誰でもわかる!野球観戦完全攻略ガイド

野球観戦

sponsored link







最近、人気が高まってきている「野球観戦」。野球は2020年東京オリンピックの正式種目にも決まって、今後さらに注目と人気が高まってきそうですね!

そんな流れに乗って「野球を見に行ってみたい!」という人も多くなっていると思います。ですが、野球観戦に行くときどんなことに気をつければいいかわからないんじゃないかなと、思います。

実は僕は野球観戦歴12年目を迎え、通算観戦試合は数百試合を超える、大の野球マニアなのです!

そこで今回は、今までの僕の経験を通じて得た「野球観戦の攻略方法」を、野球観戦に行ったことがない初心者でもわかるように体系的にまとめました。

これから野球観戦に行こうかなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

野球観戦初心者だけど大丈夫?楽しめる?

野球観戦に行くのが初めて!という方、「ルールもなんとなくしか知らないけど、楽しめるかな?」と心配かもしれませんが、問題ありません。

というのも、野球観戦、特にプロ野球観戦はただ単に野球を観るだけではありません。選手を応援したり、なんとなく盛り上がったり、球場の雰囲気の中でお酒を飲んだりおつまみを食べながら一緒に行く友達と話をするのも、楽しみの一つです。

もちろん、ルールを知っていたり、選手を知っているほど楽しく観戦できますが、野球観戦が初めての人でも楽しめる要素はたくさんあります。

一番大事なのは、

「野球観戦を楽しもうという“姿勢”」

だと思っています。

僕自身、野球観戦が初めてというを連れて球場に行くことが多いですが、みんなに「わからなくていいから、楽しもう!」ということをいつも言っています。

わからないからつまらなそうに観るののではなく、わからないなりに楽しんでいきましょう!

合わせて読みたい記事

野球のルールを知らない初心者でも野球観戦を楽しむためにはどうしたらいいか?こちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

【参考】ルールを知らなくても心配ない!野球観戦の楽しみ方とは?

では続いて、野球観戦の楽しみ方を体系的にお伝えしていきます。

野球観戦の楽しみ方【基本】

野球観戦というと、メインは野球を観ることと思いがちですが、野球観戦が初めて、あるいは初心者であれば、一度、その考えから離れてみてください。

では何を楽しむのかというと、「野球場の雰囲気」を頼んでみることを意識してみましょう。

野球場の雰囲気を楽しむという例を挙げると、「野球観戦に行く=テーマパークに行く」と考えると、わかりやすいかもしれません。

例えば、ディズニーランドに行ったら乗り物だけ楽しんで、そのほかの並んでいる時間や移動時間は楽しまない。なんて人はいないんじゃないかと思います。

ディズニーランド

ディズニーランドに行ったら、パーク内の独特な雰囲気を楽しむし、あちこちで売っている食べ物や飲み物を買って楽しむし、ショーやパレードをみて楽しむと思います。

乗り物のストーリーやミッキー以外のキャラクターを知らないからと言って、つまらないわけではありませんよね?

もちろん、ディズニーランドには到底及びませんが、野球観戦も同じです。

野球観戦における「野球のプレー」は、ディズニーランドにおける「乗り物」のようなもので、ルールや選手を知らなくても、そのほかに球場のご飯を楽しむこともあれば、野球場ならではの独特な雰囲気を楽しむこともあります。

そう考えれば、たとえ野球のルールや選手を知らなかったとしても、野球観戦を楽しむことはできると思いませんか?

冒頭でも触れましたが、野球観戦を楽しもうとする姿勢があれば、初めてでも、初心者でも、問題はありません。

ボールパーク化する取り組みが盛ん!

 

野球観戦のチケットはどうやって手配するの?

野球観戦のチケット

では、実際に野球観戦に行こう!となったときに、最初にやることは「チケットの手配」です。チケットがなければ、野球観戦をすることはできませんので、とても大事なことなのです。

ですが、初心者にとって、チケットの手配は意外と難しいかもしれません。

「チケットの手配の仕方がわからなくて野球が観れなかった…」

ということにならないように、大まかな流れを紹介します。

野球観戦のチケットは前売り券と当日券がある

前売り券

その名の通り、試合の日の前日まで売っているチケットです。前売り券が購入できる場所は、

  • 野球場のチケット売り場
  • コンビニ
  • e+(イープラス)ローソンチケットなどインターネット
  • 金券ショップ

などで購入することができます。

近年、プロ野球が人気を高めている傾向にあり、特に人気のチームの試合は前売り段階でほとんど完売ということも少なくありません。なので、事前に野球観戦に行くことが決まっていれば、早めに前売り券を買っておくと安心です。

