でしたらこのような悩みを持っている人が多いかもしれません。

実際のところ、多くの大学生カップルがお付き合いに至るまで、どれくらいのデートを重ねているか気になるところです。

そこで今回は、大学生カップルが付き合うに至るまでの適切なデートの回数と頻度、コツなどについて記事を書いていきます。

1.付き合う前のデートは必須

大前提になるとは思いますが、付き合うに至るまでは数回のデートを重ねる事が必須になります。

大学生でしたら、その場のノリで付き合ってしまったりする事もあるとは思います。

ですがそういった場合は、早い段階で別れる事になってしまったりとあまり良いことはありません。

お互いの事をあまり知らないうちに付き合ってしまうと、価値観のズレなどから喧嘩別れをする原因になってしまいます。

「付き合う気があるのであれば、デートは数回重ねるべき」この事はぜひ頭の中に入れておいてください。

2.付き合う前のデートの回数は3回がオススメ

では、付き合う前はどれくらいの回数のデートを重ねれば良いのでしょうか?

1度や2度のデートでもNGではありませんが、理想としては3回はデートを重ねた方が良いでしょう。

あくまで目安になりますが、3回目くらいにお互いの事をある程度理解できる段階に入っていきます。

理由としては、1度目のデートはお互いに「カップルとして有りか無し」なのかを決めます。

2度目のデートでは「この人と付き合った時のイメージ」を持つようになります。

そして2度目のデートで良いイメージをお互いに持ったら、3度目のデートで「あ、やっぱりこの人ならOKだな」と再認識するようになります。

2-1.頻度は1ヶ月に2~3度が理想的

頻度に関してですが、正直はこれは人によって変わってきます。

ですが大学生でしたら、1ヶ月のうちに2~3度デートを重ねると良いでしょう。

少し多いような気がするかもしれませんが、逆を返すと1ヶ月のうちに2~3度もデートをしてくれるようでしたら、ほぼほぼお付き合いする事は可能と言ってもいいでしょう。

2-2.ダラダラと先延ばしにしない

特に最初の段階として、デートをだらだらと先延ばししないようにしてください。

お互いの時間がどうしても合わないのであれば仕方ありませんが、せっかく良い印象をお互いが抱いていても、デートの期間が空きすぎてしまうと、どちらが覚めてしまう危険性があります。

初めてのデートから付き合うに至るまでには、スピードが命と言っても過言ではありません。

2-3.会えない時間こそが重要

頻繁にデートを重ねていても、どうしても会えない時もあると思います。

そんな時こそ連絡をマメに取る事が大切です。

お互いがLINEやメールが苦手なタイプなのであれば仕方がありませんが、連絡を適度に取り合う事が苦痛でなければ、数時間に1通程度のやり取りはあってもいいかもしれませんね。

2-4.デートは回数よりも質

初めてのデートから付き合うに至るまでは、スピードが大切と言いましたが、適当なデートはしないでください。

大まかな段取りも決めずにデートに臨んでしまうと、どこかで失敗する危険性があります。

毎回毎回お金をかける必要はありません。

ランチに行くだけでももちろんOKです。ただその中で、ある程度どこに行きたいのかを把握しておくなどの気遣いができると良いですよね。

短い時間でも相手を思う存分楽しませてください。

2-5.いかにお互いが楽しめるか

また、先ほど相手を思う存分楽しめましょうと言いましたが、自分が楽しくてももしかしたら相手は楽しんでないかもしれません。

これは気配りの問題ですが、常に相手の事を考えることでお互いが楽しいデートの時間を過ごす事ができるはずです。

当たり前の事かもしれませんが、「相手の気持ちを考える」この事は忘れないでください。

3.付き合ってからの会う頻度は?

さて、無事気になる女性とお付き合いをする事ができるようになったとしましょう。

付き合いだしてからは一体どれくらいの頻度で会えば良いのか、次はこの部分について書き進めていきます。

3-1.カップルによって様々

二人で会う頻度はカップルによって様々です。

毎日のように会っていたいカップルもいれば、1ヶ月に一度会えればいいやと考えるカップルもいます。

そこはお互いの考えを尊重して、「ねえ、どれくらいの頻度で会いたい?」と話し合いをしましょう。

ある程度2人の中で共通の認識があれば、定期的にお互いの心地の良いタイミングで会う事ができます。

3-2.簡単にお互いのペースを把握しておく

上にも書きましたが、お互いのペースを尊重してバランスの良い会い方をしましょう。

自分が頻繁に会いたいと言っても相手がそう感じていないのであれば、そこは意見のすり合わせをして、適度な形に2人で仕上げるべきです。

4.最後に

今回の内容を簡単にまとめると、

  • 付き合うまでのデートは必須
  • 付き合う前のデートは3回がおすすめ
  • ダラダラと会うのではなく1ヶ月に2~3度デートする
  • 会えない時間も大切にする
  • デートは回数よりも質が大切でいかにお互いが楽しめるか

以上のようになります。

学生でも社会人でも、付き合うまでにデートを重ねる事は重要です。

3回が程よい回数ですが、3回にとらわれすぎてしまうと自分のパターンが崩れてしまったときに焦ってしまったり、信頼関係を築けていないのに無理に告白をしてしまい警戒されてしまうこともあります。

また、ナチュラルに相手との歩みを合わせることができる人ならば、意識せずに自然体でいられれば良いですが、いろいろ考えてしまって、何か参考にできるものに頼りたいというのであれば、今回紹介した内容を参考にしてください。

そして、あくまで相手との時間を楽しむことが一番大切にです。それを忘れないように、相手との距離を縮めていってください。