絶対に失敗しない!海に最適なメンズファッションまとめ

絶対に失敗しない!海に最適なメンズファッションまとめ

sponsored link







「海に入るときはもちろん水着を着るけど、海に入らない場面ではどんな服装をすればいいのだろうか。」

きっとこのような悩みを抱いている人も少なくはないのではないでしょうか。

確かに海に入るときは海パンだけ履いておけばいいのですが、実際に海に行くまで、そして帰るときにも服装には気を使いたいものです。

そこで今回は、「絶対に失敗しないメンズ海ファッション」と、「これだけはしてはいけないNGなメンズ海ファッション」をじっくりと解説していきたいと思います。

是非最後まで記事を読んでみてください。

1.海ファッションは“爽やか”が鍵

まず、前提として海でのファッションですから、当然爽やかさを求める必要があります。

“爽やかさ”を簡単に説明すると、「白系」「青系」などの明るい色のアイテムを着ることを意識してください。

爽やかさ

出展 http://by-s.me/

全体的に明るめの色のアイテムを着ることで、海にいても全く違和感のない着こなしができるようになりますよ。

1-1.トップスはTシャツをコーディネートの中心にする

とりあえずトップスは、Tシャツを着る事を意識してください。

その中でも、「無地のTシャツ」と「ボーダー柄のTシャツ」の2種類を着てもらえれば、ほぼ問題はないでしょう。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
トップスはTシャツをコーディネートの中心にする

出展 http://www.freaksstore.com/

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
トップスはTシャツをコーディネートの中心にする

出展 http://www.excite.co.jp/

[/wc_column][/wc_row]

1-2.上着も一着持っておくべき

いくら海に行くといっても、夕方や夜、そして冷房の効いたところにいると、それなりに体が冷えてしまいます。

そんなときは、「リネンシャツ」と「リネンカーディガン」を持っておきましょう。

風通しの良いリネンシャツとリネンカーディガンは、少し肌寒い場所や時間帯でも、丁度良い羽織ものになります。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
リネンシャツ

出展 http://otokomaeken.com/

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
リネンシャツ

出展 https://kaumo.jp/

[/wc_column][/wc_row] [wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
リネンカーディガン

出展 http://wear.jp/

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
リネンカーディガン

出展 http://fashion.spider.jp/

[/wc_column][/wc_row]

着こなしとしては、せっかく夏ですのでボタンを止めずにラフに着こなしてもらうことを意識しておくと良いでしょう。

1-3.ハーフパンツを履くべき

普段の私服では女子から嫌がれる「ハーフパンツ」がありますが、海に行く時は是非とも履いてほしいアイテムです。

逆に長いパンツを履くと、砂で汚れたり、海の中に入る時にまくらなくてはいけません。

ファッションはTPOが大切なので、その場に合った着こなしをすることはとても大切です。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
ハーフパンツ

出展 http://fululuri.net/

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
ハーフパンツ

出展 http://www.aud-inc.com/

[/wc_column][/wc_row]

また、あまりにも短すぎるハーフパンツではなく、膝丈くらいの長さにしておく事をおすすめします。

1-4.足元はサンダル

海や砂場に入ることを考えると、スニーカーだといちいち脱いだりすることが面倒ですよね。

そんな時のために、サンダルを履くことをおすすめします。

サンダルの中でも、「ビーチサンダル」か「スポーツサンダル」が良いでしょう。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
ビーチサンダル

出展 http://www.freaksstore.com/

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]
スポーツサンダル

出展 http://matome.naver.jp/

[/wc_column][/wc_row]

特にスポーツサンダルは、動き回っても脱げにくいです。ビーチサンダルよりも割高ですが、使い勝手はとても良いです。

2.NGな海ファッションは?

ここからはNGな海ファッションをご紹介します。

この記事の途中でも言いましたが、ファッションはTPOが大切です。

それを考えると、自ずと答えは見えてきますね。

2-1.全身黒は避けよう

全身黒

出展 http://otokomaeken.com/

海ファッションは「爽やかさ」がキーワードであるため、黒色が中心のコーディネートは避けたほうが無難です。

周りから見ても「あの人、暑苦しそう、、、」なんて思われてしまって、逆の意味で視線を集めてしまいます。

2-2.タンクトップ一枚はNG

タンクトップ一枚

出展 https://jooy.jp/

とても暑い日差しを受けますから、タンクトップ一枚で過ごしたい気持ちはわかります。

もちろん、そういった服装が好きな方もいるとは思いますが、せめて一枚上に羽織れるものを用意しておきましょう。

2-3.革靴はNG

革靴

出展 https://jooy.jp/

海に革靴はNGです。

どうして海へ行くのに革靴を履くのでしょうか。あまりにも海の雰囲気に反しています。

せめてスニーカーを履いていって、革靴を履くことだけは避けてください。

2-4.派手すぎるアロハシャツもNG

アロハ

出展 https://jooy.jp/

おしゃれな人が着ていれば良いとは思うのですが、そこまでファッションに自信のない人はアロハシャツは避けた方が無難です。

特に派手すぎるアロハシャツは女性からの受けも良くありませんし、避けた方が無難なアイテムです。

3.まとめ

いかがだったでしょうか。

「絶対に失敗しない海ファッション」

  • Tシャツがコーディネートの基本
  • 上着を一枚用意する
  • ハーフパンツ
  • 足元はサンダル

「これだけはしてはいけないNGな海ファッション」

  • 全身黒
  • タンクトップ一枚
  • 革靴
  • 派手すぎるアロハシャツ

以上が今回の記事のまとめです。

「海でのファッション」ですから、海に合った着こなしをする必要があります。

是非今回の記事を見て、海ファッションをする際の参考にしてみてください。

sponsored link add







絶対に失敗しない!海に最適なメンズファッションまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。