女子必見!失敗しない野球観戦コーデ7つのポイント

女子必見!失敗しない野球観戦コーデ7つのポイント

sponsored link







友達や彼氏に野球観戦を誘われたとき、困ってしまうのは服装だと思います。普通に遊びに行くのとは違うし、雰囲気と合わない服装で行って浮いてしまわないか、気になるところです。

浮いてしまう程度ならまだ良いですが、おしゃれな服を汚してしまったら残念ですよね。

初めて野球観戦に行くときには女性なら一度は悩むところではないでしょうか?

そこで、ここでは野球観戦初心者の女子必見の、野球観戦コーデの7つのポイントを紹介します。これさえ押さえておけば、野球観戦の服装で失敗することなく、思いっきり楽しむことができます。

1. 野球観戦の基本は動きやすく

野球観戦の基本は動きやすい服装で行きましょう。野球場は階段が多かったり、座席が狭かったり、人が大勢いたり、よく動くことが多いです。

おしゃれして行きたい気持ちはわかりますが、柔軟に身動きが取れなくて彼氏や友達に迷惑をかけてしまうこともあります。

そのようなことがないように、まず抑えるべきポイントは以下の4つです。

  • 汚れるかもしれない前提
  • スカートよりパンツ
  • ヒールよりスニーカー
  • 荷物は少なめで

1つずつ確認していきましょう。

1-1. 汚れるかもしれない前提

まず前提として、汚れるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

汚れる理由としては、上の座席の人がこぼしたビールがかかってしまう、おつまみや食事をこぼしてしまうなどが挙げられます。

出典:http://switch-box.net/wallpaper-beer-photo.html

出典:http://switch-box.net/wallpaper-beer-photo.html

基本的に野球場の座席は狭く、窮屈なので身動きがとりにくいです。その中でビールを飲んだり、食事をしたりするので、こぼしてしまうハプニングは頻繁に起きます。

おしゃれな服が汚れてしまうと、気分も下がってしまい、せっかくの野球観戦が台無しになってしまいます。もちろん汚れないことが一番ですが、汚れるかもしれないという前提で服装をコーディネートしましょう。

1-2. スカートよりパンツ

野球観戦に慣れてくればスカートでもパンツでも気にすることはありませんが、初心者であれば、スカートではなくパンツを選ぶことをおすすめします。

野球場は階段が多く座席も狭いため、登り降りや、立ったり座ったりを繰り返します。友達や彼氏に気を使わせないようにするためにも、パンツスタイルで野球観戦に臨みましょう!

1-3. ヒールよりスニーカー

普段はおしゃれなヒールを履いていて慣れていても、野球観戦コーデではヒールは避けましょう。先ほども触れたように、野球場は階段が多く、座席も狭いので、ヒールでは動きにくいです。野球観戦の際は、無難にスニーカーを履いて行きましょう。

1-4. 荷物は少なめで

荷物はできるだけ少なめにしましょう。また、高級なバックは避けたいところです。

野球場の座席は狭いので、荷物を置ける場所が座席の下しかありません。こぼれたビールがかかってしまい、せっかくのバックがビール臭くなってしまうこともあります。

「自分はビールを飲まないから大丈夫」と思いがちですが、隣の人や上の人がこぼしたビールがかかってしまうことも野球観戦では日常茶飯事です。

身動きをとりやすく、自分の持ち物を汚さないように、荷物は少なめで、バック選びにも気をつけましょう。

ポイント! 大きめのビニール袋持参で被害を最小限に!

野球観戦をしていると、ビールや飲み物がこぼれてバッグが汚れるということは少なくありません。その被害を最小限に抑えるためにも、大きめのビニール袋を持参して、もし飲み物がこぼれてもバッグが濡れないように対策をしておくと良いでしょう。

 

2. 女子特有の注意ポイント

次に、女子ならではの野球観戦コーデで気をつけたいポイントを2つ紹介します。

2-1. 防寒対策を忘れないように!

野球のシーズンは春から秋となっています。夏場は気温も暑く、応援に熱中して汗をかくこともありますが、春、秋は昼間は暖かい気温だったとしても、日が沈むと急に冷えてくることもあります。

出典:http://googirl.jp/biyou/1304hiesyou_gekitai264/

出典:http://googirl.jp/biyou/1304hiesyou_gekitai264/

また、野球は基本的に座って観戦する時間が長く、屋外の球場で観戦する場合は体を冷やしてしまうことがありますし、屋内球場の場合は冷房が効いているので冷えてしまうこともあります。ですので、夏場であっても上に羽織れるものを用意すると安心です。

野球観戦は楽しくても、次の日体調を崩してしまって後悔しないように、防寒対策には気をつけるようにしましょう。

2-2. ナチュラルメイクが無難

夏場は特に夜であっても気温が高いので、汗をかくことが予想されます。また、お酒を飲んで、応援に熱中すると、さらに汗をかくことが考えられます。

メイク直しをしに化粧室に行くのも、周りが冷めてしまうので避けるべきですので、そういった点も踏まえて、ナチュラルメイクが無難でしょう。

また、屋外球場のデイゲームは日差しが強いです。日焼け対策も必要になるということも頭に入れてメイクをするようにしましょう。

3. ユニフォームを着ると男ウケがいい!

ユニフォームを着た野球女子

出典:http://www.asahi.com/articles/ASH836VHSH83UTIL04V.html

ここまでは、失敗しない野球観戦コーデの基本的なところを紹介しました。友達と一緒に行く場合は以上の点に気をつけてコーディネートをすれば失敗することはありません。

もし、気になる男性と野球観戦に行くなら、ユニフォームを着ると男性の心をつかむことができます。

女性のユニフォーム姿は、普段はなかなか見ることができません。普段の服装とのギャップや、普段見れない希少性に男は惹かれていきます。残念ですが、男はそれで喜ぶ単純な生き物なのです。

もちろん最初は、ユニフォームを持っていないと思うので、彼氏に「ユニフォームを着たいから貸して」とお願いするか、当日球場に売っているユニフォームを買うつもりで野球観戦にいきましょう。

ユニフォームの値段は少し高めですので、少々痛い出費かもしれませんが、ユニフォームを着て野球観戦をすると気分も盛り上がるし、何回も使えるので、一着あっても悪くありません。

男性が大学生の場合は「ユニフォーム買って」とおねだりするのは印象を悪くしてしまう可能性があるので、自分で買うことを前提としましょう。

ポイント! テーマカラーに合わせたコーディネートを

プロ野球の各球団にはそれぞれテーマカラーがあり、ユニフォームの色もテーマカラーが基にデザインされています。

そこで気をつけたいのが、服装の色です。

事前にどの球団を応援するということがわかっているのであれば、応援するチームのテーマカラーに合うようなコーディネートをしましょう。

 

4. まとめ

野球観戦は普通の遊びと要領が異なることが多いので、最初は慣れない部分もあるかと思います。服装のコーディネートに関しても、今回紹介した7つのポイントは基本的なところですが、どんな服装が最適かは実際に足を運んでみないとわからないことも多いと思います。

暗黙の了解、最低限のマナーとまでは言いませんが、少し気を使うことで、より野球観戦を楽しめるようになります。

ぜひ、存分に野球観戦を楽しんでください。

sponsored link add







女子必見!失敗しない野球観戦コーデ7つのポイント