野球観戦初心者のための試合時間と全体スケジュールまとめ

野球観戦初心者のための試合時間と全体スケジュールまとめ

近年、若者を中心に野球観戦人気が高まっているため、友達と一緒に野球観戦に行ってみたいという大学生も増えてきています。

しかし、野球観戦初心者にとって、野球観戦は実際にはどのくらい時間がかかるのか気になるところです。また、どのような要領で計画を立てればいいか見当もつかないと思います。

ここでは、試合時間とそれ以外にかかる時間を細かく徹底解説します。

友達や恋人と野球観戦に行く時にあたふたしないように野球観戦にかかる時間を全体のスケジュールをチェックしておきましょう。

1. 野球観戦で考慮すべき“時間”とは?

野球観戦は試合時間以外に考慮すべき時間がいくつかありますが、試合時間のみを考えると約3時間です。ナイトゲームの場合、試合開始時間は18時であることが多いので、試合終了時間は21時を過ぎると考えましょう。

試合時間自体は約3時間ですが、その前後に考慮すべき時間がいくつかあります。全体のおおまかな流れは以下の通りです。

チケットを買う時間

入場までの時間

入場から試合開始までの時間

試合時間

試合終了から最寄まで駅までの時間

1つずつ確認していきましょう。

1-1. チケットを買う時間

チケットを買う手段は「前売り券」を買うか「当日券」を買うという2パターンがあります。前売り券を買っておけばチケットを買う時間を考慮しなくて良いのですが、当日券を買って観戦をする場合はチケットを買う時間を計画に入れておきましょう。

当日券の販売開始時間は、球場によって異なりますが、試合開始時刻の2時間半~3時間前に販売開始されることが多いです。

しかし、販売開始された時間に購入できるかというとそうではなくて、当日券を買い求めるために早朝から並んでいる人もいます。また、当日券は希望の座席が売り切れてしまったり、複数人文の座席を確保できない場合もあります。

当日券を買うために並ぶ時間、並んでも買えないかもしれないということを考えると、チケットは前売り券を買っておくのが無難であると言えるでしょう。

1-2. 入場までの時間

球場に入場できる時間は試合開始の2時間前という球場が多いです。

指定席であれば座席の心配はないのですが、自由席の場合、座席を確保するためには入場開始前から並んでおく必要があります。また、指定席のチケットを買っていても、試合開始直前は大勢が入場するのでなかなか中に入れないこともあります。

試合開始に間に合うために、時間に余裕を持って入場することをおすすめします。

1-3. 入場から試合開始までの時間

入場から試合開始までの時間は最大で2時間、最小で0分です。試合開始後にバタバタしないように入場から試合開始までの時間で買い物を済ませたり、お弁当を買っておいたり、お手洗いを済ませる時間にしましょう。

それだけでなく、試合開始までにグラウンド内では選手が練習をしている風景をみることができます。試合前の練習が醍醐味だ!という人もいるくらいで、練習を楽しみに早くから入場する人もいます。

また、試合開始30分前(だいたい)くらいから、両チームのスターティングメンバーの発表があり、応援団の応援が始まり、徐々に球場のボルテージも高まっていきます。

そういった球場の雰囲気を味わいながらお酒を飲むのも楽しいひと時です。

1-4. 試合時間

野球場

野球観戦のメインとなる試合時間は約3時間です。

試合が始まってから、試合を存分に楽しむコツとしては、イニングの途中(プレー中)は席を外さないようにしましょう。

もしお手洗いや買い物に行きたくなったら、できるだけ選手が攻守交代をしているイニング間に行くようにしましょう。

しかし、みんながそのような考えを持っているため、イニング間はお手洗いが激混みします。我慢できなくなるまで耐えるのは危険なので、周囲の動きを見ながら席を外せるようになると良いです。

1-5. 試合終了から最寄まで駅までの時間

ナイトゲームの場合は試合開始時間が18時のことが多いので、試合終了時間は21時を過ぎるくらいを考えると良いです。

ここで注意しておきたいのは、試合終了後はみんなが一斉に最寄り駅に流れ込むので混雑でなかなか前に進めません。また最寄り駅のホームにも人があふれかえるので、スムーズに電車に乗ることはできないと考えていた方が良いでしょう。特に首都圏の球場は混雑します。

慣れない初心者であれば、試合終了から30分後くらいに電車に乗れるだろうという感覚でいるとイライラせずに済みます。

1-6. 全体のタイムスケジュール

試合開始時間を18時と設定して、野球観戦の全体のタイムスケジュールを確認しましょう。

野球観戦のタイムスケジュール

2. 楽しみ方によって野球観戦の時間はさまざま

ここまで、野球観戦の基本的な時間を確認しましたが、これらの時間は観戦スタイルによって様々です。

試合開始直前に入場して、試合終了と同時に球場を後にすれば約3時間で済みます。

入場開始前から友達とお酒を飲みながら開場を待ち、試合開始前の選手の練習から、試合終了後に応援団と一緒に応援を楽しむと7~8時間は楽しめます。

楽しみ方は人それぞれです。初心者と上級者によっても楽しみ方は異なります。

しかし、気をつけなければならない点は、野球観戦初心者にとって、試合以外の時間は退屈であるということです。場合によっては試合中も退屈になってしまうこともあります。

もし、野球が詳しい人がいるならば、まずはそのような人に連れて行ってもらいながら、野球観戦の全体感を掴んで、徐々に楽しめるようにするのも大切です。

また、初心者の友達を野球観戦に連れて行くときは、熱が入りすぎると引かれてしまうこともあるので、気をつけましょう。

3. まとめ

野球観戦は比較的時間が長いということを頭に入れておきましょう。長いということが分かっていれば「こんなもんか」と納得ができます。

また、人がたくさん集まるので思うように行動できないこともあります。それらも踏まえて野球観戦ということを覚えておいてください。

そのような時間も考慮して、観戦自体に慣れてくれば、野球はとても面白いスポーツなので、盛り上がること間違いありません。

ぜひ、楽しんで野球観戦ができるとを願っています。

野球観戦初心者のための試合時間と全体スケジュールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。