当日券

当日券は、

  • 野球場のチケット販売窓口
  • 金券ショップ

のどちらかで購入することになります。ですが前売りの段階である程度の席は売れてしまっているので、当日券で残っている席は見えにくい席だったり、1席だけ残っていて隣同士で取れないことが多いです。

野球観戦に慣れていて、「ふらっと一人で球場に行こう」という人は問題ないですが、野球観戦初心者という人は、当日券はおすすめできません。

チケットを買ったら無くさない&忘れないように気をつける

無事にチケットを購入した後、チケットを「無くさないようにする」「忘れないようにする」ということに気をつけてください。

特に、前売り券を買ったはいいけど、野球観戦当日にチケットを家に忘れてしまったり、財布にいれておいたはずなのに無くなってるということが起こりがちです。

基本的に再発行はできないので、無くしたらまた購入し直しになってしまいます。「忘れるなんてことはないだろう」と思いがちですが、油断は禁物です。。

座席の種類

座席表

出典:https://www.yokohama-stadium.co.jp/ticket/search/

次に座席の種類を見ていきます。座席の種類は大きく分けて「ホーム側・ビジター側」「内野席・外野席」の4つのパターンがあります。

ホーム側、ビジター側

まず、座席は大きく分けて「ホーム側」「ビジター側」に分かれます。基本的には野球場を縦半分にして片方は一塁側はホーム、三塁側はビジターに分かれます。

座席表(ホーム&ビジター)

もしあなたに応援したいチームがあるなら、そのチームはホーム側なのかビジター側なのか確認をしてからチケットを手配するようにしましょう。

間違えて相手チーム側のチケットを取ってしまって、相手チームの応援をするのはマナー違反になりますので止めましょう。

内野席、外野席

内野席、外野席の大きな違いは、「応援をするか」「ゆったり観るか」に分かれます。

座席表(内野&外野)

日本のプロ野球は「外野席」は応援するところと決まっています。外野席にの人たちは、自分が応援しているチームが攻撃になると、立って応援歌を歌って、声を出して、応援し始めます。

一方内野席は、基本的には座って野球を観戦する席で、応援をする人もいれば、ゆっくり座って観戦している人もいます。

そのほかの違いは内野席の方が値段が高くて、外野席の方が比較的値段が安いです。

BOX席、グループシートもある

BOXシート

出典:https://www.baystars.co.jp/news/2012/11/1126_01.php

野球場の座席のスタイルも色々と変わってきていて、普通の座席だけでなくグループで楽しめるような座席が増えてきています。

このような座席は人気が高いので、一般的にはなかなか手に入れることは難しいですが、もしチャンスがあればグループで楽しめる席を取るのもアリだと思います!

初心者はどこのチケットをとればいいか?

では野球観戦の初心者はどの席をとれば良いかというと、「内野席」がおすすめです。

初心者同士で野球観戦に行くときに、いきなり外野席でガッツリ応援するのは少しハードルが高いです。外野席で応援をするなら、最初は応援のスタイルと要領を把握している、あるいは経験がある人に連れてってもらうのが無難です。

なので、お金もそこそこに抑えて、野球観戦に慣れるという意味では「内野席」が良いですが、内野席にも幾つかの種類があります。

幾つか種類がありますが、最初はどこでも良いと思っています。自分がお金を出せる範囲で座席を選べば良いです。

どんな観戦スタイルが好きか試すつもりで

肝心なのはその後で、次に野球観戦に行くときに、最初の席を基準にして「もっと近くで見たいのか」「もっと球場の全体を見たいのか」「もっと応援をしたいのか」判断をしてチケットを勝てみましょう。

冒頭でもお話しましたが、野球観戦に行くことは、テーマパークに行くことと似ています。ディズニーランドに行って、乗り物にガッツリ乗りたい人や、パレードをゆったり見たい人がいるように、野球観戦も人それぞれ好みがあります。

自分は何が好きなのか、それは実際に野球観戦に行って、いろんな座席を試してみないとわかりません。

それも1つの楽しみだと思って、座席を選んでみてください。

野球観戦の持ち物は何が必要?

ここからは実際に野球観戦に行ったときのことについて紹介します。

野球観戦に行くとなったときに、初心者の人は何をもっていけばいいかわからないと思います。僕自身も野球観戦は数百試合観に行きましたが、未だに何をもっていこうか悩むことがあります。

それぐらい、野球観戦の持ち物は迷ってしまいます。

ですが、1つだけ言えることは

「なるべく持ち物は少ない方が良い」

ということです。もう少し詳しくいうと、不要になるものはもって行かない方が良いです。

というのは、野球場は座席の間隔がとても狭いので、荷物が多いとその分動けるスペースが少なくなってしまいます。

身動きが取れないと、窮屈で快適に観戦ができないということもありますし、飲み物をこぼしてしまうこともあります。トイレに行くときにいちいち荷物が邪魔になったりもします。

なので、極論をいうと、野球観戦の理想は荷物は持たず、手ぶらで行くと一番楽です。が、、そんなわけにもいかないので、野球観戦に最低限必要な荷物を紹介します。

野球観戦の必需品

①チケット

チケットが無いと、球場に入れません。チケットだけは何としても忘れないでくださいね。

②タオル

タオルにもいろいろタイプがあると思いますが、おすすめは首から掛けられるような、いわゆる「マフラータオル」です。

汗を拭いたり、濡れてしまったときに拭くのはもちろん、応援グッズとしてタオルを使うことがあるので、タオルを持っていると球場と一体となって野球観戦を楽しめます。

あとは、女の子はタオルを首からかけていると可愛くみえるので、そんなファッション性を楽しむためにもタオルがあるといいですね!

もちろん球場内に色々なタオルが売っているので、持ってなかったら買っても良いと思います。値段は1,500円前後です。

③チャージ済みのPASMO・Suica

これはなんで?と思うかもしれませんが、試合が終わった後は、何万人という人が最寄駅に押しかけます。そのため、券売機もたくさん列を作り、試合が終わった後ではなかなかチャージができません。

なので、あらかじめチャージが済んでいるPASMO・Suicaを持っているとスムーズに帰ることができます。

野球観戦には直接関係ないですが、持っていると便利な持ち物ですね!

 

本当に必要な持ち物は「チケット」「タオル」「チャージ済みのPASMO・Suica」くらいですね。最低限必要なのは3つだけですが、“あったら野球観戦がもっと楽しくなる持ち物”というのもあるので、いくつか紹介します。

あったら10倍楽しくなる野球観戦グッズ

野球観戦グッズ

出典:http://shop.hanshintigers.jp

野球観戦の楽しみ方は人それぞれですが、一般的には「球場と一体となって応援する」と楽しさが倍増します。

なので、よりコアな応援ができればできるほど、野球観戦が楽しくなると思っています。そのためには応援グッズは欠かせません。

そんな、野球観戦を10倍楽しくする応援グッズを紹介します。

①ユニフォーム

ユニフォーム

出典:https://www.baystars.co.jp/news/2015/05/0528_02.php

野球観戦をするなら、ユニフォームは必須アイテムだと思っています。ユニフォームを着ると、

「選手との一体感」
「ファンとして球団に愛着が湧く」
「なんとなく本格的に応援してる感」

みたいな感情が湧いてきます。あなたが野球のことをしらなくても、ユニフォームを着るとなんとなく「知ってますよ感」が出るし、自分でも気持ちが高まってくるのがわかります。

ユニフォームを着ると「応援スイッチが入る」なんて人もいるくらい、野球ファンの中では必須アイテムなのです!

1つ難点があるとすれば、ユニフォームの値段が高いということでしょうか。。

種類や質によってピンキリなのですが、最低でも5,000円くらいはするんじゃないかなと思います。

野球観戦初心者にとってはハードルが高いアイテムですが、1度買ったら何年も使えるので、ぜひ一着買ってみてはいかがでしょうか。

無料でもらえるときもある!?

ユニフォームは普通買うと数千円するところですが、ここ数年、ユニフォームを無料で配布してくれるイベントを行う球団が増えてきました。

「鷹の祭典」「スターナイト」など…

試合に行ったらユニフォームがもらえるなんてイベントがあったら、お得感もあるし足を運んでみたくなりませんか?

もちろんそういった試合のチケットはすぐに売り切れてしまいますが、、、

ユニフォームが無料でもらえる試合を狙って野球観戦に行くのも良いかもしれませんね!

②選手名鑑

選手名鑑

http://www.nsks.com/mook/19974/

選手名鑑というのは、プロ野球12球団の選手のプロフィールやデータがまとまっている図鑑のようなものです。

毎年、野球のシーズンが始まる3月くらいになると、本屋のスポーツコーナーには選手名鑑がたくさん平積みされていきます。

選手名鑑は図鑑みたいと言っても、ポケットサイズの物が一般的なので、球場に持っていってもあまり邪魔にならないので安心です。

値段も500円弱で買えるので1冊買ってみてはいかがでしょうか?

試合中に気になった選手がいたら選手名鑑で「どんな選手なんだろう」と特徴や成績を見てみると、だんだん詳しくなっていって、野球観戦も楽しくなっていきますよ!

③各球団の特有のグッズ

応援フラッグ

出典:http://seibu-lions.cocolog-nifty.com/blog

プロ野球は12球団ありますが、各球団それぞれ応援に特徴を持たせるために、球団特有のグッズを使うことがあります。

やっぱり、応援しているチームの特有のグッズは抑えておきたいところです。

僕自身は特に1つの球団に特化せず、いろいろな球団の試合をみるので、それぞれのユニフォームやグッズを買って応援しています。

その分、グッズ代が嵩むのが難点ですが、、それでも、応援グッズを買えばそれ以上に野球観戦を楽しめるので、悪いことではないなと思っています。

まずは、自分がなんとなく好きな球団のグッズから買ってみてください!

持っていかない方がいい持ち物

一応、野球観戦に持っていかない方がいい持ち物を紹介しておきます。

①グローブ

野球観戦だから、なんとなくグローブを持って行きたくなるかもしれませんが、基本的に使うことはないし、かさばって邪魔になるだけです。

万が一、グローブにビールがこぼれてしまったら。。そんな最悪の事態を防ぐためにグローブは持っていかないことをおすすめします。

ちなみに、僕がこぼしたチューハイが少年のグローブにかかってしまったという事件が起きました。。

申し訳ないな、、と思いながらも、自分は絶対にグローブは持っていかないと決意しました。

②双眼鏡

これもなんとなく持っていった方がいいアイテムと思いがちですが、双眼鏡も邪魔になってしまうだけです。

止まっている景色をみるのであれば、双眼鏡は役に立ちますが、野球選手は止まっているわけではありません。プレーをしている選手を双眼鏡でみるのは至難の技です。

バードウォッチングに慣れてる人ならいいかもしれませんが。。普通の人であれば、球場全体をみながら野球観戦を楽しめば十分なので、双眼鏡は持っていかないようにしましょう。

合わせて読みたい記事

野球観戦の持ち物についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【参考】野球観戦に本当に必要な持ち物&不要な物まとめ

野球観戦に行くときのファッション&コーデ【重要】

野球観戦に誘われたとき、女性は特に「どんなファッションで行けばいいか?」迷ってしまうかもしれません。

世の中のサイトにある野球観戦コーデ的なファッションは、少し現実的ではない感じはありますが、「あんな感じに着こなしたい!」と憧れるようなコーデになってます。

参考になるかどうかで言ったら、少しレベルが高すぎるかなという印象ですが、ここでお伝えするのはより現実的な野球観戦コーデです。

野球観戦は普通のデートとは少し違うので、ファッションにも気をつけなければならないことがあります。そのポイントを3つお伝えします。

野球観戦のファッション&コーデで気をつけたい3つのポイント

①基本的には動きやすい服装で!

野球観戦に行くときに女性であればオシャレをしたくなるかもしれません。特にデートで行くときはファッションにも気をつけたいですよね。

ですが、野球観戦はできるだけ「動きやすい服装」で行くようにしましょう。

スカートより、パンツで。
ヒールより、スニーカーで。

普段は慣れているスカートやヒールでも、野球場は階段が多かったり、狭かったりで、普段の動きができません。

野球観戦になれないうちは、自分が簡単な運動をするような感覚でファッションのコーディネートをしていきましょう。

②汚れるかもしれない前提の服装で

野球観戦は座席が狭い上に、不安定な場所でビールや食べ物を食べます。そして盛り上がってくると気付かないうちにビールがこぼれていた!とか、タレが服についていた!ということもありがちです。

せっかくオシャレでキレイな服を着てきても、汚れてしまったらブルーな気持ちになってしまいますよね。。

なので、汚れるかもしれない前提で、というか、汚れる前提で着ていく服をコーディネートしていきましょう。

③季節を考えたファッションアイテムも重要!

野球観戦のシーズンは3月下旬から9月下旬までです。春や秋は日中は暖かいかもしれませんが、夜は冷え込んで寒くなってしまうこともよくあります。

また、ドーム球場は温度は一定ですが、それが逆に体を冷やしてしまうことになってしまいます。荷物は最小限に、動きやすい服装が基本ですが、体調を壊してしまうと後味も悪くなってしまいます。

なので、防寒対策など季節に適したファッションアイテムを用意することも忘れないでください。

野球観戦のコーディネート例

野球観戦のファッションコーデ

出典:http://matomelotte.com/

ベースボールキャップを被って、首からマフラータオルをかけて、ユニフォームを着れば、可愛く見えて男性からの評価も高くなるし、自分も野球場と一体感を持てて楽しく野球観戦ができます。

ぜひ、野球観戦に行ったら、野球観戦用ファッションアイテムを揃えてみてください!

合わせて読みたい記事

野球観戦のファッションとコーディネートについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【参考】女子必見!失敗しない野球観戦コーデ7つのポイント

野球観戦って、どのくらい時間がかかるの?

野球は、サッカーやラグビーと違って、試合時間に決まりがありません。なので、早ければ2時間半程度で終わることもあれば、5時間近くかかる試合も稀にあります。

日本野球機構によると、2016年のプロ野球平均試合時間は、「3時間13分」ですので、野球観戦に行くときは3時間くらいかかるとみていると良いかもしれません。

遠くの球場に行くときや慣れない地域の球場に行くときは、あらかじめ終電の時間や普通に帰れる時間を調べておくと安心ですね。

野球観戦全体のスケジュール

平日ナイトゲームのスケジュールをまとめたので参考にしてみてください。

野球観戦のタイムスケジュール

各試合によってそれぞれの時間は異なることがあるのであくまで参考程度に。。

合わせて読みたい記事

野球観戦の時間についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

【参考】野球観戦初心者のための試合時間と全体スケジュールまとめ

一人でも野球観戦を楽しめる?

野球観戦に行きたいけど、友達との日程が合わないし、一人で行くのもなんか抵抗があると思っている人も多いようです。

確かに一人で野球観戦い行くことは勇気があるかもしれませんが、実は、一人で野球観戦をしている人は、意外とたくさんいるものです。

それは男性に限らず、一人で野球観戦している若い女性もたくさん見かけます。印象としては、一人ラーメンに行っている女性より、一人野球観戦に行っている女性の方が多いんじゃないか?というくらいです。

結論から言うと、一人で野球観戦を楽しめるかどうかは、本人次第かなと思います。

ですが、一人でも野球観戦に行こうかなと考えたことがある人であれば、実際に一人で野球観戦に行っても楽しめるんじゃないかなと思ってます。

少しでも一人で野球観戦に行ってみたいと思っているのであれば、ぜひ一度、一人野球観戦に挑戦してみてください!

一人野球観戦のメリット・デメリット

一人野球観戦はいいこともあれば、悪いこともありますので、簡単に紹介します。

メリット

  • 気を使わなくて良い
  • 席を取りやすい
  • 「野球」を存分に楽しめる

デメリット

  • 席を離れるときに荷物が心配
  • なんとなく、寂しい。

もちろん、複数人で野球観戦に行くときにメリット・デメリットも有ります。どちらが良いというわけではないので、自分に合った観戦スタイルを見つけてみてください。

合わせて読みたい記事

一人野球観戦についてはこちらの記事も参考にしてみてください。※メリット・デメリットを詳しく解説しています。

【参考】一人で行く野球観戦を10倍楽しむための5つの極意

カップルで野球観戦デートに行こう!

野球観戦デートに行こう!

実は今、野球観戦デートに行くというカップルが増えているようです。たしかに、ひと昔前に比べたら、各球団女性ファンを取り囲もうと、いろんな取り組みをしていることは感じとれます。

例えば、単純に球場を綺麗に改装したり、女性に特典がつくイベントをやったり、女性が野球場に行きやすい環境が整ってきたことは確かかなと思います。

あとは、各球団の女性ファンを「カープ女子」「ハマっ娘」「オリ姫」愛称をつけて、女性が馴染みやすくなっていますね!

そんな野球観戦デートが注目を集めている理由は「二人の距離が縮まる!」からです!

ではなんで、野球観戦がカップルの距離を縮めるのか、5つのポイントを解説していきます。

①誘いやすい(誘われやすい)

野球場は関東に集中しているので、首都圏に住んでいる人は野球観戦に行きやすいので、相手を誘いやすいというメリットがあります。

野球観戦は男の趣味とか、女の趣味とか、垣根がない趣味なので、男女ともに楽しめるあたりも誘いやすいかなと思います。

「初めて野球観戦に行ったけど、思ったより楽しかった!」

という女性も多くいるので、男性としても誘いやすいですね。

②長時間近い距離でいれる

野球場は隣の座席との距離が本当に狭いです。狭いことで窮屈というデメリットはありますが、このデメリットをうまく使えば、彼氏や彼女との距離を近づけることができます。

自然と肩と肩が当たっちゃう感じは、最初はドキドキするかもしれませんが、そのドキドキ感がたまらなく刺激的な時間を作ってくれます。

トイレに行くときに手を貸してあげたり、盛り上がってハイタッチをしたり、自然な流れでボディタッチもできるので、二人の距離は劇的に近くなっていきますよ!

③異空間を共有できる

この記事の最初の方でもお話しましたが、野球観戦はテーマパークのようなものなので、言ってしまえば「異空間」。

旅行とかもそうですが、「非日常的」な時間は色々と脳に刺激を与えてくれて、恋愛的にもかなり効果的なのです。

旅行に行くと異空間を味わうことにより、脳が活性化されるという効果が期待できますが、これは二人の間により好意を抱かせる効果も期待できます。

異空間にいる時というのは、脳がいろんな刺激をキャッチしているので、普段とは違う感情や考えをしやすく、普段以上に魅力的に見えたり、男らしく見えてりもします。

簡単に言うと、脳が勘違いを起こしやすい状態になるのです。

出典:男性が好きな人にとる態度.jp

僕自身、野球観戦は数百試合見に行きましたが、それでも野球場に行くと特別な感覚になるし、興奮もします。女の子と行くと、ドキドキ感も高まります!笑

僕みたいにかなり野球観戦の経験が豊富な人でもワクワクするので、初めて行く人や初心者の人はかなりドキドキするんじゃないかと思います。

僕も初めて野球観戦に行ったときは、興奮して大量に鼻血を出した覚えがあります。。。笑

そんな異空間を共有したら、心の距離も縮まっていきそうじゃないですか?

④野球場のグルメを楽しめる

「野球場はテーマパーク!」ということで、野球場のグルメにも力をいれている球場もたくさんあります。

球場の地域性を生かしたメニューを用意したり、選手プロデュースのお弁当を販売したりとたくさん工夫もされています。

各球場のグルメ

出典:http://sistadium.web.fc2.com/hajimete-b04.htm

例えば、横浜スタジアムでは球場の外にビアガーデンコーナーを特設して、屋台やビールも販売して野球場の外でもグルメが楽しめるようになっています。

メニューを一緒に選んだり、ご飯をシェアしたり、そんな時間も楽しめますね!

⑤一緒に盛り上がれる

実はプロ野球は一年中楽しめる!?プロ野球のシーズンは3月下旬から9月下旬までです。年間を通して約半年間がシーズンで、残りの半年はオフシーズンとなります。

シーズン中は野球の試合を楽しめますが、実はオフシーズンもカップルで野球を楽しむことができるのです。

プロ野球は2月1日から3月中旬まで、「春季キャンプ」を行います。春季キャンプとは、これから始まるシーズンに向けて練習をすることで、主に、沖縄や、宮崎などの2月でも暖かい地域でキャンプを行います。

そんなプロ野球のキャンプに行けば、野球も楽しめて、沖縄の観光もできて、カップルで充実した旅行ができますよね。

二人の距離が縮まること間違いなしです!

野球観戦は誰でも楽しめる!

いかがでしたでしょうか?

この野球観戦ガイドを読んでいただいて、「野球観戦に行ってみたい!」「野球観戦楽しめるかも!」と思っていただければ、嬉しいです。

野球観戦は誰でも楽しめると思っています。そして観戦に行けば行くほど、野球観戦の奥深さを感じることができると思います。

今回お伝えした内容は、初心者のための野球観戦攻略ガイドで、野球観戦をもっと深く、そしてコアに楽しむ方法はたくさんあります!

中級者、上級者向けの野球観戦ガイドも書いていこうかなと思っているので、楽しみにしていてください!

sponsored link add







野球観戦

ABOUTこの記事をかいた人

あいざわなおや

大学生に、このまま就職をしても将来はないと感じ、大学に通いながら独学でWebデザインを勉強して、Webデザイナーとして独立しIT業界へ。現在はクリエイティブ・ディレクターとして活動中。